ニュースリリース

Menu

上海で開催されるアジア最大規模の国際見本市
「Kitchen & Bath China 2021」 に出展

~「TOTO CLEANOVATION」で衛生意識の高まりに対応するクリーンで快適な生活を提案~

TOTO株式会社(本社:福岡県北九州市、社長:清田 徳明)は、中国の上海で開催されるアジア最大規模の水まわり設備の国際見本市「Kitchen & Bath China 2021(以下KBC)」(会期=5月26日~29日)へ出展します。

昨年のKBCは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大の影響を受け中止となりましたが、2021年は、上海新国際博覧センターで開催されることになりました。TOTOは2001年の初出展から、今回で通算19回目の出展となります。

TOTOはコーポレートメッセージ「Life Anew」※1のもと、技術革新に焦点をあてた「TOTO CLEANOVATION」※2をメインコンセプトとして出展します。「TOTO CLEANOVATION」では「CLEAN SYNERGY」「TOUCHLESS」「WASHLET※3」の代表的な3つの価値で、「きれいと快適」「環境」を両立するTOTOらしい商品を多数展示します。トイレ空間だけではなく、水まわり全体における「快適・清潔・安心」をTOTOの技術や商品と共にお伝えします。
商品紹介では、TOTOのトイレの最上位機種である「ネオレスト」や、海外向け商品の「ウォシュレット一体形便器G5」、「自動水栓」などの新商品に加え、トイレまわりから洗面空間まで展開する「きれい除菌水」技術を全面的に訴求します。
また、展示会場での出展に加えてTOTOオリジナルのデジタルブース[TOTO CHINA(中国)ウェブサイト内]を開設します。実際の展示会場の360度空間写真を使い、会場にいる臨場感を感じていただきながら、各種コンテンツを使い商品やテクノロジーをご紹介します。
TOTOは、「きれいと快適」「環境」を両立するTOTOらしい商品を「サスティナブルプロダクツ」と位置付け、これらの商品をグローバルで普及させることにより、地球環境に配慮した、豊かで快適な社会の実現に貢献していきます。

「Kitchen & Bath China 2021」 TOTOブース(イメージ)
「Kitchen & Bath China 2021」 TOTOブース(イメージ)
※1:TOTOグループの世界共通のコーポレートメッセージ“あしたを、ちがう「まいにち」に。”の英語表記として、
2017年10月に追加したもの
※2:「CLEAN(クリーン)」と「INNOVATION(イノベーション)」をモチーフにした造語
※3:「WASHLET」「ウォシュレット」は、TOTO株式会社の登録商標です

展示会概要

展示内容

前回の出展でもご好評いただきましたメインコンセプト「TOTO CLEANOVATION」をさらに進化させ、「きれいと快適」「環境」を両立するTOTOらしい商品や技術などをご紹介します。中国市場で人気のウォシュレット一体形便器や洗面化粧台、自動水栓の新商品を中心に、あこがれの空間を多数ご紹介します。また、デジタル展示ブースでは実際に会場に来られないお客様へ向けて展示内容を発信します。

TOTO CLEANOVATION -「CLEAN SYNERGY」「TOUCHLESS」「WASHLET」

新型コロナウイルス感染拡大は、世界中の人々の衛生と清潔への意識を高め、新しい生活習慣をうみ始めています。KBCでは、TOTOのクリーン技術がお客様の安心で快適な暮らしをサポートできることを、「CLEAN SYNERGY」「TOUCHLESS」「WASHLET」の3つの軸を通してお伝えします。

「TOTO CLEANOVATION」展示エリア(イメージ)
「TOTO CLEANOVATION」展示エリア(イメージ)

◆CLEAN SYNERGY

TOTOのトイレ技術は、個々の技術が優れているだけでなく、連動することで相乗効果を生み、使うたびにトイレ自体を清潔に保ちます。その一連の相乗効果が「CLEAN SYNERGY」です。
TOTOの便器とWASHLETだから実現するCLEAN SYNERGYをCLEAN Technology~「汚れを浮かせる」(PREMIST)・「汚れを滑らせる」(CEFIONTECT)・「汚物をきれいに流しきる」(TORNADO FLUSH)・「除菌する」(EWATER+)~ とCLEAN Design ~RIMLESS(フチなし)などによる、意匠性だけでなく清掃性にも配慮されたデザイン~の融合としてわかりやすくお伝えします。

CLEAN SYNERGY展示エリア(イメージ)
CLEAN SYNERGY展示エリア(イメージ)

