ウォシュレット

印刷する

作業方法のご紹介後に各ページの内容のアンケートを設置しております。是非ともご協力ください。

キレイで快適なトイレのためのおそうじのコツを紹介します。
知りたいお掃除の方法をクリックしてください。

クイックおそうじ

トイレの「キレイ」を保つには、汚れに気づいたらその場でおそうじが一番です。きれいを保つために、汚れをためない、そのままにしない。それが「クイックおそうじ」。

ポイント

  • トイレに入ったついでに、さっとお手入れ
  • 家族の協力を得て、汚したときにはすぐにおそうじを
  • おそうじ道具はみんなの取りやすいところに

ふだん

使った後や、気がついたときにサッとでも、1日1回と決めてでもOK。汚れをためないことを習慣にすれば、おそうじはもっと簡単になります。

1.水で濡らして十分に絞った柔らかい布に、薄めた台所用中性洗剤をつけて便座の表面を拭きます。

水で濡らして十分に絞った柔らかい布に、薄めた台所用中性洗剤をつけて便座の表面を拭きます。

2.同様に便ふたの表裏を拭きます。

同様に便ふたの表裏を拭きます。

3.便座の裏側や便器との取付面を拭きます。

便座の裏側や便器との取付面を拭きます。

4.早め(3分以内)に全体を水拭きして仕上げます。便座と便ふたは、しばらく開けたままにしておきます。

  • ウォシュレットやウォームレットには、電子部品が入っていますので水をかけるのは厳禁です。
  • プラスチック素材が使われているため、酸性やアルカリ性の洗剤で拭くと割れるおそれがあります。
  • 便器についた洗剤は確実に拭き取らないと、便器用洗剤などの気化ガスがウォシュレット本体内に入り、故障の原因になります。
  • 乾いた布で拭くと、静電気でホコリを吸いよせてしまいます。また、 便座・便ふたの表面に傷がつく場合があります。

ていねい

汚れが気になりだしたら、いつもより丁寧に。素材に合わせた道具や洗剤を使って効果を高めましょう。

ノズル・操作部

1.ノズルおそうじ機能付タイプのものは電源を入れ、「ノズルおそうじ入/切」スイッチを押し、ノズルを出します。

2.柔らかい布で水拭きします。ひどい汚れは、薄めた台所用中性洗剤を含ませた布で拭き取ります。このとき、ノズルの先端を無理に引っ張ったり、回したりしないようにします。

柔らかい布で水拭きします。ひどい汚れは、薄めた台所用中性洗剤を含ませた布で拭き取ります。このとき、ノズルの先端を無理に引っ張ったり、回したりしないようにします。

3.もう一度「ノズルおそうじ入/切」スイッチを押し、ノズルを収納します。

4.操作部などの細かい部分の汚れは、綿棒か割り箸に布を巻いたものに、薄めた台所用中性洗剤をつけて拭き、水拭で仕上げます。

操作部などの細かい部分の汚れを割り箸に布を巻いたものに、薄めた台所用中性洗剤をつけて拭き、水拭で仕上げるイラスト 操作部などの細かい部分の汚れを綿棒に薄めた台所用中性洗剤をつけて拭き、水拭で仕上げるイラスト

リモコン

液晶部分にホコリがつくと、表示が見えにくく操作しにくくなります。ホコリが目立ってきたら、さっと水拭きするようにしましょう。スイッチを押しても反応がないときは、まず電池を交換してみてください。

液晶部分にホコリがつくと、表示が見えにくく操作しにくくなります。ホコリが目立ってきたら、さっと水拭きするようにしましょう。スイッチを押しても反応がないときは、まず電池を交換してみてください。

脱臭フィルター

便座の裏には脱臭フィルターが付いています。効率良くニオイを吸収するためにも、月1回はおそうじしてください。
(取り外し方は取扱説明書をご覧下さい。)

1.付着した汚れは歯ブラシでこすり落とすようにすると簡単に取れます。

2.汚れがひどい場合は、水洗いしてから、水気を完全に拭き取ります。水気が残っていると、ホコリがつきやすくなりますので注意してください。

付着した汚れは歯ブラシでこすり落とすようにすると簡単に取れます。汚れがひどい場合は、水洗いしてから、水気を完全に拭き取ります。水気が残っていると、ホコリがつきやすくなりますので注意してください。

さらにていねい

手の届きにくいところや時間のかかる場所にも、年に1~2度は家族みんなでチャレンジしましょう。すみずみまでキレイなことが実感出来れば、日頃から汚さないようにもなるはずです。

便座・便ふたのすき間

1.便座・便ふた着脱で取り外します。取り外し方は取扱説明書をご覧ください。

2.便座・便ふたの本体取付部の間はホコリがたまりやすいところです。水で濡らして十分に絞った柔らかい布に、薄めた台所用中性洗剤をつけて拭き、水拭きで仕上げます。細かいところは、綿棒か割り箸に布を巻いたものを使います。

3.同様に、ホコリがたまりやすい便ふたのフチを拭きます。

  • 「便座・便ふた着脱」「本体着脱」は、機能付のみとなります。

本体と便器のすきま

ホコリや汚れがたまりやすい部分です。本体ワンタッチ着脱機能のものは、簡単に外してお手入れできます。

1.本体着脱ボタンを押して、本体を前面に引いて外します。取り外し方は取扱説明書をご覧ください。

本体着脱ボタンを押して、本体を前面に引いて外します。取り外し方は取扱説明書をご覧ください。1

本体着脱ボタンを押して、本体を前面に引いて外します。取り外し方は取扱説明書をご覧ください。2

2.便座取付面は、小水が入り込んで黄ばんだ汚れがつき、悪臭の原因になりやすいところです。水で濡らして十分に絞った柔らかい布に、薄めた台所用中性洗剤をつけて拭き、水拭きで仕上げます。

便座取付面は、小水が入り込んで黄ばんだ汚れがつき、悪臭の原因になりやすいところです。水で濡らして十分に絞った柔らかい布に、薄めた台所用中性洗剤をつけて拭き、水拭きで仕上げます。

3.便座とタンクの間や便座裏側も同様に拭きます。

便座とタンクの間や便座裏側も同様に拭きます。

4.ウォシュレット本体の中心と便器の上にある取付プレートの中心を合わせ、便器面に本体をすべらすように押し込みます。「カチッ」と音がしたら取付完了です。

Share

CLOSE