便座ががたつく
ウォシュレット・ウォームレット

印刷する

作業方法のご紹介後に各ページの内容のアンケートを設置しております。是非ともご協力ください。

便座ががたつくトラブルが発生した時の対処法をお教えいたします。

故障?と思うその前のセルフチェック

まずは、便座を立てて便座の下を見てみましょう。

便器と接する部分に、何かありませんか?

ゴミなどが便座の下部や便器のふちに貼りついていると、高さが合わずにがたついている印象を与えることがあります。ゴミなどを取り除いてみてください。

便器と接する部分のクッション材がとれていませんか?

便座と便器が接する部分のクッション材がはがれていたりすると、高さが合わずにがたついている印象を与えることがあります。はがれたクッション材を取り付け、便器との接点の高さを調整しましょう。

原因検索チェック

お使いの機種が分からない方は「製品品番一覧を見る」でご確認ください。

  • ウォシュレット・ウォームレット
  • 普通便座

お使いの機種がウォシュレット・ウォームレットの場合

(一部の商品にはナット締付式タイプもございます。普通便座でご確認願います。)

    まずは製品本体から便器を取り出しましょう

Check1 ベースプレートのねじが緩んでいませんか?

ねじが緩んでいる

原因はベースプレートのねじが緩んでいることが考えられます。

作業開始

ベースプレートが便器にあたるまでボルトをしっかりと締めてください。

作業完了

これで修理・調整のステップは完了です。掲載内容はお役に立ちましたか?
みなさまのお役に立てるよう、ご意見をもとに改善してまいります。このページの掲載内容についてアンケートにご協力ください。

Check2 ベースプレートの両サイドのツメ部は破損していませんか?

ツメ部が破損している

原因はベースプレート両サイドのツメ部の破損が考えられます。破損がある場合はベースプレートを交換する必要があります。

作業開始

ベースプレートのツメ部に破損がある場合は、ベースプレートを交換しましょう。

作業完了

これで修理・調整のステップは完了です。掲載内容はお役に立ちましたか?
みなさまのお役に立てるよう、ご意見をもとに改善してまいります。このページの掲載内容についてアンケートにご協力ください。

交換する部品 : ベースプレート

Check3 ウォシュレット本体のツメ部が破損していませんか?

本体ツメ部が破損している

原因はウォシュレット本体のツメ部の破損が考えられます。破損している場合はウォシュレット内部の交換となりますのでTOTOメンテナンスまで修理依頼をお願いいたします。

Check4 ウォシュレットヒンジ部が破損していませんか?

ウォシュレットヒンジ部が破損している

原因はウォシュレットヒンジ部の破損が考えられます。破損している場合はヒンジサポートを交換する必要があります。

作業開始

ヒンジサポートの交換を行いましょう。

作業完了

これで修理・調整のステップは完了です。掲載内容はお役に立ちましたか?
みなさまのお役に立てるよう、ご意見をもとに改善してまいります。このページの掲載内容についてアンケートにご協力ください。

交換する部品 : ヒンジサポート

このような時は修理依頼もしくはお買い替えをお願いします

  • 水漏れしている・いつも製品に水滴がついている

    水漏れしている・いつも製品に水滴がついている

  • 便座の温度の調整ができない(異常に熱い)

    便座の温度の調整ができない(異常に熱い)

  • 便座や陶器に割れ、ひびが入っている

    便座や陶器に割れ、ひびが入っている

最新のトイレの快適さをご覧ください

新製品のご購入やリフォームのご検討にお役に立つページをご紹介しています。

新製品のご購入やリフォームのご検討にお役に立つページをご紹介しています。

Share

CLOSE