便器・タンク

印刷する

作業方法のご紹介後に各ページの内容のアンケートを設置しております。是非ともご協力ください。

キレイで快適なトイレのためのおそうじのコツを紹介します。
知りたいお掃除の方法をクリックしてください。

クイックおそうじ

トイレの「キレイ」を保つには、汚れに気づいたらその場でおそうじが一番です。きれいを保つために、汚れをためない、そのままにしない。それが「クイックおそうじ」。

ポイント

  • トイレに入ったついでに、さっとお手入れ
  • 家族の協力を得て、汚したときにはすぐにおそうじを
  • おそうじ道具はみんなの取りやすいところに

ふだん

使った後や、気がついたときにサッとでも、1日1回と決めてでもOK。汚れをためないことを習慣にすれば、おそうじはもっと簡単になります。

1.便器の内側
トイレ用ブラシでこすります。こびりつきを防いで、輪ジミも予防。フチ裏も忘れずにこすりましょう。

便器の内側

2.便座
十分に絞った柔らかい布(またはウェットぞうきん)で、肌に触れる部分から拭きます。

便座

3.タンク、便ふた
次に、汚れの比較的軽いところを拭きます。

タンク、便ふた

4.便器の外側、便座の裏
小水が飛び散りやすい便器の外側や便座の裏を拭きます。

便器の外側、便座の裏1

便器の外側、便座の裏2

  • 便器そうじに使った洗剤がうっかりウォシュレット(プラスチック)部についてしまったときは、水で濡らした布でしっかり拭き取ってください。

ていねい

汚れが気になりだしたら、いつもより丁寧に。素材に合わせた道具や洗剤を使って効果を高めましょう。

  • 市販の家庭用洗剤であれば、酸性・中性・アルカリ性を問わずご使用になれますが、研磨剤入り洗剤や業務用強酸性・強アルカリ性洗剤には、陶器表面を傷つけたり、侵したりするものがありますので、使用しないでください。便座がウォシュレットの場合は、早め(3分以内)に洗い流した後、便座・便ふたは開けたままにしておいてください。また、便器についた洗剤は確実にふき取ってください。(便器用洗剤などの気化ガスがウォシュレット本体内に入り、故障の原因になります)

便器の裏側

とくにフチ裏は、飛び散った汚物が付着して、とくに汚れがたまりやすいところです。洗い残しがあるとガンコな黄ばみや黒ずみになってしまいます。

1.トイレ用中性洗剤をトイレ用ブラシにつけ、内側・フチ裏をこすり洗いします。フチ裏にとどきにくいブラシの場合は、靴用ブラシで傷つけないようにやさしく洗います。

トイレ用中性洗剤をトイレ用ブラシにつけ、内側・フチ裏をこすり洗いします。フチ裏にとどきにくいブラシの場合は、靴用ブラシで傷つけないようにやさしく洗います。

2.柔らかい布に、トイレ用中性洗剤をつけて、フチの内側を拭きます。

柔らかい布に、トイレ用中性洗剤をつけて、フチの内側を拭きます。

3.水で濡らして十分に絞った布で洗剤成分を拭き取ります。

水で濡らして十分に絞った布で洗剤成分を拭き取ります。

タンク

1.汚れは衣服などから出るホコリが原因です。水に濡らして十分に絞った布に、トイレ用中性洗剤をつけ、全体を拭きます。ついでに給水金具も拭いておきます。

2.仕上げに、十分に絞った布で水拭きします。

汚れは衣服などから出るホコリが原因です。水に濡らして十分に絞った布に、トイレ用中性洗剤をつけ、全体を拭きます。ついでに給水金具も拭いておきます。仕上げに、十分に絞った布で水拭きします。

手洗器・水栓金具

1.止水栓を閉めてレバーでタンクの水を流して水が出てこないことを確認します。次にホコリやゴミ、後に使う洗剤がタンクの中に入らないようにタンクふたを外します。

まず十分に絞った布で、ホコリやゴミを取り除きます。そのとき、タンク内にホコリなどを落とさないように注意してください。 まず十分に絞った布で、ホコリやゴミを取り除きます。そのとき、タンク内にホコリなどを落とさないように注意してください。

2.手洗い金具を外します。
※取り付けの順番があるので覚えておきましょう。

まず十分に絞った布で、ホコリやゴミを取り除きます。そのとき、タンク内にホコリなどを落とさないように注意してください。

3.トイレ用中性洗剤をスポンジにつけて洗います。頑固な汚れのときはTOTOきらりあ水栓金具用蛇口まわりのクリーナーをラップを丸めたものにつけて擦ると頑固な汚れも取れやすくなります。

まず十分に絞った布で、ホコリやゴミを取り除きます。そのとき、タンク内にホコリなどを落とさないように注意してください。

4.フタに付着した洗剤成分を水拭きできれいに取り去り、その後乾いたタオルで拭いてください。

トイレ用中性洗剤をスポンジに取って洗います。それでも落ちない場合は、TOTOきらりあ水栓金具用蛇口まわりのクリーナーを使います。1

5.外した順番と逆の手順で手洗い金具をタンクふたにセットしましょう。

外した順番と逆の手順で手洗い金具をタンクふたにセットしましょう

6.タンクふたを図のように合わせて差し込んでセットしましょう。

外した順番と逆の手順で手洗い金具をタンクふたにセットしましょう

  • タンクふたやタンク内部の掃除には、酸性・アルカリ性洗剤は使用しない。
    タンクふたやタンク内部の掃除には、酸性・アルカリ性洗剤は使用しない。
  • 芳香洗浄剤なども使用しない。
    芳香洗浄剤なども使用しない。

タンク内部は、樹脂製やゴム製の器具を多く使用しておりますので、酸性・アルカリ性洗剤や芳香洗浄剤は器具を傷め止水不良などの不具合や水漏れして家財などをぬらす財産損害発生のおそれがあります。

  • タンクのふたを外して内部を見た写真(タンク品番により構造は異なります)

●タンク・手洗器が樹脂製の場合は、便座・便ふたと同じお手入れを。

さらにていねい

手の届きにくいところや時間のかかる場所にも、年に1~2度は家族みんなでチャレンジしましょう。すみずみまでキレイなことが実感出来れば、日頃から汚さないようにもなるはずです。

普通便座

便座とタンクのすきまはホコリや汚れがたまりたすい場所。下の図を参考に、ナットをTOTO便座締付工具[TCZ2]などで外し、便座と便ふたを真上に持ち上げて取り外します。取付具にはいろいろなタイプがありますが、外し方の基本は同じです。

1.水で濡らした柔らかい布を十分に絞り、トイレ用中性洗剤、または薄めた台所用中性洗剤をつけて底面と便器(取付面)の汚れを取り除き、水拭きして仕上げます。

2.便座と便ふたをはめ、ナットや取付具を元通りに締め直します。

Share

CLOSE