TOTO

en[縁]:アート・オブ・ネクサス――第15 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展 日本館帰国展

特別企画 「食堂付きアパート」見学会+トークイベント
「小さな経済」が循環する街ーー「食堂付きアパート」のいまとこれから
本展の出展作家のおひとり、仲建築設計スタジオの作品である、「食堂付きアパート」にて作品見学会およびトークイベントを開催します。
社会インフラや価値観の変化によって、住まい方や働き方、そして人とのコミュニケーション方法も多様化する中で、こうしたニーズに応え得る建築とはどのようなものなのか、「食堂付きアパート」で実現したこととは?――これまでの実践とこれからの可能性について、設計者の仲俊治氏、「食堂付きアパート」のオーナーの椛沢誠治氏、そして実際に住戸にお住いの植原正太郎氏にご登壇いただき、それぞれの立場からお話しいただきます。
開催日時
2月25日(日) 14:00~17:00
出演
仲 俊治氏(設計者)
椛沢誠治氏(施主)
植原正太郎氏(入居者)
会場
食堂付きアパート1F「スイーツ&カフェ ピーカーブー」
(東京都目黒区目黒本町5-14-14)
東急目黒線武蔵小山駅下車、徒歩5分
定員
30名
参加方法
事前申し込み制/入場無料
※申込先着順受付。定員になりましたので、受付を締め切りました。
ご注意事項:
※プログラムは予告なく変更することがございます。
※お座席は自由席となります。
※トークイベントおよび住戸内の撮影、録音はご遠慮願います。
※現地集合・解散となります。
登壇者プロフィール
仲 俊治(なか としはる)
仲建築設計スタジオ代表取締役
1976年京都府生まれ。1999年東京大学工学部建築学科卒業。2001年東京大学大学院工学系研究科建築学専攻修了。2001-2008年株式会社山本理顕設計工場勤務。2009年株式会社仲建築設計スタジオ設立。2009-2011年横浜国立大学大学院Y-GSA 設計助手。2011-2014年東京都市大学非常勤講師、2015年東京大学非常勤講師。現在、横浜国立大学、明治大学、関東学院大学、東京理科大学、法政大学、首都大学東京にて非常勤講師。
椛沢誠治(かばさわ せいじ)
食堂付きアパート「ステアズ」オーナー。
植原正太郎(うえはら しょうたろう)
NPO法人グリーンズ greenz.jpコミュニティエディター
1988年仙台生まれ。親の仕事の都合で日本全国を転勤しまくる幼少期を過ごす。大学卒業後、デジタルマーケティングのコンサルティング会社に入社。その後、2014年10月よりNPO法人グリーンズにスタッフとして参画。WEBマガジン「greenz.jp」の寄付読者制度「greenz people」を担当し、日本初の寄付型メディアづくりに挑戦中。ライフワークとして、東京の武蔵小山で「風邪で倒れた時にお粥を届けあう」助け合いのご近所コミュニティづくりに励む。2017年3月より「ステアズ」に入居。

食堂付きアパート(東京都、2014年)
設計:仲建築設計スタジオ
TOTO出版関連書籍
編者=山名善之+菱川勢一+内野正樹+篠原 雅武