事業関連ニュースリリース CSR 2019年

「2019北九州国際音楽祭」へ1,300万円を寄付

北九州市の「暮らしを彩る」まちづくりを支援
「2019北九州国際音楽祭」へ1,300万円を寄付

TOTO株式会社(本社:福岡県北九州市、社長:喜多村 円)は、32回目を迎えた「北九州国際音楽祭」に対して、1,300万円を寄付しました。

ESG投資指標「Dow Jones Sustainability World Index  (DJSI World)」の構成銘柄に8回目の選定

ESG投資指標「Dow Jones Sustainability World Index
(DJSI World)」の構成銘柄に8回目の選定
~経済・環境・社会の各取り組みにおいて高評価を獲得~

TOTO株式会社(本社:福岡県北九州市、社長:喜多村 円)は、世界の代表的なESG投資※1指標である「Dow Jones Sustainability Indices」 の「World Index (DJSI World)」の構成銘柄に選定されました。 ※1:ESG投資とは、環境(E)、社会(S)、企業統治(G)に配慮している企業を重視・選別して行う投資。

海外グループ会社の社員にも広がる、CS向上への想い
「TOTOグループCS大会」を開催
〜海外6チーム含む、全30チームのCS活動事例を発表・共有〜

TOTO株式会社(本社:福岡県北九州市、社長:喜多村 円)は、2019年9月11日(水)、海外を含むTOTOグループ全体でのCS(お客様満足)向上にむけた社内イベント、「2019年度 TOTOグループCS大会」をTOTOミュージアム(福岡県北九州市)で開催しましたので、お知らせします。

TOTO水環境基金

持続可能な世界の実現のために地域に根ざした継続的な活動を支援
第15回「TOTO水環境基金」助成団体を募集
~これまでにのべ259団体に対し助成を実施し、助成総額は3億円以上~

TOTO株式会社(本社:福岡県北九州市、社長:喜多村 円)は、第15回「TOTO水環境基金」の助成団体を募集します。 ※:同じ団体が複数回の助成を受けている場合を含む

世界的ESG投資指数「FTSE4Good Index Series」の
構成銘柄に4年連続で選定
~年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が選定した4つのESG投資指数にも採用~

TOTO株式会社(本社:福岡県北九州市、社長:喜多村円)は、ESG投資※1の世界的指数である「FTSE4Good Index Series」(フッチー・フォー・グッド・インデックス・シリーズ)の構成銘柄に4年連続で選定されました。 ※1:ESG投資は環境(E)、社会(S)、ガバナンス(G)に配慮している企業を重視・選別して行う投資

TOTOグループ夏まつり

地域の皆様への感謝を込めて、恒例の地域交流イベント
「TOTOグループ夏まつり」を今年も全国で開催
~今年度は全国13カ所で開催~

TOTOグループは、今年も全国13カ所の工場で「TOTOグループ夏まつり」を開催します。

「段ボールのバネ性を利用した"潰れない"緩衝仕切」が
第43回木下賞で「包装技術賞」を受賞
~第41回の受賞に続き、2回目の受賞~

TOTO株式会社(本社:福岡県北九州市、社長:喜多村 円)のウォシュレット※1用段ボール包装材「段ボールのバネ性を利用した"潰れない"緩衝仕切」が、公益社団法人日本包装技術協会主催の「第43回木下賞」において「包装技術賞」を受賞しました。 ※1:「ウォシュレット」はTOTO株式会社の登録商標です

気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)

「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」 提言へ賛同

TOTO株式会社(本社:福岡県北九州市、社長:喜多村 円)は、金融安定理事会(FSB) が設置した「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」の提言に賛同しました。

都市鉱山からつくるみんなのメダルプロジェクト ご協力ありがとうございました。 2019年3月31日受付終了

オリンピック・パラリンピック史上初の取組み
「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」
個人の使用済携帯電話・スマートフォン1194台を提供
TOTOグループ全国約40拠点でリレー式に回収

TOTO(本社:福岡県北九州市、社長:喜多村 円)は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、史上初の取組みとなる「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」(※)に協力し、全国約40拠点で回収した、個人の使用済携帯電話・スマートフォン1194台を組織委員会に提供しました。 (※)東京2020組織委員会、環境省、日本環境衛生センター、NTTドコモ、東京都の5者が共催する国民参加型のプロジェクトです。東京2020大会で必要となる約5,000個のメダルを、全国から不要になった小型家電の提供を受け、都市鉱山(使用済製品等に含まれる有用資源等)を活用してつくるもので、オリンピック・パラリンピック史上初の取組みです。

昨年度の工場リモデルフェアの様子

リモデル商品の生産現場から地域の皆様へ、リモデル価値伝達
全国8工場で「工場リモデルフェア」開催
〜VRやARでリモデルの魅力を伝え、「あんしんリモデル」をアピール〜

TOTOグループでは、リモデル※1商品の生産現場である全国の工場より、近隣の皆さまへリモデル価値を伝達し、より快適な暮らしを実現いただくことを目的に、「工場リモデルフェア」を全国8ヵ所の工場で2019年5月18日(土)より順次開催します。 ※1:リモデル=リフォームを通して新しい生活スタイルを約束すること。それが、TOTO、DAIKEN、YKK APの提案する「リモデル」です。単なる「増改築」や「リフォーム」から一歩前進させ、お客様の期待以上の新しい生活スタイルをお約束します。

世界的なESG投資(※1)の調査・評価会社Robeco SAM社によるCSR格付で
「ブロンズクラス」に選定

TOTO株式会社(本社:福岡県北九州市、社長:喜多村 円)は、世界の代表的なESG投資の調査・評価会社Robeco SAM社による2019年のCSR格付「Robeco SAM Sustainability Award 2019」にて、建設関連製品部門「ブロンズクラス」に選定されました。 ※1:ESG投資とは、投資を行う際に、従来の財務分析による投資基準に加え、環境(environment)、社会(social)、企業統治(governance)に 配慮している企業を重視・選別して行う投資方法のこと。 

持続可能な世界の実現のために地域に根ざした継続的な活動を支援
第14回「TOTO水環境基金」助成団体を決定
~国内5団体、海外5団体に計2,465万円を助成~

TOTO株式会社(本社:福岡県北九州市、社長:喜多村 円)は、このたび第14回「TOTO水環境基金」の助成団体を決定しました。

Share

CLOSE