ニュースリリース

Menu

持続可能な世界の実現のために地域に根ざした継続的な活動を支援
第16回「TOTO水環境基金」助成先団体を決定

~国内6団体、海外6団体に計2,747万円を助成~

清掃活動の様子(福岡県)
清掃活動の様子(福岡県)
TOTO株式会社(本社:福岡県北九州市、社長:清田 徳明)は、このたび第16回「TOTO水環境基金」の助成先団体を決定しました。
選考の結果、国内6団体、海外6団体の計12団体に計2,747万円を助成します。これにより2021年度は、既に活動中の8件とあわせて、合計20件のプロジェクトへの支援となります。今回の助成により、2005年の設立以来、のべ281団体に対して3億9178万円の助成を行うことになり、活動地域は40都道府県、16カ国に及びます。

水汲み場で手洗いする子どもたち (パキスタン・イスラム)
水汲み場で手洗いする子どもたち
(パキスタン・イスラム)
これまで、国内で清掃活動および体験型学習に参加した方々からは「地域の環境改善に取り組み、自然豊かな故郷を未来に残したい」「マイクロプラスチックが海や人体に与える影響を知り、勉強になった」といった感想が寄せられ、海外で給水タンク・水汲み場の設置を行った地域の方々からは「今まで、重い取っ手を上下に何回も動かさなければならず、腕がとても痛かったが、簡単に水汲みができるようになり、嬉しい」などの喜びの声が寄せられました。
TOTOは創立以来「水」に関わる事業を展開してきた企業として、「TOTOグローバル環境ビジョン※1」のもと、地域社会の発展と地球環境の保護に貢献する活動を積極的に推進することで、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」に貢献し、今後も世界で必要とされ続ける会社を目指します。

「TOTO水環境基金」について

TOTOグループは、持続可能な世界の実現のためには、TOTOグループの果たすべき役割である節水技術の追求とともに、地域の事情に精通し、地域を支える団体の活動が欠かせないと考え、2005年度に「TOTO水環境基金」を設立し、水にかかわる環境活動に取組む団体への助成を続けています。
「地域に根ざした活動となりえるか」「一過性の活動ではなく、継続性があるか」を中心に選考を行い、想いを同じくする団体とプロジェクトを実施しています。当基金は助成によって活動を後押しするだけでなく、最寄の事業所のグループ社員が中心となって積極的にボランティア活動に参加する「協働」にも力を入れています。

第16回「TOTO水環境基金」助成プロジェクトの活動地

第16回「TOTO水環境基金」助成プロジェクトの活動地

第16回「TOTO水環境基金」助成団体一覧

【1】 団体名: 庄内自然博物園構想推進協議会  プロジェクト名: 市民参加型の湿地資源活用に よる持続的な湿地再生手法の検討

【2】団体名: 特定非営利活動法人 オオタカ保護基金  プロジェクト名: サシバの里ハスの花咲く水辺と生き物復活プロジェクト【3】団体名: 特定非営利活動法人 おちかわの里  プロジェクト名: 落川交流センター・森と水の再生事業【4】団体名: 特定非営利活動法人 暮らし・つながる森里川海  プロジェクト名: 湘南いきもの楽校プロジェクト「子どもが元気、生き物元気、地域が元気」

【5】団体名: 特定非営利活動法人 環境とくしまネットワーク  プロジェクト名: せとうち・鳴門「ゴミ箱になった海」再生化プロジェクト【6】団体名: 千鳥のお堀を学ぶ会  プロジェクト名: 国宝松江城堀川の水環境保全を通した「ふるさと教育」【7】団体名: 公益財団法人 国際開発救援財団  プロジェクト名: 山岳少数民族の衛生施設「マザーズ・スペース」の設置

【8】団体名: 公益財団法人 オイスカ  プロジェクト名: ジャワ島の学校を対象とした水環境の改善と環境教育事業【9】団体名: 認定特定非営利活動法人 ウォーターエイドジャパン  プロジェクト名: インドにおける住民参加型の安全な飲料水供給プロジェクト

【10】団体名: 認定特定非営利活動法人 ホープ・インターナショナル開発機構  プロジェクト名: 学校のトイレを利用しよう!衛生教育で自分の体を守る!【11】団体名: 特定非営利活動法人 ホープフル・タッチ  プロジェクト名: 学校での水へのアクセスと水衛生教育【12】12 団体名: 認定特定非営利活動法人 道普請人(みちぶしんびと)  プロジェクト名: ブッシ島4村での安全な水へのアクセスと環境保全・衛生啓発

「TOTO水環境基金」ホームページ
※1:TOTOグローバル環境ビジョン
TOTOグループは、マテリアリティに基づく具体的なCSR活動計画として、「TOTOグローバル環境ビジョン」を推進しています。このビジョンでは、グローバルで取り組む3つのテーマとして「きれいと快適」「環境」「人とのつながり」を掲げ、きれいで快適な暮らしを世界にお届けし、環境にやさしいものづくりを行い、人とのつながりを大切に活動しています。また、このビジョンを中期経営計画「TOTO WILL2022」の推進エンジンとすることで、経営とCSRの一体化を図るとともに、これらの活動を通じて、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」についても貢献していきます。
https://jp.toto.com/company/csr/vision/index.htm

TOTOグローバル環境ビジョン → グローバル環境ビジョンの3つのテーマを中心に、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」についても貢献していきます。
ニュースリリース全文は、以下よりダウンロードしてご覧ください。
以上に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
  • 尚、TOTOホームページの無断転用・転記はご遠慮いただいております。
  • ※ここに掲載されている情報は発表日現在の情報です。
    閲覧されている日と情報が異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
Share

CLOSE