ダイバーシティの推進

Menu

English

TOTOグループは、年齢や性別、国籍など、多様な人財の個性を尊重し、そこから生まれる新しい発想によって、豊かで快適な生活文化を創造していきたいと考えています。
特に女性の活躍推進については、2005年に社長直轄の「きらめき推進室」を発足し、女性社員の能力発揮や意識調査など女性のキャリア登用を積極的に推進してきました。2010年度からは人財開発部門へ移管し、「ダイバーシティ推進グループ」と改称し、「女性の活躍推進」「障がい者の雇用促進」などさまざまな活動を推進してきたほか、派遣、契約社員のステップアップ制度を設けました。
また、社内ダイバーシティサイトにおいて、さまざまなロールモデルを紹介し、多様な働き方に関する情報発信と社内理解の促進を進めています。

トップからのコミットメント

部門長を対象とした社長講話
TOTOグループでは、ダイバーシティを強みにし、年齢・時間・場所・職種を越え、多様な人財が集まり、安心して働き、イキイキとチャレンジできる会社を実現するために、全世代が、高い役割にチャレンジできる機会提供・能力開発 、両立しながら活躍できる選択肢の拡大等に取り組んでいます。グループ内における風土醸成、意識啓発を目的にダイバーシティ推進に関するトップメッセージ発信を定期的に行っています。

TOTOグループで働く人の内訳(2017年度)

所属別

TOTOグループで働く人の内訳 所属別

属性別

TOTOグループで働く人の内訳 属性別

女性社員の活躍推進

TOTOでは、創立100周年を迎える2017年度に、女性管理職比率10%を達成、今後は国内グループ全体で、2022年度までに女性管理職比率20%達を目標に、女性総合職社員の継続的な採用を進めるほか、女性社員活躍支援とスキルアップを目的として、さまざまな女性社員の階層別プログラムを実施しています。
各階層別プログラムは、本人とその上司を対象としたプログラムとなっており、上司に対する、女性社員のキャリア促進の為に必要な、管理職からのマネジメントスキル強化と意識啓発を、あわせて推進しています。上司の関与により、研修によるスキル取得と、業務上の役割付与を並行実施することで、これまでマネジメント能力開発に関する研修機会の少なかった女性社員に関する、効率的効果的なスキル向上につなげています。
さらに、国内営業においては、契約社員のセールス転籍を推進し、正社員への登用も進めています。また、社員全員に対して、年1回キャリア面談を実施し、個人別のキャリア計画の確認と、それに対する上司からのアドバイスや、支援事項の確認を行っています。
これらの取り組みを進める中で、社内各分野での「女性視点」をもった取り組みや、風土づくり、商品開発によるお客様への価値創造提案が評価され、2013年には、経済産業省主催の第1回「ダイバーシティ経営企業100選」を受賞、2018年3月には4年連続で「なでしこ銘柄」に選定されました。

離職率

  2015年度末 2016年度末 2017年度末
自己都合による離職率 0.8% 0.8% 2.0%
うち、ライフイベントによる離職率 13.3% 13.6% 6.1%
  • 2016年度末までは、TOTO(株)の正社員
  • 2017年度末より、TOTOグループ(日本)の正社員

女性管理職比率

女性管理職比率

職種別女性管理職比率

職種別女性管理職比率

男女別の従業員数および管理職数と新規管理職登用数

  2015年度 2016年度 2017年度
女性
比率
女性
比率
女性
比率
従業員数 4,653 1,685 6,338 26.6% 5,003 2,419 7,422 32.6% 4,802 2,523 7,325 34.4%
全管理職数 1,901 141 2,042 6.9% 1,918 176 2,094 8.4% 1,893 210 2,103 10.0%
うち、新規
管理職登用数
254 36 290 12.4% 198 45 243 18.5% 131 42 173 24.3%
  • TOTO(株)の正社員
  • 管理職として集計している職位は、主査以上

男女別の新卒採用数

  2015年度 2016年度 2017年度
女性
比率
女性
比率
女性
比率
採用人数 213 81 294 27.6% 215 90 305 29.5% 212 93 305 30.5%
TOTO 99 29 128 22.7% 103 34 137 24.8% 104 39 143 27.3%
日本のグループ会社 114 52 166 31.3% 112 56 168 33.3% 108 54 162 33.3%
  • TOTOグループ(日本)
  • 新卒採用

男女別の管理職数および従業員数

  • 国内管理職数は、TOTO(株)および国内グループ会社の正社員で、主査以上の職位者。
  • 海外管理職数は、海外グループ会社のプロパー社員で、主査以上の職位者。

