TOTOグローバル環境ビジョン

Menu

English

中期経営計画「TOTO WILL2022」とともに、その推進エンジンとなる「TOTOグローバル環境ビジョン」を見直し、2018年4月にスタートしました。この「TOTOグローバル環境ビジョン」の推進を強化することで、経営とCSRのさらなる一体化を図り、企業価値向上を目指しています。

2017年10月、時代や社会動向の変化にともない、TOTOグループの持続的成長のために中・長期的に実施する最重要事項を意思表示した「ミッション」を見直しました。この新たな「ミッション」に基づき、企業と社会の双方の価値に影響を及ぼすテーマである“環境”“きれいと快適”“人とのつながり”を新たなマテリアリティとしました。

TOTOグローバル環境ビジョン

これまで取り組んできた“環境”に加え、事業に関係の深い社会的なテーマとして“きれいと快適”“人とのつながり”を加えた新たな「TOTOグローバル環境ビジョン」をスタートしています。各テーマでは目指す姿のもと、取り組み内容とその指標を定め、2022年度までの目標へ向けて推進しています。
また、2015年に採択された国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」についても、このビジョンで設定した3つのテーマを中心に、さまざまな活動を通じて貢献していきます。



国連「持続可能な開発目標(SDGs)」

3つのテーマ

2022年度までのグローバル環境目標

※1 2005年当時の商品を普及し続けた場合と比べた削減効果
※2 働き続けたい育児・介護者の離職率
リンク1 リンク2 リンク3 リンク4 リンク5 リンク6 リンク7 リンク8 リンク9 リンク10
※「2017年度実績」は、2017年度までのグローバル環境目標に対する実績です。
Share

CLOSE