MENU

商品情報
商品情報トップ
キッチン(台所)
浴室(お風呂)
洗面所・洗面台
(洗面化粧台)
トイレ(便器)
ウォシュレット
水栓金具
(水栓・蛇口・水道)
パブリック
(公共)向け商品
アクセサリー・周辺機器
福祉機器
(ユニバーサルデザイン
・バリアフリー)
建材・タイル
セラミックス部品・設備
・光コネクタなど
セラトレーディング
(海外水まわり商品)

CLOSE

お客様サポート
お客様サポートトップ
緊急時の対応・サポート
商品別サポート
修理したい
購入したい
お手入れ・お掃除する
お問い合わせ
取扱説明書
よくあるご質問(Q&A)
延長保証制度のご案内・お申込み
製品のご登録

CLOSE

会社情報
会社情報トップ
TOTOについて
CSR活動
ニュースリリース
投資家・IR情報
採用情報

CLOSE

リフォーム
リフォーム TOP
リフォームを始める
費用を知る
実例を見る
お店を探す
ショールームに行く
相談する

CLOSE

カタログ
カタログトップ
水まわりおすすめ
キッチン(台所)
浴室(お風呂)
洗面所・洗面台
(洗面化粧台)
トイレ(便器)
ウォシュレット
水栓金具
(水栓・蛇口・水道)
建材・タイル
バリアフリー
セラトレーディング
(海外水まわり商品)
お掃除方法
会社案内・CSR
点字ツール

CLOSE

Step5:リフォーム店決定~契約

工事をお願いするリフォーム店を一社に絞り込みましょう。提案プランと見積り額、リフォーム店の対応や相性など総合的に、ベストな一社と契約を結んでください。

リフォーム店採用の決め手とは?

「今後の暮らしを左右する大きな決断だから、正しい選択をしたい」。そう思えば思うほど、決断には勇気がいりますよね。

リフォーム店を選ぶ基準は、主に3つあります。まず1つ目は、そのリフォーム店を信頼できるか。提出期限や約束の時間を守ってくれたか、質問に誠実に答えてくれたかなどはもちろんのこと、リフォームのプロとして良い仕事をしてくれそうかどうか、完成イメージを自然に思い描けて暮らしの夢が広がるかどうかも重視したいポイントです。

2つ目の基準は、見積り額は適正か。たとえ予算がオーバーしても、納得できる内容であることが大切ですね。最後に、アフターフォローや保証体制がしっかりしているか。リフォーム後も施主であるお客様と良好な関係を築き、きめ細かいフォローを行なっている会社は信頼に足る仕事をしてくれるはずです。

契約時に確認すべきことは?

「契約を交わすなんて、慣れないから腰が引ける…」。そんな方も多いと思いますが、確認ポイントを事前に把握しておけば、難しいことはありません。

まずは、工期と実施内容を確認します。その際、どの範囲までが契約金額に含まれて、どこからが追加金額となるのかをぜひ聞いてみて。

少しでもわからないことは、リフォーム店にどんどん尋ねましょう。

契約時の確認事項を詳しく解説しています。

契約書の見方は?

「契約書は難しい単語がいっぱい並んでいて苦手」という方も、いくつかのポイントさえ押さえておけば大丈夫。まず最初に、以下の項目が記入されているか確認しましょう。

  • (1)
    お客様の名前(注文者の欄)/工事をする住所(工事場所の欄)/請負者
  • (2)
    工期(着手/完成の日にち)
  • (3)
    請負代金額/支払方法

請負代金額については、見積書と同じ金額になっているか確認します。

次に、印紙が貼られているかどうか、契約書2枚にまたがって割印があるかどうかをチェック。時間をつくって、約款にも目を通すことをお忘れなく。

契約書の見方をわかりやすく解説しています。

契約時にもらうべき書面は?

契約時には、リフォームに関するたくさんの書類を受け取ります。契約書と図面は、必ず受け取る書類です。そのほか、見積書、仕上げ表、打ち合わせシート、工程表、約款が渡されることも。時間のあるときに目を通した上で、大切に保管しましょう。

契約時の確認事項を詳しく解説しています。

Share

CLOSE