事業関連ニュースリリース CSR 2018年

子育てサポート企業として厚生労働省より
「プラチナくるみん」の認定を取得

TOTO株式会社(本社:福岡県北九州市、社長:喜多村 円)は、次世代育成支援対策推進法に基づき、子育てサポートについて高い水準で取り組んでいる企業として、厚生労働省より「プラチナくるみん」の認定を受けました。

地域の皆さまへリモデルの良さをご紹介
「工場リモデルフェア」を全国14ヵ所の工場で開催
~10年目を迎える今年は最新商品の展示や工場見学にくわえ、「あんしんリモデル」相談などを実施~

TOTOグループでは、近隣の皆さまと工場で働く社員とのコミュニケーションと、リモデル※1による快適なくらしを実現するため、2018年度も全国の工場14ヵ所で「工場リモデルフェア」を順次開催します。 ※1「リモデル」:リフォームを通して新しい生活スタイルを約束すること。それが、TOTO、DAIKEN、YKK APの提案する「リモデル」です。 単なる「増改築」や「リフォーム」から一歩前進させ、お客様の期待以上の新しい生活スタイルをお約束します。

~JAPAN HOUSE巡回展 サンパウロ~
「SOU FUJIMOTO:FUTURES OF THE FUTURE」展好評開催中
-来場者15万人突破。開催期間延長3月4日までー

TOTO株式会社(本社:福岡県北九州市 社長:喜多村 円)が運営するTOTOギャラリー・間で開催した展覧会「藤本壮介展 未来の未来」が、「JAPAN HOUSE」(外務省が手がける海外発信拠点)の巡回展示企画に選ばれ、現在、ブラジル・サンパウロにて「SOU FUJIMOTO:FUTURES OF THE FUTURE」展として昨年11月21日より開催されています。

継続した社会貢献活動を通じ、今後も世界で必要とされ続ける会社を目指して
第13回「TOTO水環境基金」助成団体を決定
-国内7団体、海外4団体・計1,812万円を助成-

TOTO株式会社(本社:福岡県北九州市、社長:喜多村 円)は、このたび第13回「TOTO水環境基金」の助成団体を決定しました。

オリンピック・パラリンピック史上初の取組みに参画
「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」
~TOTOグループ全国拠点で1月29日からリレー式で使用済携帯電話・スマートフォンを回収~

TOTO株式会社(本社:福岡県北九州市、社長:喜多村 円)は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、史上初の取組みとなる「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」に参画します。

その国・地域に根ざしたTOTOを目指し、
節水・水資源保全を通じた社会貢献活動
中国における「TOTO水環境基金」の活動を強化
~2018年から2022年までの5年間で600万元(1億200万円※1)を寄付~

TOTO株式会社(本社:福岡県北九州市、社長:喜多村 円)は、中国における節水・水資源保全を通じた社会貢献活動のため「中華環境保護基金会TOTO水環境基金」に寄付します。 ※1 1元=17.0円で換算

Share

CLOSE