ステークホルダー・エンゲージメント

Menu

English

TOTOは、未来のより良い社会を目指して活動する企業であるためにステークホルダーの皆様との高い信頼関係と協働関係を築く「ステークホルダーエンゲージメント」の考えを重視しています。

TOTOのステークホルダー

ステークホルダーとのCSRコミュニケーション
  • ※TOTOグループでは、「TOTOグループで働く全ての人々」を「社員」と表現しています。

ステークホルダーとのCSRコミュニケーション

TOTOグループコミュニケーション方針

TOTOグループは社会から必要とされる企業であり続けるために、コミュニケーションを通したステークホルダー満足向上に努め、適切で迅速な情報収集や開示・活用ならびにステークホルダーとの協業に努めます。

TOTOグループは、お客様、社員、株主、お取引先、社会など、多くのステークホルダーの皆様とのコミュニケーションを大切にし、より深めたいと考えています。お客様とは日ごろからショールームでのイベントや工場の見学会、夏祭りなどを通して交流を深め、お取引先とは方針説明会やCSRヒアリングを通した直接対話を行っています。また、株主の方には適時適切な情報開示とともに、TOTOのものづくりのスピリットを知っていただけるよう、工場見学やショールームへのご招待などを行っています。これからも対話を通したステークホルダー満足の向上に努め、企業活動のさらなる進化を目指していきます。
ステークホルダー ステークホルダーへの対応 主なコミュニケーションの方法
お客様 TOTOグループは、お客様の期待を超える商品・サービスの継続的な提供を通してあらゆるお客様のさらなる満足の確保、維持、向上に努めます。 お客様サポート
ショールーム
リモデルネットワーク
SNS(ソーシャルネットワークサービス)
社会 TOTOグループは、地域および地球環境規模での社会的課題の解決を目指し、経営資源を有効に活用して社会貢献・地域共生活動を行います。 社会のために
TOTO水環境基金
TOTOどんぐりの森づくり
TOTOミュージアム
夏まつり
工場リモデルフェア
社員 TOTOグループは、人間尊重の精神に則り、創造力豊かな自律した人財を継続的に輩出し、社員満足の向上とお客様の生活文化の創造に貢献していきます。 TOTOグループ意識調査
労使間の対話
取引先 TOTOグループは、公平・公正な購買活動を通して、サプライヤーとともにお客様にとって価値のある商品とサービスを提供してまいります。 サプライヤー方針説明会
サプライヤーアンケート
株主 TOTOグループは、投資家に対する情報開示について、透明性・公平性を期するため、IRポリシーに基づいたコミュニケーションを実行します。 株主総会
個人投資家向け説明会
機関投資家の訪問
Share

CLOSE