エコ情報局 -みんなの声-

お風呂のお掃除テクニック!がんこなカビ汚れを防ぎ、毎日快適バスタイム

夏場のお掃除、少し動いただけでも汗だく・・・。
できれば、お掃除を手早く簡単に済ませたいですよね。
そこで今回は、浴室の「お掃除」に大注目! お風呂をきれいに保つためのちょっとしたヒントをご紹介します!

出典:TOTO調べ(2016年7月 『住宅設備と生活意識に関する実態調査』)
   n=2,216 全国の20~79歳 男女


コラム

浴室がダントツ?!水まわりの手入れと不満

1日の終わりにお風呂でリラックス・・・とはいっても、気持ちよく入浴するためには浴室が清潔であることが必要不可欠。でも、水まわり、特にお風呂はほぼ毎日使用することもあって、”お掃除が大変な場所”というイメージがあります。
実際みなさんは、どう感じられているのでしょう。

『住宅設備と生活意識に関する実態調査』結果は、「掃除が大変」を不満にあげる方が、キッチン12.1%、浴室21.4%、洗面所9.0%、トイレ13.8%となっており、浴室がダントツの1位でした。

■掃除が大変

出典:TOTO調べ(2016年7月 『住宅設備と生活意識に関する実態調査』)全国の20~79歳 男女

浴室で一番気になるのは、「カビ」

■浴室に対する不満(浴室リフォーム意向者)

出典:TOTO調べ(2016年7月 『住宅設備と生活意識に関する実態調査』)リフォーム意向者 n=386

上のグラフは、浴室に対する不満を調査したもの。
1位「カビが気になる」と回答された方がなんと全体の約60%という結果に。
3位の「湿気が気になる」も浴室内のじめじめ感やカビなどを意識した回答といえますし、「カビ」に対する不満が非常に高いことがうかがえます。

お風呂上がりにササッと済まそう!浴室のお掃除のコツ

カビ予防には、できるだけ換気する、落とせる汚れは落としておくことが重要です。

こまめな換気で汚れを絶つ!カビの防ぎ方

1.汚れを流しておこう

入浴やシャワーの後にお壁や床を中心にお湯(シャワー)で汚れを流します。
例えば、「エアイン®シャワー」なら、最大約48%の節水を実現。
この商品の開発秘話はこちら「エアインシャワーで気持ちよく節水。」でご紹介しています。

2.浴室の温度を下げておこう

カビの活動に最適な室温は20~30℃。お湯をかけた後は忘れずに冷水をかけて浴室全体の温度を下げておきましょう。

3.浴室を乾かそう

カビは湿度70%くらいでもっとも繁殖します。
水をかけた後にタオルで床や壁を拭いておくのが一番ですが、「窓を開ける」「換気扇を3時間以上運転させる」などでも十分効果があります。浴槽は必ずふたをして、できればお湯を抜いてしまうのがベストです。
浴室換気暖房乾燥機「三乾王」」は、暖房、衣類乾燥、換気、涼風。1台4役のスグレもの。夏場には扇風機代わりの涼風運転で、夏場の暑さを軽減します。(※冷房機能はありません)

毎日できるお掃除で、カンタンお手入れ!

浴槽の湯あか

1日の終わりのバスタイム。せっかくリラックスしようと思っても、浴槽の湯あかのざらつきが肌に触れてしまうと不快ですよね。
お風呂を出た後、湯あかがつく高さ(お湯張りの高さ)の部分だけでもぐるりとスポンジで拭っておきましょう。洗剤を使わなくても、ざらつきを残さずきれいをキープできます。

床や壁についた石けんかすや皮脂汚れ

皮脂汚れや石けんかすを放置すると、汚れのこびりつきの元になり、時間がたてばたつほど落としにくい汚れになってしまいます。
例えば、鏡にこびり付いてしまった皮脂汚れなどは、こびりついてしまうとスポンジではなかなか落とせない汚れ。でも皮脂を残さないようにさっと洗い流しておくだけで、汚れのこびりつきを防ぐことができます。
ついでにスクイージーで壁や鏡の水滴を拭っておけば、カビの防止にも効果的です。

ボトルや掃除用具

うっかり忘れがちな小物類。濡れたまま放置しておくとカビの温床になってしまいます。
シャンプーやボディソープのボトルは床を拭いておく。掃除用具は吊るして乾かす。など、水気をためない工夫がカビの増殖を防ぎます。

ちょっとした心がけで毎日きれい

軽い汚れのうちなら手間も少なく、お掃除にかける時間を短縮することができます。
最後に入浴した人が、シャワーで壁や床の汚れを洗い流すだけでも十分。浴室のお手入れは、その日のうちに済ませてしまいたいですね。
そして、カビの温床になりやすい環境をつくらないこと。温度や湿度に気を付けて、毎日ピカピカのお風呂で、快適バスタイムを実現しましょう!

参考リンク:「床ワイパー洗浄(きれい除菌水)」は、ボタンひとつで、カンタン・きれいが長続き。ワイパーのように水道水を散布することで、汚れの原因となる角質や皮脂汚れも洗い流し、きれい除菌水で仕上げまで完了。スイッチひとつでカビやピンク汚れの発生を抑え、床まわりのきれいが長持ちします。

水まわりのお手入れについてもっと知りたい方に
「ピカピカ おそうじ読本」がおすすめ。浴室だけでなく、家の中の水まわりのお手入れ方法のポイントをご紹介しています。 ご希望の方は、TOTOショールームにお問い合わせください。