◆TOUCHLESS(タッチレス)

トイレなど水まわりでの一連の行為を、ほとんど器具に触れることなく行えるのがTOUCHLESS技術です。
「TOUCHLESS」を「“触れない”ことがもたらす安心」ととらえ、トイレ・洗面所など水まわり空間での「TOUCHLESS」を実現していきます。トイレ使用時は、ふたの開閉・便器洗浄などの一連の動作を自動で行い、洗面所では、手をかざすだけで水や水せっけんをON/OFFできて、手を洗うことができます。「清潔」だけでなく「誰もが使いやすい」という安心をTOTOは「TOUCHLESS」を通じて実現していきます。
KBCでは新商品の自動水栓を中心に、空港や商業施設など公共施設での設置事例をご覧いただけます。

TOUCHLESS展示エリア(イメージ)
TOUCHLESS展示エリア(イメージ)

◆WASHLET

1980年に日本で誕生した「ウォシュレット」は、世界中に「拭くより洗う」という生活文化を広めています。発売から40年を経て、2021年2月には累計出荷台数は5500万台を突破しました。日本発のトイレ文化として、中国でも一線都市※4を中心に認知が広がり、多くのお客様に使用され始めています。KBCでは、WASHLETがもたらす「清潔で快適な生活」を、中国人の体験者の声を通して具体的にご紹介します。

WASHLET展示エリア(イメージ)
WASHLET展示エリア(イメージ)
※4:一線都市とは人口の多さ、都市の生活レベルや商業資源、将来性などの項目から算出される上位レベルの都市(北京市、上海市など)

出展商品

ウォシュレット一体形便器G5
ウォシュレット一体形便器G5
●レストルーム商品
中国で大変ご好評いただいているウォシュレット一体形便器の新商品「G5」を初出展します。多彩なクリーン機能とともに凹凸や隙間の少ない、掃除がしやすい形状で、あらゆるバスルーム空間に溶け込むデザインが特長です。非常に少量の水量(大4.5L /小3L )でボウル内を洗浄でき、水資源の節約とCO2削減にも貢献する商品です。また、「ウォシュレット一体形便器G5」はデザインを高く評価され「レッドドット・デザイン賞2021」と「iFデザイン賞2021」の2つの賞を受賞しました。 
                                     
●水栓金具(自動水栓)
水栓金具のグローバル統一モデル「自動水栓」(新商品)10シリーズを初出展します。この商品はニューノーマルでの衛生・清潔の実現につながる商品として世界的な注目が集まる商品です。今回は「きれい除菌水」機能を搭載した2シリーズも展示します。
高性能で快適な使用感を実現するコンパクトなセンサーを吐水口先端に搭載することで、水栓自体のデザイン性を高めました。また、自動水栓の止め忘れがなく節水効果も抜群というメリット以外にも、使用する水のチカラを使って自己発電・蓄電する機能「ECOPOWER」や空気混入率を高くし、低流量で快適な手洗い感を実現した節水技術など環境負荷にも配慮しています。

自動水栓 グローバル統一モデル *2021年春以降発売予定(一部商品は日本市場除く)
自動水栓 グローバル統一モデル
*2021年春以降発売予定(一部商品は日本市場除く)

デジタル展示ブース

TOTO CHINA(中国)のウェブサイト内にデジタル展示ブースを開設します。メインコンセプト「TOTO CLEANOVATION」を分かりやすく説明し、実際の展示会場に近い感覚を感じて頂くため、さまざまな工夫を凝らしたコンテンツをご用意します。MCによる出展コンセプトのプレゼンテーション動画や360度動きのある商品紹介、実際の展示会場の360度空間イメージ紹介など、デジタルならではの多彩な表現をお楽しみいただけます。

KBC2021 TOTOデジタル展示ブース(イメージ)
KBC2021 TOTOデジタル展示ブース(イメージ)

デジタル展示ブースはこちらからご覧いただけます(中国標準時:5月26日13:00開設予定)。
https://www.toto.com.cn/2021kbc/


*デジタル展示ブースをご覧の際、インターネットブラウザは「Google Chrome」または「Microsoft Edge」をご使用ください。

新共通価値創造戦略 TOTO WILL2030
ニュースリリース全文及び高解像度画像は、以下よりダウンロードしてご覧ください。
以上に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
  • 尚、TOTOホームページの無断転用・転記はご遠慮いただいております。
  • ※ここに掲載されている情報は発表日現在の情報です。
    閲覧されている日と情報が異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
Share

CLOSE