女性の活躍推進を目的とした階層別研修詳細

女性セールスと上司のコミュニケーション研修

この研修は、結婚・出産などのライフイベントを迎える世代の女性セールスと、その上司に向けたプログラムです。ここでは、女性セールスが、ライフイベントとのバランスをとりながらキャリアを積む方法や、上司との効果的なコミュニケーション方法を学び、結婚・出産などを経て、どのようにキャリアを継続していくか、自ら考える機会を設けています。これに連動して、上司に対しては別プログラムを実施し、上司は働く女性の一般的なキャリアサイクルや、ライフサイクルへの理解を深め、女性部下のキャリア促進に関し、具体的な支援やマネジメント法を学びます。

女性ステップアップ研修

女性ステップアップ研修は、女性社員が当事者意識をもって自ら課題形成し、周りを巻き込みながら課題を解決することが出来るようになることをねらいとし、全4回のセッションを行っています。最終セッションの課題解決テーマ発表では、受講者の直属の上司も参加し、研修成果を確認する等の工夫を行っています。また研修受講者からは、「周囲(上司、メンバー)を巻き込んで仕事をすることを意識するようになった。」「目的は何か?を常に考えるようになり、意志がブレなくなった。」「課題に対して、少し高い視点から考えることができるようになった。」とのさまざまな自分の意識や行動の変化を実感する声が上がっており、女性社員のさらなる職場での活躍を支援しています。

女性ステップアップ研修1

女性ステップアップ研修2

女性管理職候補者研修

女性管理職候補者研修
この研修は、女性人財のマネジメント能力開発を目的とした研修です。研修参加者は、各プログラムを通して、管理職に求められる能力を理解し、自身の現状能力を客観的に把握することで、自分に必要なマネジメント啓発課題と課題解決プランを策定し、業務を通した取り組みを進めます。
また、研修実施後には、研修参加者の上司(各所属部門の部長相当)が人財部門担当者と面談して、研修参加者に関するマネジメント啓発課題と課題解決プランを共有し、研修以降各所属部門において、研修参加者の課題解決をどのように支援し、確実なスキルアップへつなげていくのかを検討する等、研修参加者の上司(各所属部門の部長相当)がメンターとして、女性管理職候補者の育成登用を支援します。上記に加え、新たな取り組みとして「女性マネジメント研修」を新規開催しました。若手社員に対し、組織のナンバー2としてのチームマネジメントに関するノウハウ習得を支援しています。現在、このような、様々な女性人財対象とした研修プログラムの過去受講者約360名の中から、130名の方々が管理職としてキャリアアップしています。

障がい者の雇用促進

TOTOグループで働く障がい者数

TOTOグループで働く障がい者数
TOTOグループでは、どの職場でも障がい者と健常者が活躍できる「ノーマライゼーション」の実現を目指して、継続的な障がい者採用に取り組んでいます。2017年度の障がい者雇用率は2.60%でした。現在、グループ全体で300名以上の障がい者の方々が、様々な職場で働いています。今後は、雇用する障害者に占める知的と精神障がい者の雇用比率を2020年度に25%まで引き上げることを目標として、TOTOグループ各社およびサンアクアTOTOと連携した取り組みを進めていきます。
各職場では、障がい者と健常者がともに勤務しており、障がい者の働きやすさを考慮し、障がいに応じた配慮を積極的に行っています。特に、設備面の環境整備には力を入れており、車椅子用のエレベーター設置や、事務室入り口の自動ドア化、車椅子利用ができるトイレ設置等を行っています。
また、障がい者と健常者が共に働く職場に対し、配慮事項や注意点等の受け入れ体制を学ぶ事前勉強会の実施や、筆談ボードやハンズフリー電話機といった支援ツールの紹介・提供、障がい者本人との入社配属後の定期面談実施等、採用後の定着支援についても、積極的に実施しています。
こういった取り組みが評価され、2017年3月に、第7回「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」経済産業大臣賞を受賞しました。

定年再雇用制度

2013年4月施行の改正高齢法に対応し、希望者全員の再雇用を100%達成しています。
職域の開拓による雇用先の確保、やりがいをもって働けるよう多様な業務の設定、評価の仕組み等、さまざまな制度を充実。また、キャリアビジョンを早期に描き、50代前半から働き方について考える機会を提供し、モチベーションや働きがいの向上につなげる研修の充実に取り組んでいます。

人財のグローバル化

TOTOグループでは、約15,400人(TOTOグループの社員の46%)の外国籍社員が働いており、海外グループ会社における人財の現地化を進めています。
また国内においても、国籍の区別なく、優秀な人財を採用・処遇を決定し、多様な人財の確保に努めています。
海外事業の伸長・拡大に必要な人財を確保し、さまざまな経験・文化や価値観をもった人財がともに働き刺激し合うことで生まれる社内の活性化や新たな価値創造によって「真のグローバル企業」の実現を目指します。

地域別社員比率

地域別社員比率

外国人雇用者数

外国人雇用者数
Share

CLOSE