水栓金具のお掃除方法

印刷する

お客さまが使うことも多い洗面化粧台はいつもキレイにしておきたいものです。 そのためには、使ってすぐのおそうじが大切。
毎日ちょっとの積み重ねがたいへんなおそうじから解放される秘訣です。
簡単にキレイを保つ方法から汚れが気になりだしたときや、こびりついてしまったときの対処法まで、おそうじの仕方やヒントを紹介しています。

クイックおそうじ

洗面化粧台は湿気の多いところだけにホコリなどもつきやすく、そのうえ水あかや石けんかすなどもたまりやすくなります。でも、ついてすぐの汚れなら拭き取るだけでたいていの汚れは落ちます。

ふだん

使った後や、気がついたときにサッとでも、1日1回と決めてでもOK。汚れをためないことを習慣にすれば、おそうじはもっと簡単になります。

使うたびにから拭きしておけば、水栓が鈍くくすんでしまうこともありません。日頃のお手入れが、いちばん功を奏する場所です。

ていねい

汚れが気になりだしたら、いつもより丁寧に。素材に合わせた道具や洗剤を使って効果を高めましょう。

普通の水栓

1.TOTOきらりあ水栓金具用蛇口まわりのクリーナーをスポンジにつけ、水栓全体を磨きます。

2.水でTOTOきらりあ水栓金具用蛇口まわりのクリーナーを洗い流します。

3.乾いた布で磨き上げます。

シャンプー水栓

1.スポンジに台所用中性洗剤をつけ、ホースや取っ手を洗います。

2.水拭きして洗剤成分を取り除き、から拭きして仕上げます。

さらにていねい

手の届きにくいところや時間のかかる場所にも、年に1~2度は家族みんなでチャレンジしましょう。すみずみまでキレイなことが実感出来れば、日頃から汚さないようにもなるはずです。

シャンプー水栓の散水板

1.シャワーの散水板(網目)にゴミがたまると、水の出が悪くなることがあります。ネジがあるものは、ネジをゆるめて散水板を外します。ネジのないものは、散水板そのものを回して外します。

2.網目に詰まったゴミを歯ブラシでこすって落とします。

3.元の位置に戻します。

  • 必ずゴム手袋をはめて下さい。
  • 散水版をはずすときは、中の部品をなくさないように洗面ボウルの排水栓を閉めておきましょう。
  • 樹脂製の水栓はゴシゴシ磨くと傷がついて光沢を失うことも。やさしく磨きましょう。
Share

CLOSE