TOTO

中山英之展 , and then

中山英之展 ギャラリートーク「a night in CINE-MA」
会期中、期間限定の架空の映画館「CINE間(シネマ)」となる会場で、上映作品の関係者や各界で活躍される方々との8回の対話を通じて、ゲストと中山英之氏に、映画や音楽、そして建築を横断する思想や哲学、方法論やこの先の創造の可能性をお話いただきます。
開催日時、出演者
第1回:6月7日(金)18:30~20:30 開催終了 トークイベント「mitosayaの3人と3年」
出演:江口宏志(蒸留家、mitosaya 薬草園蒸留所オーナー)、山野英之(グラフィックデザイナー)×中山英之
"ドイツでの構想から日本各地での候補地探し、千葉県大多喜町の元薬草園を蒸留所に改修…。蒸留所作りの歩みを共にした3人が、建築家、アートディレクター、蒸留家、それぞれの立場からmitosayaの3年を語り合う夜。"
第2回:6月14日(金)18:30~20:30 開催終了 トークイベント「漂流する映画館、ふたたび」
出演:藤原徹平(建築家)×中山英之
"建築にとどまらず、「漂流」をキーワードにパフォーマンス・ファッション・アートなどさまざまな分野を横断する一般財団法人「ドリフターズインターナショナル」の主催者でもある藤原徹平さんと、「映画」という船に乗って漂流する夜。"
第3回:6月21日(金)18:30~20:30 開催終了 トークイベント「建築のない映画館」
出演:安藤桃子(映画監督)、有坂塁(移動映画館キノ・イグルー主宰)×中山英之
"2021年のリニューアルオープンに向け現在は箱のないかたちで活動中の映画館「ウィークエンドキネマM」(高知)を主宰する安藤桃子さんと、今夜もきっと日本のどこかで映画を上映している旅する映画館「キノ・イグルー」主宰の有坂塁さんをお迎えしての、「建築のない映画館」の話。"
第4回:6月28日(金)18:30~20:30 開催終了 映画上映会「ウィークエンドキネマMの夜」
出演:中山英之  ※安藤桃子さんはビデオ出演を予定
上映作品:『椿山 焼畑に生きる
"安藤桃子さんが「建築好きのあなたに贈るこの1本」を皆で鑑賞する、一夜限りのウィークエンドキネマM@CINE間!安藤さんの解説も聞けます。"
第5回:7月5日(金)18:30~20:30 開催終了 映画上映会「キノ・イグルーの夜」
出演:有坂塁(移動映画館キノ・イグルー主宰)×中山英之
上映作品:『冬の光
"有坂塁さんが「建築好きのあなたに贈るこの1本」を皆で鑑賞する、一夜限りのキノ・イグルー@CINE間!有坂さんの解説も聞けます。"
第6回:7月12日(金)18:30~20:30 開催終了 トークイベント「想像力の労働、そのはなしの続き」
出演:濱口竜介(映画監督)×中山英之
"2011年、横浜の元銀行だった建物で行われた濱口竜介さん(映画監督)との対話の続き。前回のキーワードは「想像力の労働」。今回はいかに!"
第7回:7月19日(金)18:30~20:30 開催終了 ポエトリーリーディング「建築詩(声で建てる家)」
出演:菅原 敏(詩人)×中山英之
"目下ひみつの共同プロジェクトが進行中の詩人、菅原敏さんがCINE間に建てる「建築詩」とは?"
第8回:7月26日(金)18:30~20:30 開催終了 トークイベント「例外音楽/建築論」
出演:岡田栄造(京都工芸繊維大学教授)、野口順哉(音楽家)、佐々木 敦(批評家)×中山英之
"CINE間で上映されるショートフィルム「O邸」を監督した岡田栄造さん(京都工芸繊維大学教授)、曲を書き下ろしてくれたバンド「空間現代」の野口順哉さん(ギター/ボーカル)、そして佐々木敦さん(批評家、HEADZ主宰)による、例外音楽/建築論!"
スペシャル回(第9回):8月2日(金) 開催終了 トークイベント「続 人間と建築」
出演:石上純也(建築家)、長谷川豪(建築家)×中山英之
司会:西牧厚子(新建築住宅特集 編集長)
"3人の建築家が互いについて書き、新建築『住宅特集』2017年6月号に掲載された論文「人間と建築」。トークシリーズの最後は、同じ3人がもう一度集い、この展覧会と「建築」を改めて問う夜。"
イベント概要
会場
TOTOギャラリー・間
港区南青山1-24-3 TOTO乃木坂ビル 3F
定員
各回50名
参加方法
事前申し込み制/入場無料
※申し込み先着順受付。定員になり次第、受付を締め切らせていただきます。

