ニュースリリース

Menu

グローバル市場の需要伸長に対応する安定供給体制の構築のため
ベトナムに水栓金具の新工場を建設

TOTO株式会社(本社:福岡県北九州市、社長:清田 徳明)のグループ会社であるTOTO VIETNAM CO., LTD.(本社:ベトナム社会主義共和国ハノイ市、社長:浅田 協二)は、ベトナム北部のビンフック省に取得した敷地に新たな水栓金具工場を建設します。本工場は2022年1月着工、2024年3月稼働を予定しています。

水栓金具は、バスルーム※1空間に彩りや品格を与えるアイテムとして、高いデザイン性が求められます。TOTOは2017年よりデザイン性の高いグローバル統一モデルのラインアップを拡充しており、2021年には新たに自動水栓10シリーズが加わりました。

本工場は、グローバル市場における更なる水栓金具の需要伸長にあわせ、高品質な水栓金具の安定供給体制を強化する新たな基幹拠点となります。最新鋭の水栓金具工場として、ビッグデータ活用による良品率の向上、設備の自動化・工程間の連動化により生産性向上を図ります。

さらに、太陽光発電や、廃熱を利用したインフラ設備導入などによりCO2排出量を削減することでカーボンニュートラル※2達成をめざします。また最新の排水処理設備によりめっき工程で使用する水をリサイクルし、環境負荷を最小限に抑えます。

TOTOは、「新共通価値創造戦略 TOTO WILL2030」で目指す姿である「きれいで快適・健康な暮らしの実現」「社会・地球環境への貢献」へ向けて、TOTOならではの「サスティナブルプロダクツ※3」の生産・供給体制を強化し、世界中のお客様に確実にお届けしてまいります。
 
※1:海外で一般的な、トイレ、洗面、シャワー(+浴槽)の3つの水まわりが1つの空間に設置された部屋のこと ※2:クレジット購入によるカーボンオフセットを併用します ※3:TOTOは、「きれいと快適」と「環境」の両立を実現した商品を「サスティナブルプロダクツ」と定義し、2030年度に「サスティナブルプロダクツ」の商品構成比78%(2020年度69%)をめざしています

完成予想CG

生産予定の水栓金具グローバル統一モデルの一例
(左:自動水栓 右:手動水栓)

TOTOの水栓金具生産体制

TOTOベトナム水栓金具工場について

TOTOベトナム水栓金具工場について

TOTOベトナムについて

TOTOベトナムについて

新共通価値創造戦略 TOTO WILL2030
ニュースリリース全文及び高解像度画像は、以下よりダウンロードしてご覧ください。
以上に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
  • 尚、TOTOホームページの無断転用・転記はご遠慮いただいております。
  • ※ここに掲載されている情報は発表日現在の情報です。
    閲覧されている日と情報が異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
Share

CLOSE