ダイヤフラムを交換します

印刷する

作業方法のご紹介後に各ページの内容のアンケートを設置しております。是非ともご協力ください。

タンク内の水位は正常、レバーハンドルにも問題がないのに、水が止まらない場合はダイヤフラムを交換してください。

関連ページ:「トイレの水が止まらない」「ボールタップを交換しましょう

Step1 止水栓の位置を確認します

1.止水栓の閉め方と調節方法」をごらんください。

  • タンクふたは落とさないようにご注意ください。
    破損してけがをするおそれがあります。

2.止水栓を閉めてから(マイナスドライバーで右に止まるまで回す)、タンク内の水を流す。

  • ダイヤフラム部を交換するときは必ず止水栓を閉め、タンクの水を流してから行う。
    止水栓を閉めないと水が吹き出して家財などをぬらす財産損害発生のおそれがあります。
止水栓を閉めてから(マイナスドライバーで右に止まるまで回す)、タンク内の水を流す

Step2 タンクのふたを開けます

再度、浮玉レバーの付け根が中心にあるタイプであることを確認してください。

Step3 タンクのふたを外して、中を確認します

1.浮玉レバーの取り付け部分(ダイヤフラム固定部分)の構造を確認します。
ボールタップカバーがセットされている場合はボールタップカバーを外してからご確認下さい。

  • セットされていない製品もあります。
タンクのふたを外して、中を確認します

お買い求め販売店、もしくは工事店、またはTOTOメンテナンスへご依頼ください。

作業完了

これで修理・調整のステップは完了です。掲載内容はお役に立ちましたか?
みなさまのお役に立てるよう、ご意見をもとに改善してまいります。このページの掲載内容についてアンケートにご協力ください。

このような時は修理依頼もしくはお買い替えをお願いします

  • 水漏れしている・いつも製品に水滴がついている

    水漏れしている・いつも製品に水滴がついている

  • 便座の温度の調整ができない(異常に熱い)

    便座の温度の調整ができない(異常に熱い)

  • 便座や陶器に割れ、ひびが入っている

    便座や陶器に割れ、ひびが入っている

最新のトイレの快適さをご覧ください

新製品のご購入やリフォームのご検討にお役に立つページをご紹介しています。

新製品のご購入やリフォームのご検討にお役に立つページをご紹介しています。

Share

CLOSE