TOTO

能作文徳+常山未央展:都市菌(としきのこ)――複数種の網目としての建築

展覧会について
TOTOギャラリー・間では、「能作文徳+常山未央展:都市菌(としきのこ)――複数種の網目としての建築」を開催します。
能作、常山両氏は、建築設計や論考執筆に加え、国内外の大学を拠点に、建築と都市と生態系の関係性リサーチを続けてきました。自宅兼事務所の「西大井のあな」では、鉄骨造の中古住宅に光と熱が循環する孔を開け、コンクリートで覆われた外構を自分達の手ではつり、土中改善を行うなど、エコロジカルな視点で改修しています。そこは他で得た学びを実験し、次のプロジェクトへと展開させる実践の場となっています。彼らが「URBAN WILD ECOLOGY」と呼ぶ、こうした都市の中に野生を取り戻す取り組みに加え、近年では石場建てや木組などの伝統知、 藁や土壁といった土に還る素材を積極的に設計に取り入れています。
彼らは都市を、「人間の手が入った多様な生物が暮らす居住域」だと言います。課題を抱える現代の都市の一部を分解し、その養分を吸収し、菌(きのこ)のように成長する。そんな腐敗と再生の網目の結節点として建築を捉え、野生や伝統知を手に、網目に切り込みを入れつなぎ直すことにより、複数種のネットワークを構築しようとしています。
本展は、「西大井のあな」のさらなる改修案や、最新作「秋谷の木組(秋谷スマートハウスE棟)」をはじめとするプロジェクトの断面図や模型などを通じて、網目をつなぎ直すために誰もが真似できる小さな試行錯誤を共有する試みです。その先に、人新世と呼ばれる時代における建築の可能性やビジョンを感じ取っていただければ幸いです。
TOTOギャラリー・間

会場写真
エントランス
©Nacása & Partners Inc.
GALLERY1 コンセプト文
©Nacása & Partners Inc.
GALLERY1 全景
©Nacása & Partners Inc.
中庭
©Nacása & Partners Inc.
GALLERY2 全景
©Nacása & Partners Inc.
GALLERY2 模型(一部)
©Nacása & Partners Inc.
主な作品
「西大井のあな」吹抜け[東京都、2017年~(2021年撮影)]
©Jumpei Suzuki
「杭とトンガリ」外観[東京都、2023 年]
©Jumpei Suzuki
「明野の高床」外観[山梨県、2020 年]
©Jumpei Suzuki
「秋谷の木組(秋谷スマートハウスE棟)」断面図
©Fuminori Nousaku Architects + Studio mnm
「西大井のあな」外観 東京都、2017年~(2021年撮影)
©Jumpei Suzuki
「西大井のあな」ドローイング
©Fuminori Nousaku Architects + Studio mnm
展覧会情報
展覧会名(日)
能作文徳+常山未央展:都市菌(としきのこ)――複数種の網目としての建築
展覧会名(英)
Fuminori Nousaku + Mio Tsuneyama: URBAN FUNGUS――Architecture is a Complex Ⅿesh
会期
2024年1月18日(木)〜3月24日(日)
開館時間
11:00~18:00
休館日
月曜・祝日 ただし、2月11日(日・祝)は開館
入場料
無料・予約不要
会場
TOTOギャラリー・間
〒107-0062 東京都港区南青山1-24-3 TOTO乃木坂ビル3F
東京メトロ千代田線乃木坂駅3番出口徒歩1分
TEL=03-3402-1010 URL=https://jp.toto.com/gallerma
主催
TOTOギャラリー・間
企画
TOTOギャラリー・間運営委員会
特別顧問=安藤忠雄、委員=貝島桃代/平田晃久/セン・クアン/田根 剛
後援
一般社団法人 東京建築士会
一般社団法人 東京都建築士事務所協会
公益社団法人 日本建築家協会関東甲信越支部
一般社団法人 日本建築学会関東支部
ニュースリリース
TOTO出版関連書籍
著者=能作文徳+常山未央