キャビネット

印刷する

キレイで快適なキッチンのためのおそうじのコツを紹介します。
知りたいお掃除の方法をクリックしてください。

クイックおそうじ

キッチンのやっかいな汚れといえば、なんといっても油汚れ。でもこまめにお手入れをすれば、洗剤など使わなくても汚れは落とせます。環境にも優しく肌荒れの心配もない。加えて台所はいつもピカピカ。

ポイント

  • 汚れが固まらないうちに
  • 使い終わったら、その手でさっと
  • 仕上げはから拭きで

ふだん

使った後や、気がついたときにサッとでも、1日1回と決めてでもOK。汚れをためないことを習慣にすれば、おそうじはもっと簡単になります。

1.カウンターなどを拭くついでに、扉を水拭き、から拭きします。

2.カビ予防のために、扉を開け放して風を通します。

ていねい

汚れが気になりだしたら、いつもより丁寧に。素材に合わせた道具や洗剤を使って効果を高めましょう。

1.ぬるま湯で薄めた台所用中性洗剤を布につけて拭きます。

2.お湯で固く絞った布で洗剤成分を拭き取り、から拭きします。

取っ手

1.台所用中性洗剤をかけ、ぬるま湯で固く絞った布で拭きます。

2.細かい部分は、割り箸に布を巻きつけ、台所用中性洗剤をつけてこすります。

3.水拭き、から拭きで仕上げます。

キャビネット内部

1.中のものを全部出し、レールブラシで隅々までゴミを取り除きます。

2.台所用中性洗剤を含ませて、固く絞った布で汚れを拭き取ります。こびりついた汚れがあるときは、クリームクレンザーでこすります。

3.洗剤成分が残らないように水拭きしてから、から拭きします。

4.中にものを戻すときには、調理器具やボトルの底なども拭いておきます。

引き出しトレー

1.中のものを全部出し、台所用中性洗剤を含ませたスポンジで洗います。仕切りの隅は、歯ブラシや綿棒を使うと便利です。

2.洗剤成分が残らないように水洗いし、乾いた布で水気を拭き取ります。

プラスチックの汚れ模様の原因は?

引き出しトレーなどのプラスチック製品には、使っているうちに縞模様のような汚れがつくことがあります。これは静電気によるホコリ。最近の住まいは密閉度が高く、静電気の起こりやすい環境にあるため、静電気でホコリ同士が呼び合って、汚れがつきやすくなっているのです。

Share

CLOSE