ニュースリリース

Menu

自動洗浄小便器(壁掛型)が
『GREEN GOOD DESIGN AWARDS 2020』を受賞

~TOTOのクリーン技術が世界で高評価~

TOTO株式会社(本社:福岡県北九州市、社長:清田 徳明)の自動洗浄小便器(壁掛型)が、環境配慮に優れたデザインと先進的な技術を有する製品に与えられる世界的な賞「GREEN GOOD DESIGN AWARDS 2020」を受賞しました。当賞の受賞は2015年、2016年、2018年に続き4回目、計5商品目となります。
当賞は、持続可能な社会の実現に寄与するため、環境配慮に優れたデザインを評価することで世界中の人々の環境認識を高めることを目的とする国際的な環境賞です。専門の審査員により政府、企業や組織、建築家、デザイナーなどの個人、個々の製品、建物、技術などに与えられます。今回受賞した自動洗浄小便器(壁掛型)は環境に配慮した最先端の技術を有し、ものづくりに取り組むTOTOの姿勢について、高く評価されました。

TOTOグループは水まわりから環境に貢献するために、「環境」「きれいと快適」「人とのつながり」をテーマとする「TOTOグローバル環境ビジョン」を掲げています。「TOTOグローバル環境ビジョン」のもと、クリーン技術の開発に取り組んでおり、環境にやさしくきれいで快適な暮らしを実現する技術を自動洗浄小便器(壁掛型)にも搭載しています。
TOTOは、「セフィオンテクト」「きれい除菌水」などの清潔機能のシナジー効果「クリーンシナジー」を提案し、水資源の保全に努めながら、世界中にきれいで清潔な商品の普及を推進してまいります。


◇受賞部門 : Green Product/Graphic Design (グリーンプロダクト/グラフィックデザイン)部門
◇受賞商品 : 「自動洗浄小便器(壁掛型)」(2018年度1月1日以降に発売した小便器)
◇受賞名  : 「Wall Hung Urinal with Built-in Sensor」

◇受賞部門 : Green Product/Graphic Design (グリーンプロダクト/グラフィックデザイン)部門 ◇受賞商品 : 「自動洗浄小便器(壁掛型)」(2018年度1月1日以降に発売した小便器) ◇受賞名   : 「Wall Hung Urinal with Built-in Sensor」

【GREEN GOOD DESIGN AWARDS】

GREEN GOOD DESIGN
母体である「GOOD DESIGN AWARDS」は、エーロ・サーリネン、チャールズ&レイ・イームズ、エドガー・カウフマンJr.らによって1950年にシカゴで創設されたデザイン界で歴史のある賞の一つ。iF賞(1953年~)、Red Dot賞(1955年~)と並び権威のある世界的な賞。
「GREEN GOOD DESIGN AWARDS」は、持続可能なデザインの発展に寄与するために2009年より始まった賞で、環境配慮に優れたデザインを評価することで世界中の人々へその認識を高めることを目的としている。主催は、シカゴ・アテナイオン:建築デザインミュージアム(アメリカ)およびヨーロッパ建築アートデザイン都市研究センター(アイルランド)。
・「GREEN GOOD DESIGN AWARDS 2020」の詳細はこちら

  https://www.good-designawards.com/green-good-design-winners/
・シカゴ・アテナイオンのウェブサイトはこちら
  https://www.chi-athenaeum.org/
・「マイクロ波センサー壁掛小便器セット」のニュースリリースはこちら(2019年1月)
  https://jp.toto.com/company/press/2019/01/10_005463.htm

◇TOTO受賞歴

TOTO受賞歴
※1 「エアイン」、「ウォシュレット」はTOTO株式会社の登録商標です。

世界に広がる清潔機能のシナジー効果「クリーンシナジー」

コーポレートメッセージ“あしたを、ちがう、「まいにち」に”のもと、“今までとは「ちがう」価値を生み出し、世界の人に期待を超える「まいにち」を届けたい”というメッセージを全世界で発信しています。TOTOが追求してきた清潔性の様々な価値、クリーン技術・清潔機能のシナジー効果「クリーンシナジー」を提案します。

自動洗浄小便器(壁掛型)の4つの清潔機能

①汚れが付きにくく落ちやすい「セフィオンテクト」

①	汚れが付きにくく落ちやすい「セフィオンテクト」
汚れが付きにくく落ちやすいTOTO独自の技術です。陶器表面の凹凸を100万分の1mmのナノレベルで超表面平滑に仕上げているため、水が素早く広がります。純度の高いガラス層を約1200℃の窯でじっくり焼き付けることで、美しさが持続します。

②「新尿石抑制・節水システム」

③「きれい除菌水」

トラップの小型化により、洗浄水量を削減しさらなる節水を可能にしました。使用後の毎回の洗浄に加えて、定期的にインターバル排水管洗浄を実施します。洗浄効果を高めるため、複数回に分けて洗浄し、排水管内の尿の滞留や付着するとつまり・臭気発生の原因になる尿石の発生を抑制します。また、超節水タイプは長時間使用されない時間帯に「きれい除菌水」で、トラップを満たして除菌します。これにより汚れや菌の発生を抑制するため、使用後の洗浄水量を少なくし、超節水を可能にしました。

「きれい除菌水」について

④尿はねを低減するターゲットマーク(LED、日本国内販売商品のみ)

小便器の前に立つと、尿はねしにくいポイントに青色LEDのターゲットマークを照射します。「おもてなし」の演出に加え、はねにくいポイントに誘導することで尿はねや飛び散りを低減。小便器まわりの衛生性向上をサポートします。(ターゲットマークあり・なしは選択可能)

安心して利用できる衛生的なトイレ空間づくりへ、
“非接触”商品の使用推奨について

TOTOは自動洗浄=“非接触”の特徴を生かした商品群の展開を継続的に行い、安心して利用できる衛生的なトイレ空間づくりにより、快適な生活を送っていただくための価値提案を行います。

国からの「新しい生活様式」の実践例が示され、十分な「手洗い」などが推奨されています。

TOTOでは、トイレ・洗面所といった水まわり空間において、非接触で使用出来る自動洗浄小便器(壁掛型)をはじめ、オート開閉・オート洗浄機能付きのウォシュレット一体形便器、自動水栓「アクアオート」、自動水石けん供給栓(オートソープディスペンサー)の使用を推奨し、安心して利用できる衛生的な商品の提案を継続して行います。

(左上)ウォシュレット一体形便器の「オート開閉」機能
(中上)ウォシュレット一体形便器の「オート洗浄」機能
(左下)自動水栓「アクアオート」
(中下)自動水石けん供給栓(オートソープディスペンサー)
(右) 自動水栓「アクアオート」空間イメージ

TOTOグローバル環境ビジョン
ニュースリリース全文は、以下よりダウンロードしてご覧ください。
以上に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
  • 尚、TOTOホームページの無断転用・転記はご遠慮いただいております。
  • ※ここに掲載されている情報は発表日現在の情報です。
    閲覧されている日と情報が異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
Share

CLOSE