ニュースリリース

Menu

「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」 提言へ賛同

TOTO株式会社(本社:福岡県北九州市、社長:喜多村 円)は、金融安定理事会(FSB) が設置した「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」の提言に賛同しました。

TOTOグループは中期経営計画「TOTO WILL2022」とともに、その推進エンジンとなる「TOTOグローバル環境ビジョン」を策定しています。「TOTOグローバル環境ビジョン」の推進を強化し、経営とCSRのさらなる一体化を図り、企業価値向上を目指します。
気候変動は、TOTOグループの重要課題と認識しており、長期の視点で脱炭素社会の構築に貢献していきます。

「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」について

気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)
TCFD は「Task Force on Climate-related Financial Disclosures」の略で、主要国の中央銀行や金融規制当局などが参加する国際機関である金融安定理事会(FSB) によって2015年12月に設立されたタスクフォースです。
TCFD公式サイト(英語):https://www.fsb-tcfd.org/

「TOTOグローバル環境ビジョン」について

TOTOグループでは、CSR活動「TOTOグローバル環境ビジョン」を策定し、3つのテーマ「きれいと快適」、「環境」、「人とのつながり」に取り組んでいます。「環境」については、「水を大切に」「温暖化を防ぐ」「地域社会のために」のメッセージのもと、さまざまなアクションを進めています。

TOTOグローバル環境ビジョン
ニュースリリース全文は、以下よりダウンロードしてご覧ください。
以上に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
  • 尚、TOTOホームページの無断転用・転記はご遠慮いただいております。
  • ※ここに掲載されている情報は発表日現在の情報です。
    閲覧されている日と情報が異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
Share

CLOSE