レンジフード

印刷する

作業方法のご紹介後に各ページの内容のアンケートを設置しております。是非ともご協力ください。

キレイで快適なキッチンのためのおそうじのコツを紹介します。
知りたいお掃除の方法をクリックしてください。

クイックおそうじ

キッチンのやっかいな汚れといえば、なんといっても油汚れ。でもこまめにお手入れをすれば、洗剤など使わなくても汚れは落とせます。環境にも優しく肌荒れの心配もない。加えて台所はいつもピカピカ。

ポイント

  • 汚れが固まらないうちに
  • 使い終わったら、その手でさっと
  • 仕上げはから拭きで

ていねい

汚れが気になりだしたら、いつもより丁寧に。素材に合わせた道具や洗剤を使って効果を高めましょう。

フィルター

1.フィルターを取り外し、ぬるま湯でぬらした歯ブラシかレールブラシでこすります。

2.スポンジに台所用中性洗剤を含ませ、仕上げ磨きをします。

3.ぬるま湯で濡らして軽く絞った布で、フード内側や外側も拭いておきます。

さらにていねい

手の届きにくいところや時間のかかる場所にも、年に1~2度は家族みんなでチャレンジしましょう。すみずみまでキレイなことが実感出来れば、日頃から汚さないようにもなるはずです。

取り外せる部分

製品によって取り外せる部分が異なりますので、作業の前に必ず取扱説明書などをご覧ください。

1.電源を切り、換気扇やシロッコファン、整流板、オイルパックなどを取り外します。

2.ぬるま湯をかけて汚れをゆるめ、台所用中性洗剤をつけてスポンジで拭きます。

3.落ちにくい汚れは歯ブラシにクリームクレンザーをつけてこすります。

取り外せない部分

1.ぬるま湯につけて固く絞った布で拭きます。

2.しばらく放置し、台所用中性洗剤をぬるま湯で薄めて固く絞った布で拭きます。

3.水拭き、から拭きの順で仕上げます。

  • お手入れは、必ず電源を切ってから行いましょう。
  • 製品によって取り外せる部分が異なりますので、作業の前に必ず取扱説明書などをご覧ください。
  • モーター部分には、水や洗剤を絶対かけないでください。故障の原因になります。
  • 強い洗剤の「つけ置き」洗いには要注意。アルミ部分やフッ素コーティングの部品、フード本体の塗装はアルカリ性系の洗剤が苦手です。
    布に含ませて拭く程度ならあとで水拭きすれば大丈夫ですが、長時間つけ置きすると変色したり、塗装がはげてしまうことがあります。
  • ファンを取り外した状態でフードを運転させないでください。モーターの故障の原因となります。ファン装着時は、カチッと音がするまで差し込んでください(ワンタッチファンの場合)。少しひっぱり、外れないことを確認してください。

主なレンジフードの種類

シロッコファンフード

マンションなどでよく使われているタイプ。円筒形の羽根で煙を押し出します。内側に油汚れが付きにくいようフィルターをセットして使用します。

換気扇フード

換気扇に煙を効率よく集めるためフードをかぶせたもの。内側が汚れにくいようにフィルターをセットして使います。

ノンフィルターフード

フィルターをなくし、煙中の油分をオイルパックに溜めて処理するタイプ。

スーパークリーンフード

フィルターをなくし、煙中の油分をオイルパックに溜めて処理するタイプ。凹凸が少なく、拭きやすい形状になっています。

Share

CLOSE