2017年度までのグローバル環境目標実績

Menu

English

2014年に各国・各地域の環境問題と向き合いながら、これまでの環境貢献活動をさらにグローバルに進化させるため、「TOTOグローバル環境ビジョン」を策定しました。
それに伴い、「水資源の保全(水を大切に)」を中心とした環境テーマについて、グローバル共通で取り組む2017年度までの目標「グローバル環境目標」を設定し、推進してきました。
範囲 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度
水を大切に 商品使用時水消費削減量※1 日本・海外 11.0億m3 6.6億m3 7.4億m3 7.8億m3
節水便器出荷率(大洗浄水量4.8L以下) 日本 72% 78% 79% 79%
海外 54% 59% 68% 75%
温暖化を防ぐ 商品使用時CO2排出削減量※1 日本・海外 475万t 287万t 306万t 324万t
事業所からのCO2総排出量 日本・海外 32.4万t 32.1万t 32.8万t 34.2万t
施策によるCO2排出削減量 日本・海外 0.71万t 1.61万t 2.46万t 3.10万t
資源を大切に 製造事業所のリサイクル率 日本 99.9% 100% 100% 100%
海外 75.8% 88.1% 96.3% 98.9%
地球を汚さない 環境法令違反 日本 0件 0件 0件 0件
生物多様性を守る 商品に使用している木質材料の合法木材・再生材の
使用率
日本 90% 99% 99% 100%
地域社会のために すべてのボランティア活動参加率
(のべ参加人数/連結社員数)
日本・海外 42,500人※2 42,200人※2 100%以上 100%以上
※1 2005年度当時の商品を普及し続けた場合と比べた削減効果。(2014年度実績は1990年との比較)
※2 2014年度・2015年度はグリーンボランティア参加人数。ボランティア対象範囲拡大にあわせて、
2016年度より管理指標を「すべてのボランティア活動参加率」に変更しています。
Share

CLOSE