光触媒作用について

光触媒とは

光触媒とは、光の力を使って、自らは何も変化することなく周りのものを変える(化学反応)働きをもつ触媒物質を指す総称で、 ハイドロテクトに使用している酸化チタン(TiO2)は、代表的な光触媒です。 ちなみに植物の光合成を促す「葉緑素(クロロフィル)」も光触媒のひとつです。

ハイドロテクトに使われている光触媒「酸化チタン」は、
「分解力」「親水性」にすぐれています。

酸化チタンは世界中にある天然のチタン鉱石から取れる材料です。酸化チタン表面(光触媒層)に太陽の光(紫外線)があたることで、活性酸素を発生させ、表面に付いた有害物質や汚れを化学反応で分解する性質があり、同時に高い「親水性」があるため、表面が水になじみやすい状態になります。

分解力

酸化チタンの表面に光(紫外線)が当たると活性酸素が発生、菌や有機物を分解します。

  • ハイドロテクトの膜を材料表面に付けると、光が当たることで大気汚染物質NOxを酸化・除去して空気をきれいにする、油汚れを分解して落としやすくする(外装材)、また菌を減少させウイルスを不活性化させる(内装材)などの効果を発揮します。

親水性

水をはじく「撥水性」に対し、水とのなじみがよくなることを「親水性」と言います。

  • 雨が降れば「セルフクリーニング効果」で汚れを洗い流したり、水拭きで簡単に汚れを落とせます。

ハイドロテクトの基本は、この光触媒「酸化チタン」のはたらきによるものです。

植物が日光を浴びて光合成をする(二酸化炭素と水を使って酸素と有機物をつくる)ように、ハイドロテクトの光触媒(酸化チタン)層に光が当たると「分解力」と「親水性」を発生させます。それらは「空気浄化」「セルフクリーニング」など環境に役立つさまざまな効果を生み出します。

  • 光触媒であるTiO(酸化チタン)に光が当たると酸化チタン表面に、活性酸素を発生させ(分解力)、水とのなじみが非常によい-OH(親水基)ができます(親水性)。
Share

CLOSE