TOTO

増田信吾+大坪克亘展 それは本当に必要か。

増田信吾+大坪克亘展 ギャラリートーク「それは本当に必要か。」
現在第一線で活躍する建築家と増田信吾・大坪克亘両氏が、増田信吾+大坪克亘の建築への読み解きを通して、建築設計が向き合うべきものと、これからの建築について語り合います。
開催日時、出演者
第1回:2月21日(金)18:30 - 20:30

出演:乾 久美子氏 × 増田信吾+大坪克亘
テーマ:Attitude [姿勢] 場の診断から、最も重要な前提の発見

お申込みはこちら
第2回:2月27日(木)18:30 - 20:30

出演:髙橋一平氏 × 増田信吾+大坪克亘
テーマ:Appearance [様相] 場に適応する建築と、その周辺への影響

お申込みはこちら
第3回:3月6日(金)18:30 - 20:30

出演:平田晃久氏× 増田信吾+大坪克亘
テーマ:Adaptation [適応] 場がうまく回りだす転換点の探求

お申込みはこちら
《ご注意》
お申込みは、「受講券メール」の受信をもって完了となります。お申込みが定員に達し次第、自動的に締め切られます。申し込みが締め切られますと「Not Found」や「Webページが見つかりません」などの画面が表示され、お申込みいただけません。あらかじめご了承ください。
イベント概要
時間
18:15開場、18:30開演、20:30終了予定
会場
セラトレーディング東京ショールーム地下1F
港区南青山1-24-3 TOTO乃木坂ビル
定員
各回50名
参加方法
事前申し込み制/入場無料
※申し込み先着順受付。定員になり次第、受付を締め切らせていただきます。

ご注意事項
※プログラムは予告なく変更することがございます。
※お座席は自由席となります。尚、お座席数には限りがございますので、立ち見となる場合がございます。
※ギャラリートーク中の撮影、録音はご遠慮願います。
ギャラリートーク ゲストプロフィール
第1回ゲスト
乾 久美子(いぬい くみこ)
略歴
1969年
大阪府生まれ
1992年
東京藝術大学美術学部建築科卒業
1996年
イエール大学大学院建築学部修了
1996~2000年
青木淳建築計画事務所勤務
2000年
乾久美子建築設計事務所設立
2011年
東京藝術大学美術学部建築科准教授
2016年〜
横浜国立大学都市イノベーション学府・研究室建築都市デザインコース(Y-GSA)教授
主な建築作品と受賞歴
アパートメントI(2007、新建築賞)、フラワーショップH(2009、グッドデザイン金賞、JIA新人賞、BCS賞)、共愛学園前橋国際大学4号館Kyoai Commons(2012、グッドデザイン賞)(2015、日本建築学会作品選奨)、七ヶ浜町立七ヶ浜中学校(2017、日本建築学会作品選奨)、釜石市立唐丹小学校・釜石市立唐丹中学校・釜石市立唐丹児童館(2018、グッドフォーカス賞(復興デザイン)ならびにベスト100選出)(2019、復興デザイン会議 第1回全国大会「復興設計賞」受賞)、延岡駅周辺整備プロジェクト 延岡市駅前複合施設エンクロス(2019、WADAA2019「WADA賞」受賞)

その他の受賞
第13回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展金獅子賞(2012、日本館協働受賞)

主な著書
『ここに、建築は、可能か』(共著、TOTO出版、2013)
『小さな風景からの学び-さまざまなサービスの表情』(TOTO出版、2014)
乾 久美子
第2回ゲスト
髙橋一平(たかはし いっぺい)
略歴
1977年
東京都生まれ
2000年
東北大学卒業
2002年
横浜国立大学大学院修了
2002年
西沢立衛建築設計事務所入社(〜2009)
2010年
髙橋一平建築事務所設立
2011年
横浜国立大学大学院設計助手, 助教(〜2020)
2018年〜
法政大学非常勤講師
主な建築作品
「七ヶ浜町立遠山保育所」(2013)、「Casa O」(2014)、「横浜国立大学中央広場+経済学部講義棟2号館*」(2016)、「S市街区計画*」(2016)、「アパートメントハウス」(2018)、「河谷家の住宅」(2019)、「笛吹みんなの広場」(2018〜)他
*は共同設計

主な受賞
Design for Well-being Award(2014)、東京建築士会住宅建築賞(2015)、日本建築学会作品選集新人賞(2016)、第35回吉岡賞(2019)、WADAA2019(WADA賞)(2019)
髙橋一平
©景山紘翔
第3回ゲスト
平田 晃久 (ひらた あきひさ)
略歴
1971年
大阪府に生まれる
1994年
京都大学工学部建築学科卒業
1997年
京都大学大学院工学研究科修了後、伊東豊雄建築設計事務所勤務
2005年
平田晃久建築設計事務所を設立
2015年より
京都大学准教授、現教授。工学博士
主な建築作品
「桝屋本店」(2006)、「Bloomberg Pavilion」(2011)、「太田市美術館・図書館」(2017)、「Overlap House」(2018)、「9h project」(2018-2020)等

主な受賞
第19回JIA新人賞(2008)、Elita Design Award(2012)、第13回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展金獅子賞(2012、日本館協働受賞)、日本建築設計学会賞(2015)、第13回村野藤吾賞(2018)、BCS賞(2018)等

主な著書
『ここに、建築は、可能か』(共著、TOTO出版、2013)
『Discovering New』(TOTO出版、2018)
平田 晃久
©Luca Gabino
TOTO出版関連書籍
著者=増田信吾+大坪克亘
写真=永井杏奈