SDGs×TOTO 持続可能なあしたへのとりくみ SDGs×TOTO 持続可能なあしたへのとりくみ
第1回

もっと知りたい! 最近話題の「SDGs」

最近、ニュースや企業の広告で目にすることが増えた「SDGs」。
世界各国の指導者や著名人、 最近では会社員などがバッジをつけている姿を、
テレビや街中で見かけたこともあるかもしれません。
社会問題に対する世界的な取り組み……とぼんやり理解している人も多いのでは?
TOTOの取り組みを紹介する前に、SDGsの基本を一緒におさらいしてみましょう。

SDGsの基本をおさらい!
SDGsって誰が決めたの? いつできたもの?

SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略称で、日本語では「持続可能な開発目標」と呼ばれています。最近よく耳にするようになりましたが、登場したのは2015年のこと。「国連持続可能な開発サミット」において、全193加盟国の賛同を得て採択されました。そしてその歴史をさらに遡ると、「京都議定書」や「地球サミット」と関連があります。

はじまりは1980年代。世界規模の経済成長が続く中で地球環境への懸念が高まり、国連で「環境と開発に関する世界委員会」が発足しました。以降、平和・開発・人権について国連規模での取り組みが活発化し、1992年の地球サミットや1997年の地球温暖化防止京都会議が開かれます。そうした流れを受け、2000年にはSDGsの前身となるMDGs(ミレニアム開発目標)が採択されました。

MDGsは主に発展途上国を対象とした8つの目標から成り立っていましたが、15年の間に起こった地球規模の変化を受け、SDGsはその対象に先進国も含むようになりました。世界全体で目指す未来への目標に向け、今、世界の国々でさまざまな取り組みが展開されています。

年表のイラスト「1984年環境と開発に関する世界委員会、1992年国連環境開発会議(地球サミット)、1997年京都議定書、2000年ミレニアム開発目標(MDGs)採択、2015年SDGs採択!」
環境や経済、ジェンダーなど、テーマは多様。

SDGsでは2030年までに達成すべき目標として、17のゴールと169のターゲット(クリアすべき具体的な課題)が定められています。
環境に関する目標はもちろん、経済成長や人権、ジェンダー、教育など幅広いテーマを包括しており、持続可能な社会の達成にはこうしたさまざまな要素の調和が不可欠だとされています。17個の目標をすべて覚えるのは大変ですが、SDGsに興味を持ったらまずは自分にとって身近な問題や興味のある目標から調べはじめ、徐々に知識の範囲を広げていくのがよいかもしれません。

SDGsのブランドビジュアル、17のゴールが並んでいるイラスト
目指すのは “誰一人取り残さない” 未来。
だから、私たち一人ひとりがSDGsの当事者!

SDGsを正しく理解するために、知っておきたい大切なキーワードがあります。それは、「誰一人取り残さない」こと。私たちが目指すのは、世代を超えたあらゆる人が、自分らしく、より良く生きられる未来。国連が定めた目標と言われると、なんだか自分からは遠いことに感じるかもしれませんが、普段の生活の中のちょっとしたエコ意識や困っている人への手助け、仕事や買い物の仕方なども、実はSDGsにつながっているのです。

  • 人物イラスト

    マイバッグでお買い物

  • 人物イラスト

    街で高齢者や
    障がいのある方をサポート

  • 人物イラスト

    リモートワークを活用し
    育児や介護をする

そして、今SDGsに取り組むことは、未来の自分や家族が生きやすい世界をつくるということ。
それも思い切り遠い未来ではなく、たった10年先の近い未来です。そう思うと、SDGsがこれまでよりも身近なものに感じられませんか?

Column
日本のSDGs認知率は!?

少しずつ日本でも浸透しているSDGsですが、2019年に行われた世界調査によると、日本の認知率は対象28カ国中28位でした。 SDGsという言葉を聞いたことがある人が、半数以下という結果。でも、SDGsだと意識しなくても、節水やプラスチックごみの削減などを日頃から実践している人は日本でも増えています。多くの学校ではSDGsについて学ぶ授業も行われており、今後の認知率の変化が期待されます。

※出典:世界経済フォーラム 2019年9月23日発表記事
対象:28カ国、16~74歳までの約2万人(日本は約1000人が対象)
https://www.weforum.org/press/2019/09/global-survey-shows-74-are-aware-of-the-sustainable-development-goals/

