ニュースリリース

Menu

TOTOミュージアムが「おもてなし規格認証2020」の
「トラベラー・フレンドリー紺認証」を取得

TOTO株式会社(本社:福岡県北九州市、社長:清田 徳明)が運営するTOTOミュージアムは、経済産業省が2016年に創設した「おもてなし規格認証」において、2020年度の「トラベラー・フレンドリー紺認証」を8月21日に取得しました。

「おもてなし規格認証」とは、サービス産業事業者のサービス品質を「見える化」することで、日本のサービス産業の活性化・生産性向上及び地域経済の活性化を目的とした認証制度です。
今回の認証取得は、お客様や社員への定期的なアンケート実施による業務改善や接客のスキルアップ促進のために整備した教育体制に加え、国内外からの来館者増加を受けてQRコードや音声ガイドペンによるご案内を多言語化している点などが評価されたものです。

TOTOグループは、期待を超える商品・サービスの継続的な提供を通じて、あらゆるお客様のさらなる満足の確保・維持・向上に努めています。TOTOミュージアムにおいても、「おもてなしの心をもって世界中にTOTOファンを創出し拡大する」という接客理念のもと、すべてのお客様に寄り添ったサービスを提供し、今後もより一層ご満足いただけるようおもてなしに取り組んでいきます。

※「QRコード」は株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

トラベラー・フレンドリー紺認証書
認証書

TOTOミュージアム
TOTOミュージアム

おもてなし規格認証について

同認証はサービス品質レベルによって上位から「紫」「紺」「金」の3段階に分けられており、紺は「独自の創意工夫が凝らされたサービス提供者」として位置付けられます。また今回の「トラベラー・フレンドリー紺認証」は、「業務改善」や「顧客理解」などの観点から設定された30個の「サービス業務マネジメント項目」に加え、10個の「インバウンド対応項目」においても5項目以上満たすことで取得できるものです。
■おもてなし規格認証の公式ウェブサイト:https://www.service-design.jp/

TOTOミュージアムについて

TOTOミュージアムは、2017年に迎えた創立100周年記念事業として、2015年8月に開設しました。水まわりの文化や歴史とともに、TOTOが受け継いできた創業の精神やものづくりへの想い、製品の進化を紹介しており、2020年7月には来館者総数35万人を突破しました。

TOTOミュージアム

TOTOグローバル環境ビジョン
ニュースリリース全文は、以下よりダウンロードしてご覧ください。
以上に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
  • 尚、TOTOホームページの無断転用・転記はご遠慮いただいております。
  • ※ここに掲載されている情報は発表日現在の情報です。
    閲覧されている日と情報が異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
Share

CLOSE