TOTO水環境基金について

TOTO水環境基金にとりくむ想い

TOTOグループは、水まわりを中心とした、
豊かで快適な生活文化を創造することで、
社会の発展に貢献する企業を目指しています。
未来に向けて、水資源を有効に活用して
社会が持続的に発展していくためには、
企業による事業活動と共に、
市民活動の果たす役割が欠かせません。
そこで、2005年に「TOTO水環境基金」を設立し、
日本各地の市民による環境活動を支援しています。
2008年からは、海外の環境保全や、
衛生で快適な生活環境づくりを行う
NPOやNGOへの支援も開始。
現在では、世界10カ国以上に
その取り組みが広がっています。

助成団体の活動例

公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン

子どもの権利を推進し、貧困や差別のない社会の実現を目指し活動する、国連に公認・登録された国際NGO。1937年創立、日本事務所は1983年に設立。2011年に内閣府認定の公益財団法人となる。
アジア・アフリカ・中南米の途上国における「貧困」の問題は根が深く、さまざまな要因が絡み合っているため、「教育」「保健」「性と生殖に関する健康と権利」「水と衛生」「家計の安定」「子どもの参加」「子どもの保護」「緊急支援」の8つの分野の改善を重視して支援を行っている。

活動概要
支援国数
21カ国
活動国数
51カ国
2017年度活動成果(2016年7月~2017年6月)
支援を届けた人の数 4,026万7,606人
活動した村の数 5万3,311村
プロジェクトの実施数 1,788件
ジェンダー平等と子どもの保護に関するトレーニング実施 73万703人
政府や自治体、企業、支援団体、住民組織との連携 5万3,600人

取り組みの様子と届いた声

衛生習慣トレーニングとトイレの設置(ベトナム)[第12回助成]
  • 毎日、衛生的なトイレにいくのが楽しい。(女の子)
  • コンドゥ村に衛生的なトイレができたのは、これが初めて。これからこうしたトイレが増えていくことを願っている。(コンドゥ村の副村長)

World Assistance for Cambodia and Japan
Relief for Cambodia

故シアヌーク元国王の要請を受け、1993年に設立。カンボジアの地方の貧しい子供や人々の為、教育、保健衛生、農村開発、技術分野を援助している非営利団体組織。
カンボジア政府によりNGO登録され、カンボジアの教育省と協働し、世界の支援によりカンボジアで運営されている。

活動概要
学校建設
カンボジア23州全域において、これまでに550校以上の小中学校を建設
学校設備支援
故障している井戸・トイレの修繕、新規設置
女子奨学金
女子生徒の就学率をあげるために、貧困のために学校へ行けない女子への奨学金 590名
教育サポート
コンピュータ・英語教育 88校

取り組みの様子と届いた声

環境教育・植樹・小学校の井戸及びトイレの修理と設置(カンボジア)[第9~12回助成]
  • 学校の井戸が直ってよかった。 家に井戸がないので学校の井戸の水が使えるのがうれしい。(女の子)
  • 井戸の修理をしてもらって本当にうれしい。子どもたち水を使わせてあげられる。(校長先生)

NPO法人 改革プロジェクト

子どもや女性、お年寄りが安心して暮らせる地域の実現のため、「まちの環境づくり」「防犯啓発事業」「パトロール事業」に取組むNPO。
2010年に福岡県宗像市に設立。

活動概要
まちの環境づくり
海岸や川辺、市街地などの清掃活動。 月1回、宗像の川、海岸、離島の清掃活動を実施。
防犯啓発事業
必要な防犯知識の危機的状況からの回避するワークショップや啓発活動などを実施。
パトロール事業
ランニングによる新しいスタイルの防犯パトロール「パトランⓇ」を2013年より展開。
全国各地で地域の安全づくりに取り組んでいる。

取り組みの様子と届いた声

海外清掃活動(福岡県宗像市)[第10~13回助成]
  • 同じ目的の仲間ができて嬉しい。宗像の自然を守るために使命感をもって取組んでいきたい。(活動参加者)
  • この活動は「地域と関わりたい」、「地域のために何かしたい」と思っている人たちと地域との接点の役割を果たしている。(団体代表)

NPO法人 森のライフスタイル研究所

長野県をはじめ、千葉県、東京都で森づくりに取組むNPO。「市民や企業による森づくりプロジェクト」「母と子の野外体験プロジェクト」「企業の木づかい運動プロジェクト」を3つの柱として活動を展開。2003年5月に任意団体としてスタートし、2005年8月に団体としての社会的責任の所在をより明確にするため特定非営利活動法人化。

活動概要
市民や企業による森づくりプロジェクト
都会に住む若い女性を中心とした一般参加者との森づくりや、企業の環境貢献活動としての森づくりをサポート。
母と子の野外体験プロジェクト
植林や下草刈りをはじめとする様々なアウトドア活動体験を通じて、シングルマザーの子育てを支援するプログラム。
企業の木づかい運動プロジェクト
昼休みやアフターファイブの時間を利用した、社員参加型の環境・社会貢献プログラムを提供。

取り組みの様子と届いた声

蓮沼殿下海岸防災林の再生(千葉県)[第9~12回助成]
  • 活動に続けて参加することで、苗木の生長を見続けることができるのが楽しみ。(活動参加者)
  • 蓮沼での活動は、震災復興に役立つことができる喜びがある。(活動参加者)
Share

CLOSE