TOTO

アーキテクテン・デ・ヴィルダー・ヴィンク・タユー展 ヴァリエテ/アーキテクチャー/ディザイア

アーキテクテン・デ・ヴィルダー・ヴィンク・タユー展
ギャラリートーク 「LIFE / CURATION / MISUNDERSTANDING」
アーキテクテン・デ・ヴィルダー・ヴィンク・タユー(以下、ADVVT)作品やベルギーと縁のある建築家 黒川彰さんをナビゲーターに、多彩なゲストをおむかえして、ADVVT作品を読み解いていきます。
ナビゲーター黒川彰氏からのメッセージ  LIFE / CURATION / MISUNDERSTANDING
2012年の夏、ベルギーのブリュッセルの設計事務所で働いていたときに、ヤン・デ・ヴィルダーの案内のもとADVVTが設計した2つの建物(*1) を見学する機会をいただきました。衝撃を受けました。色使いや部材の取り合いについて説明するヤンの真剣な表情と、理解が進むほどに、どんどんわからないことが増えていく感覚のギャップ。もっと知りたくなるワクワク感。そして、理解することを諦めて、このワクワクそのものに満足してしまいたくなる怠惰な幸福感。建築の重要な喜びに出会えた経験でした。

  みなさんにとって、今回のADVVT展はどのような経験になるでしょうか?
自分の探究とのリンクはありましたか?新しい問い、喜び、wendung(*2)は見つかりましたか?

  この連続トークイベントは、彼らの設計から具体的な学びを得る機会にしたいと思います。そのために、日本の作家をお招きし、その視点からADVVTについて議論を深めてゆきたいと考えています。 何を学び取れるかはひとそれぞれまったく異なると思います。誤読を楽しみ、わからないことを尊ぶ、創造的な時間を過ごしましょう。


テーマ
[LIFE] どのような社会背景の中で成立し、新しい生活像を以てどのように社会に働きかけているのか――もしくは、いないのか。

[CURATION] そこにある物理的な状況をどう観察・評価・選択し、新旧の要素を再配置するのか。

[MISUNDERSTANDING] どのように決め、裏切り、統合するのか。理解と失認の果てになにがあるのか。
ナビゲーター
黒川 彰(建築家 / Sho Kurokawa architects)
*1  バレエ団 C de la Bと音楽劇場LOD (ゲント, 2008) とトネルハウス・スヘルメンハウス64 (アントワープ, 2009)
*2 wendung…「転換」「ねじれ」などを意味するドイツ語。
開催日時、出演者
第1回:10月18日(金)18:30 - 20:30 開催終了 トークイベント「LIFE - 生き方、立ち向い方」
会場:TOTO乃木坂ビルB1F セラトレーディングショールーム
出演:塚本由晴有岡果奈 × ヤン・デ・ヴィルダー
進行:黒川 彰
言語:英語
申込期間: 9月24日(火)~ ※定員になり次第〆切
第2回:10月31日(木)18:30 - 20:30 開催終了 トークイベント「CURATION - 見方、選び方、置き方」
会場:TOTO乃木坂ビルB1F セラトレーディングショールーム
出演:青木弘司篠原勲
進行:黒川 彰
言語:日本語
申込期間: 10月21日(月)~ ※定員になり次第〆切
第3回:11月15日(金)18:30 - 20:30 トークイベント「MISUNDERSTANDING - 作り方、変え方、壊し方」
会場:TOTO乃木坂ビルB1F セラトレーディングショールーム
出演:村山徹松島潤平
進行:黒川 彰
言語:日本語
申込期間: 10月21日(月)~ ※定員になり次第〆切
お申込みはこちら
(クリックで申込みフォームが立ち上がります)
ナビゲータープロフィール
黒川 彰(くろかわ しょう)
建築家
1987年東京都生まれ。慶應義塾大学環境情報学部を2009年に卒業し、渡欧。ベルギーのOFFICE Kersten Geers David Severenでの勤務を経て、2014年にスイスイタリア語圏大学メンドリジオ建築アカデミーを修了。同年にSho Kurokawa architectsを設立し、建築・家具・プロダクトのデザインをおこなう。2018年に日本とスイスの文化交流プラットフォームとして一般社団法人 日瑞建築文化協会 (JSAA) を立ち上げ展覧会や講演会の企画を行なう。2019年より慶應義塾大学非常勤講師。
Sho Kurokawa architectsとしての主な作品に障がい者就労支援事業所「Employment support center」(大船渡, 2017)やレストラン「OND」(中目黒, 2019)など。JSAAとしての主な企画に「クリスト&ガンテンバイン展 - The Last Act of Design」(代官山ヒルサイドフォーラム,2019)など。
shokurokawa.net | js-aa.org

