TOTO
「建築の民族誌」を考える――2018年ヴェネチア・ビエンナーレ日本館を通して

キュレーターを務めた貝島桃代氏監修のもと、<「建築の民族誌」を考える >と題して、第16回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展日本館をテーマに、5連載で掘り下げます。出展作家へのインタビュー、展覧会関連イベントの報告などを掲載予定です。
建築・民族・ドローイングをめぐる問いについて、ぜひ一緒に掘り下げてみませんか?

キュレーターを務めた貝島桃代氏が、展示の狙いを解説します。
「建築の民族誌展」にあわせて開催された国際ワークショップについて、参加学生がレポートします。
ビエンナーレ会場で ⟨Drawing around Architecture⟩ として展示された「カサコ 出来事の地図」について、制作背景やその後の展開、出展の感想などを伺いました。
今回は、出展アーティストのおふたりにお話しを伺いました。建築を題材とした作品も多いおふたりに、建築への興味や作品制作のお話、ビエンナーレ展「建築の民族誌」がどのように映ったのかなどを伺いました。
関連書籍
ヴェネチア·ビエンナーレ
著者=貝島桃代,ロラン・シュトルダー,井関 悠
ヴェネチア·ビエンナーレ
Editors: Momoyo Kaijima, Laurent Stalder, Yu Iseki
ヴェネチア·ビエンナーレ
編者=山名善之+菱川勢一+内野正樹+篠原 雅武
ヴェネチア·ビエンナーレ
著者=北山恒、塚本由晴、西沢立衛
ヴェネチア·ビエンナーレ
著者=伊東豊雄、乾久美子、藤本壮介、平田晃久、畠山直哉