グラフ 人物イラスト「今後のランキングに期待したい!」
SDGsとTOTOにどんな関係が?
企業にとっても、SDGsは欠かせない存在に。

SDGsは開発や経済に深く関係するテーマを多く含んでいるため、企業活動とも密接に関わってきます。自社の事業を通じて、未来にどう貢献できるか。その視点から、改めて企業としての役割を捉え直す組織も増えています。企業は社会への影響力が大きい分、こうした企業が世界中で増えていけば、SDGsの目標達成にさらに近づくことができるでしょう。

そして消費者としても、SDGsに貢献している企業の商品を選ぶことは、目標達成を応援することにつながります。最近ビジネスの世界では「ESG投資」という言葉も盛んに使われますが、利益の追求だけでなく社会貢献という目的を持つことは、もはや企業の評価基準の重要な要素。企業と生活者が同じ想いをもってSDGsに取り組み、持続可能な社会の実現を一緒に目指す。そんな時代が始まっています。

※従来の財務情報だけでなく、環境(Environment)・社会(Social)・ガバナンス(Governance)要素を重視した投資のこと。

TOTOの取り組みも、SDGsにつながっています!

そしてTOTOもまた、SDGsの目標達成に貢献することを企業としての重要な役割と捉え、事業やCSR活動を通じてさまざまな取り組みを行っています。でも、それは今に始まったものではありません。

もともとTOTOは、創立者の大倉和親が「健康で文化的な生活を提供したい」という強い信念のもと衛生陶器の製造を始めた会社。その後、社会の成熟と共に顕在化した「環境」や「ユニバーサルデザイン」などの課題も事業テーマに取り入れ、事業活動を続けてきました。TOTOのこうした取り組みは、現在のSDGsの目標達成にもつながっています。

現在は「TOTOグローバル環境ビジョン」を掲げ、「きれいと快適」「環境」「人とのつながり」の3つのテーマから、持続可能な社会に向けた取り組みを行っています。今後も創立当初からの想いを脈々と受け継ぎながら、SDGsの目標達成についても貢献していきます。

持続可能な社会のために、
TOTOが大切にする3つのテーマとは

水と地球の、あしたのために
  • きれいと快適
    TOTOグループは、水まわりを中心に人々の生活に関わる商品を提供し続けてきました。「人々の生活を豊かにしたい」という創立者の想いを、事業を通じて実現するために、商品開発において人を思い、清潔性や快適性を進化させてきました。これからも、子どもから高齢者まで、どんな人が使っても、ライフステージが変化しても、世界中の人々に、きれいで快適な暮らしをお届けしていきます。
  • 環境
    TOTOの商品は、お客様の毎日の暮らしの中で、長期間にわたってお使いいただくという特徴があります。そのため、商品のライフサイクル(原材料調達~製造~販売~物流~使用~廃棄ほか)という視点で捉えると、商品をお使いいただく段階における節水や省エネが地球環境への配慮に大きく貢献します。このような理由により、TOTOグループでは、事業所における省エネや再生エネルギー導入などに加えて、商品開発における環境配慮設計と、それに基づく商品の普及に努めています。
  • 人とのつながり
    TOTOグループは、事業を通じて、社会の発展に貢献し、世界の人々から信頼される企業であることを目指し、人とのつながりを大切にしています。
「TOTOグローバル環境ビジョン」の 
3つのテーマを中心に事業を進めることが、
SDGsへの貢献にもつながっている!

「TOTOグローバル環境ビジョン」とSDGsには、共通する目標や発想がたくさんあります。たとえばきれいで快適なトイレを世界中にお届けすることは、6の「安全な水とトイレを世界中に」につながります。また、商品使用時のCO₂を削減するシャワーや水栓を開発することは、13の「気候変動に具体的な対策を」につながります。

TOTOグローバル環境目標とSDGsのテーマ

きれいと快適

SDGsのブランドビジュアル、4つのゴールが並んでいるイラスト

環境

SDGsのブランドビジュアル、4つのゴールが並んでいるイラスト

人とのつながり

SDGsのブランドビジュアル、4つのゴールが並んでいるイラスト

こうしたTOTOの事業や活動を、SDGs視点から詳しく見ていきたいところですが……第1回はひとまずここまで。第2回以降は「TOTOグローバル環境ビジョン」の3つのテーマに沿って、具体的なTOTOの取り組みをご紹介していきたいと思います!

Share

CLOSE