キッチンリフォームでできること

リモデルライブラリー

リフォームにより、キッチンは驚くほど素敵に生まれ変わります。何となく不便に感じていた動線、物があふれそうになっていた収納棚、ストレスが溜まる一方だった調理スペースの狭さ…。あなたが今感じている不便は何ですか?そして、どんなキッチンに立ちたいですか?
ここでは、完成イメージを持っていただくために、キッチンリフォームのいくつかのタイプをお伝えします。

キッチンリフォーム 3つのタイプ

キッチンリフォームは、大きく3つのタイプに分けられます。それぞれの特徴と注意点を見てみましょう。

①キッチン交換のリフォーム

I型からI型へ、L型からL型へ、キッチン設備だけを交換するシンプルなリフォームです。

リフォームでこんなに生まれ変わる

キッチン設備の交換だけでも、メリットはたくさんあります。
収納力をアップしたい方はスライドタイプのキャビネットに、家事効率を高めたい方は最新式のシンクや水栓に、お手入れのしやすさを重視する方は除菌水にという具合に、要望に応じた設備を選びましょう。

リフォームの注意点 (工期の目安:2〜4日)

IHや食洗器が設置できるかどうかは、事前にリフォーム店に配線の確認をしてもらう必要があります。また、キッチンパネルをきれいに仕上げるには、壁紙や壁タイルの内装工事も一緒にするといいですよ。

②内装まで含めたリフォーム

キッチン設備と一緒に、周囲の内装もリフォームするパターン。

リフォームでこんなに生まれ変わる

一番のメリットは、キッチン空間を描いた通りのデザインに仕上げられること。キッチン設備と内装をカラーコーディネートすることで、部屋まるごとが生まれ変わります。もちろん、機能性も十分。最新設備に替えれば、これまでのストレスを解消できます。

リフォームの注意点 (工期の目安:2〜6日)

設備交換だけのリフォームと比べて、工期が長くなります。また、リビングダイニング全体まで内装工事をする場合、工事期間中、生活に多少の不便が生じます。

③位置変更を伴うリフォーム

壁付けタイプから対面式キッチンへなど、レイアウトの変更を伴うリフォームです。

リフォームでこんなに生まれ変わる

レイアウトの変更によって動線が変わるため、家事効率を格段に高めることができます。ほかにも、対面式キッチンならご家族の様子を見ながら作業ができたり、アイランドキッチンならみんなで一緒に料理ができるなど、暮らしも素敵に変わりそうです。

リフォームの注意点 (工期の目安:5日~)

工期が長いため、生活に多少の不便が生じることがあります。また、マンションの場合、レイアウトの変更が難しいケースも。リフォーム店と相談してから決めてください。

家事がスムーズになるキッチンリフォームとは?

キッチンリフォームをして何よりうれしいのは、これまで感じていたお困り事が解消され、家事が驚くほどスムーズにはかどること。「リフォームしたら家事効率が向上して、以前より調理がスムーズに。お手入れ時間も短くなりました」と、みなさん口々に話します。では、どうすれば理想のキッチンを形にできるの?そんな疑問にお答えすべく、使いやすいキッチンのイロハをお伝えします。

まずは、間取りのタイプを知ろう

まずは、キッチンの間取りタイプを理解しましょう。ここでは、一般的なタイプを3つご紹介します。

①独立型キッチン
調理をするキッチンを独立させたタイプ。他の部屋と仕切られているため、煙やにおいを気にせずに料理に集中できます。
②複合型ダイニングキッチン(DK)
料理をするキッチンと食事をするダイニングを一部屋にした間取り。配膳や後片付けがラクである一方、キッチンが食事中に丸見えになるため、気になることも。
③複合型リビングダイニングキッチン(LDK)
キッチンとダイニング、リビングまでをすべて一部屋にしたタイプ。空間全体のインテリアを統一できて、家族との会話も増える間取りですが、においや汚れが広がりやすいという点も。

次に、キッチンのタイプを知ろう

間取りタイプを理解したら、次にキッチン設備のレイアウトのタイプを見てみましょう。

①I型(壁付けタイプ)
シンクと調理機器が壁に向かって並ぶ、シンプルなレイアウト。体の向きを変えることなく、平行移動で調理を行うことができます。
②L型
シンクと調理機器とがコーナーを挟んで直角の位置に配置されたレイアウト。調理スペースを広く取れるのがメリットです。
③フラット対面型
(アイランド)
カウンターに段差がない対面レイアウト。家族やゲストが自然と周囲に集う、コミュニケーションが取りやすいタイプです。
④セパレート型
コンロカウンターを壁面に、シンクカウンターを対面式に分けた開放的なレイアウト。シンクとコンロを分けて設置することで、限られた間口でも対面式にできます。

そして、使いやすさの3つのポイントを知ろう

最後にご紹介するのは、キッチンの使いやすさを決定する3つのポイント。ショールームなどで実物を見るときに、このポイントでチェックしてみてください。

①動きやすい
キッチンは、狭すぎても広すぎても動きにくく感じます。「冷蔵庫」「シンク」「調理機器」を直線で結んだ三角形の3つの辺の合計が510cm程度、歩幅で2〜3歩になるのが、動きやすさの目安です。
②収納の位置は
よく使うものは、首の中心から約75cmの範囲内に収納すると使いやすく感じます。
③カウンターの高さ
使いやすいカウンターの高さは、身長(cm)÷2+5cmが目安。身長160cmの人の場合、85cmです。

キッチン・リビングのサイズを知ろう

あなたの暮らし方に合わせたキッチンへリフォーム。今のキッチンのサイズを知ることで、どんなリフォームができるのかどんな商品が入るのかを知る手掛かりになります。

Share

CLOSE