お問合せ
TOTOギャラリー・間
TEL.03-3402-1010
ご注意事項
※プログラムは予告なく変更することがございます。
※展覧会場内での開催となります。トーク開催中は一部の展示がご覧いただけません。
※お座席は自由席となります。尚、お座席数には限りがございますので、立ち見となる場合がございます。
※ギャラリートーク中の撮影、録音はご遠慮願います。
ギャラリートーク ゲストプロフィール
江口宏志(えぐち ひろし)
蒸留家。ブックショップの経営やアートブックフェアの運営に関わった後、2015年に蒸留家へと転身し、2018年に千葉県大多喜町の元薬草園を改修し、果物や植物を原料とする蒸留酒、オー・ド・ビーを製造する「mitosaya 薬草園蒸留所」をオープンした。
WEBサイト mitosaya.com
山野英之(やまの ひでゆき)
グラフィックデザイナー。奈良県生まれ。京都工芸繊維大学大学院修士課程修了。2009年、デザイン事務所 TAKAIYAMA inc. 設立。書籍、広告、ブランドデザイン、建築サインなど、平面から空間まで、グラフィックデザインを軸に活動。
個人の制作として「クソバッジ」、「B.C.G」、「ALL FREE」、「YAMANOMAX90」、「UHS-α」など。
WEBサイト takaiyama.jp
藤原徹平(ふじわら てっぺい)
建築家。横浜国立大学大学院Y-GSA准教授、フジワラテッペイアーキテクツラボ主宰、一般社団法人ドリフターズインターナショナル理事。 1975年横浜生まれ、横浜国立大学大学院修士課程修了2001年~隈研吾建築都市設計事務所勤務、設計室長・パートナーを経て2012年退社。2012年より現職。一般社団法人ドリフターズインターナショナル理事、宇部ビエンナーレ審査員・展示委員・運営委員。
主な作品に「等々力の二重円環」、「代々木テラス」、「稲村の森の家」、「2017横浜トリエンナーレ会場デザイン」、「那須塩原市まちなか交流センター」など。著書に『7inch Project〈#01〉TeppeiFujiwara』(ニューハウス出版、2012年)、共著に『アジアの日常から』(TOTO出版、2015年)、『応答 漂うモダニズム』(左右社、2015年)など。受賞に横浜文化賞 文化・芸術奨励賞 日本建築士会連合賞奨励賞、東京都建築士会住宅建築賞、日本建築学会作品選集新人賞など。
安藤桃子(あんどう ももこ)
映画監督。1982 年、東京都生まれ。2010 年『カケラ』で監督・脚本デビュー。2011 年、初の長編小説『0.5 ミリ』を出版。同作を監督、脚本し、第39回報知映画賞作品賞、第69回毎日映画コンクール脚本賞、第18回上海国際映画祭最優秀監督賞などその他多数の賞を受賞。2018年 ウタモノガタリ CINEMA FIGHTERS project『アエイオウ』監督・脚本。
高知県の映画館「ウィークエンドキネマM」代表。「表現集団・桃子塾」、塾長。現在は高知県に移住し、チームと共に映画文化を通し、日本の産業を底上げするプロジェクトにも力を注いでいる。
また情報番組「news zero」ではゲストコメンテーターとしての出演や「ブレスラボ」のCM出演、自然派化粧品「江原道」のイメージキャラクターを務めるなど、活動の幅を広げている。

©Ittetsu Matsuoka
有坂 塁(ありさか るい)
移動映画館キノ・イグルー主宰。
2003年に渡辺順也とともにキノ・イグルーを設立。 東京を拠点に全国のカフェ、パン屋、酒蔵、美術館、 無人島などで、世界国の映画を上映している。2016年からは映画カウンセリング「あなたのために映画をえらびます」や、思いついた映画を毎朝インスタグラムに投稿する「ねおきシネマ」をおこなうなど、自由な発想で映画の楽しさを伝えている。
WEBサイト http://kinoiglu.com
Instagram @kinoiglu
濱口竜介(はまぐち りゅうすけ)
映画監督。1978 年、神奈川県生まれ。2008 年、東京藝術大学大学院映像研究科修了制作『PASSION』が国内外の映画祭に出品され高い評価を得る。その後も、震災後の東北を写した記録映画『なみのおと』、『なみのこえ』、『うたうひと』(共同監督:酒井耕)、5 時間を超える長編ドラマ『ハッピーアワー』(2015年)など、地域やジャンルをまたいだ精力的な制作活動を続けている。2018 年、カンヌ国際映画祭コンペティション部門にも出品された最新作『寝ても覚めても』は世界各国で公開された。
菅原 敏(すがわら びん)
詩人。2011年、アメリカの出版社PRE/POSTより詩集『裸でベランダ/ウサギと女たち』で逆輸入デビュー。執筆活動を軸に、異業種とのコラボレーション、ラジオやテレビでの朗読、欧米やロシアでの海外公演など広く詩を表現。Superflyや合唱曲への歌詞提供、美術家とのインスタレーションなど、音楽やアートとの接点も多い。現在は雑誌「BRUTUS」、「COZIKI」他で連載。近著『かのひと 超訳世界恋愛詩集』(東京新聞出版局、2017年)。東京藝術大学デザイン科 非常勤講師。
WEBサイト http://sugawarabin.com/
岡田栄造(おかだ えいぞう)
京都工芸繊維大学教授、KYOTO Design Labラボラトリー長。デザインディレクターとしてグッドデザイン賞、Red Dot賞など受賞。編著書に『海外でデザインを仕事にする』(学芸出版社、2017年)など。

