商品の節水・省エネ性能向上と普及拡大によるCO2削減へのとりくみ

TOTOグループでは、グローバルに節水・省エネ商品を展開することにより、商品使用時のCO2排出量を削減し、地球温暖化を防止する取り組みを推進しています。2005年度当時の性能をもつ商品を普及し続けた場合と比較して、2020年度には321万tを削減しました。
WILL2030 STAGE1の目標として、2023年度には360万tの削減を目指し、節水・省エネ商品の普及拡大に努めます。

商品使用時CO2排出削減量の推移

商品の節水・省エネ性能向上によるCO2削減貢献量の推移〔グループ全体〕(2005年度比)

浴室の節水・節湯へのとりくみ

節水シャワーや断熱浴槽などの開発を進め、水まわりの中でもエネルギーを多く使う浴室の節水・省エネ性能を進化させてきました。

浴室における使用時CO2排出量削減の進化

浴室における使用時CO2削減の進化

コンフォートウエーブシャワー、エアインシャワー

・コンフォートウエーブシャワー
 新開発のノズルで大粒の水玉をスイングしながら勢いよく吐水。それにより、「節水」と「適度な刺激感」を両立した新技術で、CO2削減に貢献。

・エアインシャワー
 水に空気を含ませてシャワーの水粒を大粒化。それにより、たっぷりの浴び心地を体感しながら「節水」と「心地よさ」を両立した新技術で、CO2削減に貢献。

浴室商品にこれらの技術を展開することで、2020年度の浴室向けシャワーの日本の出荷数のうち、「コンフォートウエーブシャワー」及び「エアインシャワー」が占める比率は、7割を超えています。

TOTOグリーン商品を見る

コンフォートウエーブシャワー エアインシャワー
コンフォートウエーブシャワー エアインシャワー
最適流量:6.5L/分
(従来シャワーより約35%節水)
最適流量:6.5L/分
(従来シャワーより約35%節水)

海外への展開

エアインシャワー
コンフォートウエーブシャワーとエアインシャワーの技術と環境性能を、海外にも展開しています。
海外でのシャワー浴の文化や地域ごとの特性に応じて、さまざまなバリエーションを展開し、普及促進に取り組んでいます。

キッチン・洗面の節水・節湯へのとりくみ

エコシングル水栓

レバー中央部で給湯機が作動しない構造。よく使うレバー中央部での給湯機の無意識の作動を防ぎ、不要なお湯を出さないことで、CO2削減に貢献。
キッチン・洗面商品にこの技術を展開することで、2020年度のキッチン・洗面向け水栓金具の日本の出荷数のうち、「エコシングル水栓」が占める比率は、9割を超えています。

TOTOグリーン商品を見る

幅広シャワーで節水を実現したシステムキッチン「ザ・クラッソ」の「水ほうき水栓」にも、「エコシングル」機能を搭載。さらに、タッチスイッチ機能とエアイン機能も搭載し、環境性能をさらに向上させています。
Share

CLOSE