ニュースリリース

Menu

成田空港第2ターミナル内に設置した体感型トイレ空間
「GALLERY TOTO」の大型パネル映像をスポーツに刷新

〜ラグビーワールドカップ2019日本大会の機運醸成に貢献〜

TM © Rugby World Cup Limited 2015. All rights reserved.
TM © Rugby World Cup Limited 2015.
All rights reserved.
TOTO株式会社(本社:福岡県北九州市、社長:喜多村 円)は、オフィシャルスポンサーを務めるラグビーワールドカップ2019日本大会(以下、RWC2019)に貢献するため、成田国際空港第2ターミナルビルに2015年4月に開設した体感型トイレ空間「GALLERY TOTO」の大型パネル映像をスポーツをテーマにした内容に刷新し、3月1日(金)より投影します。
「GALLERY TOTO」は、成田国際空港とTOTOのコラボレーションのもと、建築設計事務所「クライン ダイサム アーキテクツ」のデザインにより、日本のトイレ文化を訪日客の方々に体感いただくために開設したものです。特長の一つとして、外側の壁面に特殊な大型映像パネル「ルミナステキスタイル※1」を採用し、空港内を行き交う方々に本トイレへの関心を持っていただく試みをしています。

このたび、大型映像パネルの内容を刷新し、ラグビーを中心にスポーツをテーマにした計12本、約10分の映像を新たに作成し、投影いたします。また、トイレ内の通路に設置している3つの液晶パネルにはラグビーの躍動感を伝える動画を投影し、RWC2019を応援します。

TOTOは企業理念「水まわりを中心とした、豊かで快適な生活文化を創造します」に基づき、オールジャパンの一員として、RWC2019の成功に貢献してまいります。

大型映像パネル「ルミナステキスタイル」に投影するラグビーの動画
大型映像パネル「ルミナステキスタイル」に投影するラグビーの動画

トイレ通路の液晶パネルに投影する、RWC2019を応援する動画
トイレ通路の液晶パネルに投影する、RWC2019を応援する動画
※1:「GALLERY TOTO」で日本初導入された、フィリップス社のインテリア装飾用LEDパネル。17枚使用し、パネル一枚の大きさは幅840~1200mm×高さ2220mm。表面素材はテキスタイル(=織物・布地)を使い、LEDの映像がフワッと表れる障子の影絵のような表現が可能。消灯したときには、表面素材の布地が壁紙のように見える。LED光源は60mmピッチで、映像自体は軽く、発熱が小さい為、ファンが不要。

ラグビーワールドカップ2019™日本大会について 【開催期間】2019年9月20日(金)~11月2日(土)【試合会場】札幌ドーム/釜石鵜住居復興スタジアム/熊谷ラグビー場/東京スタジアム横浜国際総合競技場/小笠山総合運動公園エコパスタジアム/豊田スタジアム東大阪市花園ラグビー場/神戸市御崎公園球技場/東平尾公園博多の森球技場熊本県民総合運動公園陸上競技場/大分スポーツ公園総合運動場【試合形式】48試合 プール戦 5チーム×4プール(プール内総当たり戦):40試合 決勝トーナメント:8試合【公式サイト】https://www.rugbyworldcup.com/

GALLERY TOTOの詳細は、下記URLのWEBサイトをご覧ください https://www.toto.com/jp/gallerytoto/index.htm

TOTOグローバル環境ビジョン
ニュースリリース全文は、以下よりダウンロードしてご覧ください。
以上に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
  • 尚、TOTOホームページの無断転用・転記はご遠慮いただいております。
  • ※ここに掲載されている情報は発表日現在の情報です。
    閲覧されている日と情報が異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
Share

CLOSE