ニュースリリース

Menu

妹島和世+西沢立衛/SANAA展「環境と建築」

KAZUYO SEJIMA + RYUE NISHIZAWA / SANAA: Architecture & Environment

TOTOギャラリー・間(東京都港区)は、建築家ユニット 妹島和世+西沢立衛/SANAAの展覧会「環境と建築」を2020年5月14日(木)~8月9日(日)の会期で開催します。
また、関連イベントとして妹島和世+西沢立衛/SANAA講演会「環境と建築」を2020年5月15日(金)に開催します。

妹島和世+西沢立衛/SANAA展「環境と建築」

展覧会

会期=2020年5月14日(木)~8月9日(日)
会場=TOTOギャラリー・間
(東京都港区南青山1-24-3 TOTO乃木坂ビル3F)
休館日=月曜・祝日
開館時間=11:00~18:00 入場無料

講演会

日時=2020年5月15日(金)
   17:30開場、18:30開演、20:30終演(予定)
会場=有楽町朝日ホール
(東京都千代田区有楽町2-5-1有楽町マリオン 11F)
定員=758名/参加無料  CPD認定プログラム申請中
参加方法=事前申込制
TOTOギャラリー・間ウェブサイト
https://jp.toto.com/gallerma
よりお申し込みください。
申込期間=2020年3月2日(月)~4月20日(月)
お申し込み多数の場合、抽選の上2020年5月8日(金)までに
結果をご連絡いたします。

展覧会概要

TOTOギャラリー・間では、妹島和世+西沢立衛/SANAA展「環境と建築」を開催いたします。

本展覧会は、妹島和世氏と西沢立衛氏が日本および世界各地で取り組んでいる最新プロジェクトを中心に構成いたします。

SANAAは、「環境と建築」というテーマに長年取り組んできました。建築を媒介として、人びとの生活と周辺地域が緩やかにつながってひとつの風景となり、訪れた人たちに生き生きとした活動を促すような建築の在り方を常に心がけてきました。たとえば、代表作である「金沢21世紀美術館」(石川県、2000年)では、建築を多方向に開いて内外への自由な交流と豊かな回遊性を実現したことで、新しい公共建築のあり方を示しています。こうした活動により、妹島氏と西沢氏はプリツカー賞(2010年)など、多くの賞を受賞しています。
 
本展覧会は、当ギャラリーでは2003年以来2回目の個展となり、その後のSANAAの設計思想を知ることができます。 常に進化し続けていくSANAAの進行形が見られる、貴重な機会となることでしょう。

TOTOギャラリー・間

展覧会詳細

展覧会名(日):妹島和世+西沢立衛/SANAA展「環境と建築」
展覧会名(英):KAZUYO SEJIMA + RYUE NISHIZAWA /
        SANAA: Architecture & Environment 
会  期:2020年5月14日(木)~8月9日(日)
開館時間:11:00~18:00
休 館 日:月曜・祝日 
入 場 料:無料
会  場:TOTOギャラリー・間(〒107-0062 東京都港区南青山1-24-3 TOTO乃木坂ビル3F)
     東京メトロ千代田線乃木坂駅3番出口徒歩1分
     TEL:03-3402-1010  https://jp.toto.com/gallerma
主  催:TOTOギャラリー・間
企  画:TOTOギャラリー・間運営委員会
     特別顧問=安藤忠雄、委員=千葉 学/塚本由晴/セン・クアン/田根 剛
後  援:(一社)東京建築士会/(一社)東京都建築士事務所協会/
     (公社)日本建築家協会関東甲信越支部/(一社)日本建築学会関東支部

展覧会コンセプト

環境と建築

私たちは、「環境と建築」ということを常に考え続けてきました。
建築をつくることで境界をつくり出すのではなく、私たちの行為と環境が繋がったものとなるような場所をつくっていきたいと思っています。

本展覧会では「環境と建築」をテーマとして、日本、中国、ヨーロッパなど各地で近年取り組んでいるプロジェクトを中心に、住宅、大学、美術館、劇場などを、模型や図面の展示によってご紹介します。

SANAA・妹島和世建築設計事務所・西沢立衛建築設計事務所の3つの事務所それぞれの活動が、お互いに影響を及ぼしながら、それぞれのプロジェクトで「環境と建築」をどのように考え、実現しようとしてきたのか。また、事務所を始めたばかりの頃から現在に至る過程で、「環境と建築」の捉え方や実現方法がどのように変わってきているのか。

私たち自身も、展覧会を通して新たな発見をできればと思っています。

妹島和世+西沢立衛

建築家プロフィール

© Aiko Suzuki
妹島和世(左)+西沢立衛(右)
SANAA 

妹島和世と西沢立衛による建築家ユニット。1995年東京にて設立。2004年ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展金獅子賞、2010年プリツカー賞など数多くの賞を受賞。主な作品に、金沢21世紀美術館、ニューミュージアム(アメリカ)、Rolexラーニングセンター(スイス)、ルーヴル=ランス(フランス)、グレイス・ファームズ(アメリカ)、荘銀タクト鶴岡、日立市新庁舎など。
妹島 和世 せじま かずよ

1956年生まれ。1981年日本女子大学大学院修了。1987年妹島和世建築設計事務所設立。1995年西沢立衛とSANAA設立。現在、ミラノ工科大学教授、横浜国立大学大学院Y-GSA教授、日本女子大学客員教授、大阪芸術大学客員教授。

西沢立衛 にしざわ りゅうえ

1966年生まれ。1990年横浜国立大学大学院修了。妹島和世建築設計事務所を経て1995年妹島和世とSANAA設立。1997年西沢立衛建築設計事務所設立。現在、横浜国立大学大学院Y-GSA教授。

広報用図版(映像作品) 1/1

[1] ポスター画像

TOTOの建築文化活動                TOTOは、建築の専門ギャラリー「TOTOギャラリー・間(ま)」と建築系書籍の出版をおこなう「TOTO出版」を運営しています。 これらは、建築文化の醸成・育成を通して社会に貢献することを目的として創設され、30余年にわたり活動しています。 「TOTOギャラリー・間」と「TOTO出版」の活動目的は、建築家がもつ多様な価値観を空間で表現する「展覧会」、自身の言葉で伝える「講演会」、そしてかれらの理論と思想を伝える「出版」によって、建築家のメッセージとして発信することです。

TOTOグローバル環境ビジョン
ニュースリリース全文は、以下よりダウンロードしてご覧ください。
以上に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
  • 尚、TOTOホームページの無断転用・転記はご遠慮いただいております。
  • ※ここに掲載されている情報は発表日現在の情報です。
    閲覧されている日と情報が異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
Share

CLOSE