©Xia_Shuliang
出演者プロフィール
第1回ゲスト
塚本由晴(つかもと よしはる)
建築家。1965年生まれ。1987年東京工業大学工学部建築学科卒業。1987~88年パリ・ベルビル建築大学、特別聴講生。1992年貝島桃代とアトリエ・ワン設立。1994年東京工業大学大学院博士課程修了。Harvard GSD、UCLA、The Royal Danish Academy of Fine Arts、Barcelona Institute of Architecture,Cornel University、Rice University、TU Delftなどで客員教授を歴任。現在、東京工業大学大学院教授。
有岡果奈(ありおか かな)
建築家。1996年早稲田大学理工学部応用物理学科卒業、2003年ヴェネチア建築大学建築学部卒業。Bernardo Secchiに師事し、アントワープのPark Spoor Noordプロジェクト・リーダーを務める。帰国後はアトリエ・ワン勤務。2007年に有岡建築都市設計設立後は、アーバニストとして主に国内の公共空間設計に関わる。現在、ブリュッセル在住。51N4Eを経て、アーキテクテン・デ・ヴィルダー・ヴィンク・タユーのシニア・アーキテクト。EU政府公認建築士、現在千葉大学非常勤講師。
第2回ゲスト
青木弘司(あおき こうじ)
建築家。1976年北海道生まれ。2001年北海学園大学工学部建築学科卒業。2003年室蘭工業大学大学院修了。2003〜11年藤本壮介建築設計事務所勤務。2011年青木弘司建築設計事務所設立。2014〜15年東京理科大学非常勤講師。2015〜17年東京大学非常勤講師。2018年青木弘司建築設計事務所を改組、合同会社AAOAA一級建築士事務所設立。現在、武蔵野美術大学、東京造形大学、前橋工科大学非常勤講師。
篠原勲(しのはら いさお)
建築家。1977年愛知県生まれ。2003年慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了。2003〜13年SANAA 勤務。2008年今村水紀とmiCo.設立。現在、慶応義塾大学、女子美術大学、東京理科大学、昭和女子大学非常勤講師。
第3回ゲスト
村山徹(むらやま とおる)
建築家。1978年生まれ。2004年神戸芸術工科大学大学院修士課程修了。2004~12年青木淳建築計画事務所。2010年加藤亜矢子とムトカ建築事務所設立。主な作品に「ペインターハウス」「小山登美夫ギャラリー」「天井の楕円」など。現在、関東学院大学研究助手。
松島潤平(まつしま じゅんぺい)
建築家。1979年長野県生まれ。2002年東京工業大学建築学科卒業。2005年東京工業大学大学院建築学専攻修士課程修了。2005年~隈研吾建築都市設計事務所勤務。2011年~松島潤平建築設計事務所主宰。2016年~芝浦工業大学非常勤講師。2019年~東京大学非常勤講師。主な受賞に「2015年度グッドデザイン賞」「2016年日本建築学会作品選集新人賞」等。
TOTO出版関連書籍
著者=アーキテクテン・デ・ヴィルダー・ヴィンク・タユー