シンク

印刷する

キレイで快適なキッチンのためのおそうじのコツを紹介します。
知りたいお掃除の方法をクリックしてください。

(TOTOシステムキッチンをお使いの場合、シンクはクリスタルCシンク、プレーンフレックスCシンク、スマイルクリーンLシンクです。)

クイックおそうじ

キッチンのやっかいな汚れといえば、なんといっても油汚れ。でもこまめにお手入れをすれば、洗剤など使わなくても汚れは落とせます。環境にも優しく肌荒れの心配もない。加えて台所はいつもピカピカ。

ポイント

  • 汚れが固まらないうちに
  • 使い終わったら、その手でさっと
  • 仕上げはから拭きで

ステンレス製シンク

ふだん

使った後や、気がついたときにサッとでも、1日1回と決めてでもOK。汚れをためないことを習慣にすれば、おそうじはもっと簡単になります。

台所用中性洗剤をつけたスポンジで磨いて洗い流してから、から拭きをします。

ていねい

汚れが気になりだしたら、いつもより丁寧に。素材に合わせた道具や洗剤を使って効果を高めましょう。

1.スステンレスのくもりは水道水中の成分から発生する水あかが原因なので、スポンジにクリームクレンザーかTOTOきらりあ水栓金具用蛇口まわりのクリーナーをつけて磨きます。

2.水拭きをして、から拭きをします。

さらにていねい

手の届きにくいところや時間のかかる場所にも、年に1~2度は家族みんなでチャレンジしましょう。すみずみまでキレイなことが実感出来れば、日頃から汚さないようにもなるはずです。

コーキングの黒ずみ

1.シンクとカウンター、カウンターと壁などの継ぎ目には、水の浸入を防ぐためにシリコンシール剤がついています。この部分の黒ずみは、カビが原因です。割り箸の先に布を巻きつけ、台所用弱アルカリ性洗剤を含ませて、黒ずんだ部分に塗りつけます。

2.しばらく置いたあと、よく水拭きして、から拭きをします。

ステンレスをキレイに維持するポイント

1.塩素系漂白剤が苦手
シンクに薄め液を流すくらいなら問題ありませんが、食器やふきんを漂白するときにシンクに薄め液をためて長時間つけ置きするとさびの原因になります。

2.塩分も苦手
塩や醤油に含まれる塩分も、さびの原因。こぼしたらすぐ拭き取ってください。

3.磨くときは筋目に沿って
表面にスジ状のヘアライン(磨き方向)がある場合は筋目に沿って平行に、均等の力でこすります。目に逆らったり部分的に強くこすると、汚れも落ちにくく、ヘアラインを崩すことにもなります。

4.磨くのはスポンジで
粒子の粗いクレンザーや金属たわし、ナイロンたわしは使わないでください。表面に傷つけてしまうことがあります。また、金属たわしの鉄分が付着すると、もらいさびの原因にもなります。

5.重曹+お酢でもOK
ぬらしたスポンジに重曹をとって磨き、その後お酢をたらしたぬるま湯で拭きます。

樹脂製シンク・排水カバー

ふだん

使った後や、気がついたときにサッとでも、1日1回と決めてでもOK。汚れをためないことを習慣にすれば、おそうじはもっと簡単になります。

1.スポンジの柔らかい面に台所用中性洗剤をスポンジに含ませて洗います。

2.水洗いしてください。

ていねい

汚れが気になりだしたら、いつもより丁寧に。素材に合わせた道具や洗剤を使って効果を高めましょう。

1.スポンジの硬い面(ナイロンたわし)に台所用中性洗剤を含ませて磨きます。

2.水洗いしてください。

樹脂製シンクをキレイに維持するポイント

1.塩素系漂白剤、塩素が苦手
シンクに薄め液を流すくらいなら問題ありませんが、食器やふきんを漂白するときにシンクに薄め液をためて長時間つけ置きすると変色の原因になります。おけなどにためて使用することをおすすめします。

2.磨くときは円を描くように
ステンレス以外のシンクに筋目はありません。一方向に擦ると磨き跡が目立つ可能性がありますので、円を描くように均等に磨いてください。

3.磨くのはスポンジで
粒子の粗いクレンザーや金属たわし、ナイロンたわしは使わないでください。 表面に傷つけてしまうことがあります。また、金属たわしの鉄分が付着すると、もらいさびの原因にもなります。

4.重曹+お酢でもOK
ぬらしたスポンジに重曹をとって磨き、その後お酢をたらしたぬるま湯で拭きます。

ホーロー製シンク

ふだん

使った後や、気がついたときにサッとでも、1日1回と決めてでもOK。汚れをためないことを習慣にすれば、おそうじはもっと簡単になります。

1.「中性」の表示のある洗剤をウレタンスポンジか柔らかい布につけて洗ってください。
「酸性」・「アルカリ性」の表示のある洗剤およびたわし・粉末クレンザーなどはシンクや付属金具を傷付けますので絶対に使用しないでください。

2.シンク底面にたまったごみや鉄粉はよく洗い流してください。
水道水・井戸水などには微量の鉄粉などが含まれています。また、工事中にも、鉄の切粉がでますので、このようなものがシンクに付着すると、斑点状の赤さびが発生することがあります。これらはシンクから発生したものではなく、鉄粉などからの“もらいさび”ですので、赤さびが生じた場合は歯みがき粉またはクレンザーなどを布につけて落してください。

3.シンクを清潔に保つため、マットは毎日洗うようにしてください。

Share

CLOSE