オート洗浄しない(シートタイプの場合)

印刷する

オート洗浄付きウォシュレットでオート洗浄できなくなるトラブルが発生した時の対処法をお教えします。

故障?と思うその前のセルフチェック

オート洗浄しない、でもそれは故障によるものではないかもしれません。
落ち着いて、まずは一度ご確認ください。

周囲で停電など起きていませんか?電源のブレーカーは落ちていませんか?

電気そのものが止まっていては動きません。復旧を待つか、ブレーカーを上げて電流を流してください。

オート洗浄条件は成立していますか?

オート洗浄条件が成立しなければ、自動洗浄されません。条件を確認してみてください。

  1. 便座に6秒以上座らないと自動的に便器洗浄しません。
  2. 立って小便をするとき陶器の前に6秒以上立たないと自動洗浄しません。
  3. 立って小便をするとき小便後便器から30cm以上はなれた後、3秒後に自動的に小洗浄します。(人体センサーで動作します)
  4. オート洗浄後約60秒間はオート洗浄できません。
  5. 便器の正面のドアや壁に飾り物をしているとオート洗浄できません。

オート洗浄しない原因を見つけましょう

お客様がお使いの機種ごとに、原因と思われる箇所を順番にチェックしていきましょう。該当する原因が分かったら、トラブルを解消してみましょう。

原因検索チェック

お使いのタイプが分からない方は「使用機種をチェック!」でご確認ください。

お使いの機種がシートタイプの場合

Check1 便器タンク側面のレバーハンドル操作で便器洗浄できていますか?

便器タンク側面のレバーハンドル操作で便器洗浄できていますか?

原因不明

原因はタンク内の鎖が外れているか、切れているなどタンク内部に問題がある可能性があります。
状況を詳しく見ないと判りませんので、TOTOメンテナンスへご連絡ください。

Check2 プラグは抜けていませんか?

プラグは抜けていませんか? プラグは抜けていませんか?

コネクタが抜けている

ウォシュレット本体を着脱した際に背面の便器洗浄用プラグが抜けている可能性があります。

Check3 着座センサーや人体検知センサーにほこりや水滴などが付着していませんか?

着座センサーや人体検知センサーにほこりや水滴などが付着していませんか?

センサー受信部が汚れている

原因はセンサーが汚れていて、
反応していない可能性があります。

Check4 「流す 入/切」スイッチを押し、中央の液晶画面が「入」になっていますか?

リモコン表示部に「流す」が表示されていますか?

「流す」に設定されていない

原因はリモコンの設定が「流す」設定になっていない可能性があります。

●万一、上記『Check1』~『Check4』の箇所を調べてみても解決しない場合は、TOTOメンテナンスへご連絡ください。

このような時は修理依頼もしくはお買い替えをお願いします

  • 水漏れしている・いつも製品に水滴がついている

    水漏れしている・いつも製品に水滴がついている

  • 便座の温度の調整ができない(異常に熱い)

    便座の温度の調整ができない(異常に熱い)

  • 便座や陶器に割れ、ひびが入っている

    便座や陶器に割れ、ひびが入っている

最新のトイレの快適さをご覧ください

新製品のご購入やリフォームのご検討にお役に立つページをご紹介しています。

新製品のご購入やリフォームのご検討にお役に立つページをご紹介しています。

Share

CLOSE