©Michinori Aoki
野口順哉(のぐち じゅんや)
音楽家。1985年東京都生まれ。早稲田大学教育学部卒。2006年、在学中にバンド「空間現代」を結成。ギターボーカルとして作曲に携わるほか、作詞も行う。2009年にレーベルHEADZより1stアルバムをリリースして以降、精力的にライブ活動を続ける。2016年からは活動拠点を京都に移し、空間現代のスタジオ兼ライブハウス「外」を左京区錦林車庫前に開場。
佐々木敦(ささき あつし)
批評家。HEADZ主宰。芸術文化の諸ジャンルを貫通する批評活動を行なっている。
著書多数。近著として『アートートロジー』(フィルムアート社、2019年)、『新しい小説のために』(講談社、2017年)、『筒井康隆入門』(星海社、2017年)など。
HEADZから「空間現代」の作品をリリース。『例外小説論―「事件」としての小説』(2016年)所収の「はじめての小説論」で中山英之に言及した。
石上純也(いしがみ じゅんや)
建築家。1974年生まれ、神奈川県出身。東京藝術大学大学院修士課程修了後、妹島和世建築設計事務所を経て、2004年石上純也建築設計事務所を設立。2009年に日本建築学会賞(作品)、BCS賞(建築業協会賞特別賞)、2010年にはヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展金獅子賞および毎日デザイン賞、2019年に芸術選奨文部科学大臣新人賞(美術部門)など、数々の賞を受賞。現在、モスクワ科学技術博物館の増改築やシドニー再開発の新モニュメントに選ばれるなど、世界各国で活躍中。
長谷川豪(はせがわ ごう)
建築家。1977年埼玉県生まれ。2002年東京工業大学大学院修士課程修了。西沢大良建築設計事務所勤務後、2005年長谷川豪建築設計事務所設立。2015年東京工業大学大学院博士課程修了 (工学博士)。東京工業大学非常勤講師、メンドリジオ建築アカデミー客員教授、オスロ建築デザイン大学客員教授、カルフォルニア大学ロサンゼルス校客員教授を歴任。現在ハーヴァード大学デザイン大学院(GSD)客員教授。主な受賞にSD Review 2005鹿島賞、東京建築士会住宅建築賞金賞、第24回吉岡賞、AR Design Vanguard2014など。近刊に『El Croquis 191, Go Hasegawa 2005-2017』。
映画上映会 作品紹介
第4回:6月28日(金)18:30~20:30(予定)映画上映会「ウィークエンドキネマMの夜」にて上映
『椿山 焼畑に生きる』(1977年 日本 95分)
監督:姫田忠義
内容:焼畑とは森林もしくは草地などを刈払い、その土地の地力と、火を入れ焼いた灰を肥料として作物をつくる農耕法。高知県池川町椿山の焼畑は、前年の夏に木を伐って春に焼く「春山」と、夏に木を伐ってすぐ焼く「夏山」とがある。3年から5年作物をつくって山に返し、20~30年の周期でもとの場所に帰る。その様子をおさめた記録映像。キネマ旬報 文化映画ベストテン2位。
©民族文化映像研究所
©民族文化映像研究所
第5回:7月5日(金)18:30~20:30(予定)映画上映会「キノ・イグルーの夜」にて上映
『冬の光』(1963年 スウェーデン 82分)
監督:イングマール・ベルイマン
出演:グンナール・ビョーンストランド、マックス・フォン・シドー
内容:『鏡の中にある如く』、『沈黙』とともに"神の沈黙"三部作。主人公の牧師の苦悩を通して、「神の不在」を描き出す。信者の男が終末への恐怖から自殺するが、牧師はただ祈ることしかできない。神は何故沈黙したままなのか?
これを最高傑作とする声も多い、自伝的要素を色濃く反映したベルイマン入魂の作品。
TOTO出版関連書籍