止水栓の閉め方と調整方法

印刷する

止水栓には、故障時に水を止める役割と、水勢を調節する役割があります。
トイレの修理をするときは、まず止水栓を閉めましょう。うっかり忘れると、作業中にタンクから水があふれて大変です。

作業に必要な工具

  • マイナスドライバー

    マイナス
    ドライバー

止水栓の閉め方

止水栓を閉めずに修理作業を始めると、タンクから水があふれることがあります。トイレの修理は必ず止水栓を閉めてから行いましょう。

Step1 止水栓の位置を確認します

1.止水栓は、タンクへの給水管に付いています。下の図を参考に、位置を確認してください。

タンク密結便器の場合

<フィルター無し止水栓タイプ>

  • <フィルター無し止水栓タイプ>

<フィルター付き止水栓タイプ>

  • <フィルター付き止水栓タイプ>
  • ウォシュレットが付いている場合は、ウォシュレット用の止水栓と間違えないようご注意ください。

ネオレスト系便器の場合

  • ネオレスト系便器の場合
  • ウォシュレットが付いている場合は、ウォシュレット用の止水栓と間違えないようご注意ください。

Step2 止水栓を閉めます

  • 万一のトイレ内への漏水防止するため、器具止水栓に加えて、家屋全体の元栓も閉止することをおすすめします。
    特に「築10年以上経過している」場合は、配管の老朽化が考えられるため、必ず家屋全体の元栓を閉止してください。

止水栓が見当たらない場合は

タンクまわりに止水栓が見当たらない場合は、家屋全体の元栓(下図)で閉めます。 元栓は水道メーターの近くに付いていますが、場所や形は種類や新旧によって違います。いずれも右にまわすと閉まります。

止水栓が固くて回らない場合は

止水栓が固くて回らない場合は、無理をせずに家屋全体の元栓(下図)で閉めます。
(無理に回そうとすると、配管を破壊し、漏水による建物への拡大被害が発生する可能性があります。)

戸建住宅の場合

  • 戸建住宅の場合

宅地内の地面にあります

集合住宅の場合

  • 集合住宅の場合

玄関横のパイプシャフト内にあります

1.止水栓は、マイナスドライバー、または開閉工具(付属品)を使用し、右(時計回り)にまわすと閉まります。

タンク密結便器の場合

<フィルター無し止水栓タイプ>

  • <フィルター無し止水栓タイプ>

<フィルター付き止水栓タイプ>

  • <フィルター付き止水栓タイプ>

ネオレスト系便器の場合

  • 手締めタイプの止水栓
  • ネオレスト系便器の場合1
  • ネオレスト系便器の場合2
  • ネオレスト系便器の場合3

機器止水栓が固くてまわらず、また家全体の元栓を締めることができない場合は、お買い求め販売店、もしくは工事店、またはTOTOメンテナンスへご依頼ください。

Step3 修理が終わったら止水栓を開けます

止水栓の調整方法

万一、故障があって、水が止まらなくなっても、タンクから水があふれないように止水栓の調節をしておきましょう。また、給水音の大きさが気になるときも、止水栓を「閉側」へ調節してください。

  • ピュアレスト・レスティカ・CSRシリーズ(タンクふたの内側に樹脂カバーがあるタイプ)は、止水栓の調節は不要なため、ここではタンクふたの開閉方法のみを記載しています。

Step1 止水栓の位置を確認し、止水栓を閉めます

止水栓は、タンクへの給水管に付いています。位置を確認してください。
止水栓の閉め方をご覧ください。

Step2 タンクのふたを開けます

手洗付タンクの場合、ふたを持ち上げるだけで外れるタイプと、タンクふたを持ち上げるだけでは外れないタイプがあります。

  • 再度止水栓が閉まっていることを確認して下さい。

タンクふたを持ち上げるだけでは外れないタイプ

まずタンクのふたを垂直に持ち上げます。持ち上げるだけで外れるタイプもあります。持ち上げるだけで外れないタイプは、手洗金具とボールタップがのじゃばら管で接続されています。この場合は、まずふたを起こし、じゃばら管に接続している部分のナットを、手で左(反時計まわり)にまわすと外れます。

タンクふたを持ち上げるだけでは外れないタイプ1
タンクふたを持ち上げるだけでは外れないタイプ2

タンクふたを持ち上げるだけで外れるタイプ

ピュアレスト・レスティカ・CSRシリーズ
(タンクふた内側に樹脂カバーがあるタイプ)の場合

  • タンクふたは落とさないように注意する
  • 破損してけがをするおそれがあります。
タンクふたを持ち上げるだけで外れるタイプ

Step3 止水栓を調節します

止水栓を調節する理由

止水栓が調整されている場合は…

  • 止水栓が調整されている場合は…

止水栓が調整されていれば、水の勢いが抑えられるため、ボールタップなど、 ほかの部分に故障があっても水がタンクの外にあふれることはありません。

止水栓が調整されていないと…

  • 止水栓が調整されていないと…

止水栓が調整されていないと、排水管から流れ出る量よりタンクに供給される量が多くなる場合があり、タンクの外にあふれることがあります。

1.浮玉を手で下まで押し下げて、止水栓を徐々に開いてください。この状態で水面がオーバーフロー管より1cm以上、上昇しない程度に止水栓を開け、調節してください。

浮玉を手で下まで押し下げて、止水栓を徐々に開いてください。

Step4 タンク内の水位を確認します

1.タンク内の水位が正常かどうか確認します。正常時の水位は「-WL-」の位置にあります。表示のないものはオーバーフロー管の先端から2~3cm下が正常な水位です。

タンク内の水位が正常かどうか確認します

Step5 タンクのふたを閉めます

レスティカ・CSRシリーズ(タンクふた内側に樹脂カバーのあるタイプ)の場合

1.手洗付の場合は、A部をB部に差し込んでタンクふたをのせてください。

  • タンクふたが浮いていたり、ぐらつく場合は、差し込みが不十分ですので、再度差し込み直してください。
A部をB部に差し込んでタンクふたをのせてください。

このような時は修理依頼もしくはお買い替えをお願いします

  • 水漏れしている・いつも製品に水滴がついている

    水漏れしている・いつも製品に水滴がついている

  • 便座の温度の調整ができない(異常に熱い)

    便座の温度の調整ができない(異常に熱い)

  • 便座や陶器に割れ、ひびが入っている

    便座や陶器に割れ、ひびが入っている

最新のトイレの快適さをご覧ください

新製品のご購入やリフォームのご検討にお役に立つページをご紹介しています。

新製品のご購入やリフォームのご検討にお役に立つページをご紹介しています。

Share

CLOSE