泌尿器科用(尿流率)

いつものようにトイレで排尿するだけで
「尿流測定(ウロフロメトリー検査)」ができます

TOTOの尿流量測定装置 フロースカイは、いつものようにトイレで排尿するだけで「尿流測定(ウロフロメトリー検査)」ができる装置です。操作は簡単で「測定開始ボタン」と「測定終了ボタン」を押すだけです。
本装置による尿流測定の検査環境は、日常生活で使用されるトイレに近いため、自然な排尿状態での測定が期待できます。

  • 1.測定開始ボタンを押す

  • 2.排尿する

  • 3.測定終了ボタンを押す

  • 4.後片付けは「洗浄ボタン」を
    押すだけ

特長

普段のトイレに近い環境で測定が可能。

  • 従来の測定環境

  • 尿流量測定装置

ウロフロメーターシェア

円グラフ

ウロフロメーターシェア
2015年度メーカー出荷台数ベース

53.6%(※)のシェアを獲得。
2007年の発売開始より多くの医療機関様にご採用いただき、「ウロフロメーター」として53.6%(※)のシェアを獲得しています。

  • 2015年度の台数別シェア 出典:矢野経済研究所「2017年版 機能別ME機器市場の中期予測とメーカーシェア(診断機器編)」

測定項目

プリントレポートのフォーマット

尿量
1回あたりの排尿量
(測定範囲は~800ml、測定精度はF.S±10%)

最大尿流率
排尿中の最大測定尿流率

平均尿流率
尿量を尿流時間で除算したもの

排尿時間
排尿開始から排尿終了までの時間

尿流時間
尿流があった(尿が出ている)時間

最大尿流率到達時間
排尿されてから最大尿流率となるまでの時間

ためらい時間
「測定中」とリモコン液晶画面に表示されてから、尿流を検知するまでの時間

着座検知時間
「測定中」とリモコン液晶画面に表示されてから、便座に着座するまでの時間
(立位排尿した場合には0秒)

  • 着座検知時間は参考情報としてご利用ください。

測定原理とご注意

  • 1.取り付け時に水位と水量の関係を学習します。

  • 2.排尿による水位上昇を水量に換算します。

  • 3.便器洗浄時に測定部を内部洗浄します。

採用のご検討にあたってのお願い

  • 蓄尿・尿サンプルの採取はできません。尿比重の測定などで採尿検査が必要な場合は、別途ご実施ください。
  • 患者様が排尿と排便を同時におこなった場合、排便量は排尿量に含まれます。また排尿量と排便量それぞれの分量は測定できません。

「泌尿器科向け」 動画

サイトご利用上の注意

このサイトは医療従事者向けの情報提供ページです。
このサイトでは、国内の医療関係者(医師、歯科医師、薬剤師、看護師等)を対象に、医療用器具を適正に使用いただくためのコンテンツを用意しております。
国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

※この先は医療関係者の方を対象とした内容です。一般の方はご利用いただけません。