環境負荷

TOTOでは住宅設備機器をはじめとする各種製品を製造・販売するために、電力・燃料などのエネルギーや水だけでなく原材料や部品として多くの資源を投入し、その結果CO2や排出物を発生させています。
TOTOグループの事業活動が環境に与えている負荷の概要を、投入している資源の量と排出している環境負荷の量として示します。

環境負荷の全体概要(2018)

環境負荷の全体概要(2018)
  • 使用している排出係数については、「TOTOグループ統合報告書2019」の「財務・非財務データ集」の環境パフォーマンスデータの算定方法 に詳細を記載しています。
  • 使用時のINPUTおよびOUTPUTは2018年度に出荷したすべての商品が使用される期間において消費するエネルギー量(電気・ガス)および水量の総量
  • 「スコープ3・カテゴリー11」の数字は2018年度に出荷したすべての商品が使用される期間において排出されるGHG排出量。
  • 「スコープ3・その他のカテゴリー」の数字は「カテゴリー1・2・3・4・5・6・7・9・12・14」の合計。自社の企業活動に含まれない、もしくは他カテゴリーで計上した「カテゴリー8・10・13」を除外。

  • ※カテゴリー2・3・5・7・9・12・14の集計範囲はTOTO株式会社および国内の連結子会社を対象としています。
Share

CLOSE