正常な流れ方を確認します

印刷する

トイレの正常な流れ方を紹介いたします。

Step1 正常な流れ方を確認してみましょう

便器の流れ方は大きく2つのタイプがあります。

  • 便・トイレットペーパーがある状態では、洗浄負荷により異なって見える場合がありますので、水のみの洗浄でご確認下さい。

手順を動画で見る

ネオレストNX(CS900*)

ネオレストAH・RH・DH(CS989 * )

ピュアレストEX(CS330 * )

ピュアレストQR(CS230 * )

GG・GG-800(CS870* )

フラッシュタンク式(CS497* )

故障? と思うその前のセルフチェック

2~3度洗浄を繰り返し、水たまり面の状態を観察して下さい。

水たまり面の判断に迷ったときには

ペットボトルやバケツなどで少量づつ水を足し、水たまり面が上昇しない(ほとんど動かない)場合は、正常な状態です。

Step2 便器のタイプを確認します

水たまり面が低いと洗浄不良や臭気漏れの原因となります。

  • ピュアレストシリーズ

  • GG・GG-800

    • リモコンで設定変更できる機種があります。
      「取扱説明書」でご確認下さい。
  • フラッシュタンク式大便器

Step3 設定を変更します

ピュアレストシリーズ

水たまり面に水が補給される(約500ml)設定に変更します。

  • 補給水もあわせて、大:4.8Lとする場合は、お求めの取付店、販売店にご連絡をお願いします。

1.タンクふたとカバーを外す

タンクふたとカバーをそれぞれ垂直に持ち上げてください。

2.切替レバー(赤)を手前に90°倒す

切り替えレバー(赤)

3.カバーとタンクふたを元に戻す

タンクふたとカバーを戻す。A部とB部をあわせて垂直に差し込む。

この設定を行うと、洗浄した際、約1分程度水が流れ続けるようになります。

フラッシュタンク式大便器

水たまり面に水が補給される(約400ml)設定に変更します。

1.ふた固定金具を外し、タンクふたと結露防止カバーを外す

タンクふたとカバーをそれぞれ垂直に持ち上げてください。

2.ノズルから出る水をオーバーフロー管の中に入れるため、ノズルの向きを変える

切り替えレバー(赤)

3.ふた固定金具を外し、結露防止カバーとタンクふたを元に戻し、ふた固定金具を取り付ける

タンクふたとカバーを戻す。A部とB部をあわせて垂直に差し込む。

作業完了

上記設定を行っても、時間が経つと、水たまりが低くなってしまうなど、症状が改善しない場合は、お求めの取付店、販売店にご連絡をお願いします。

このような時は修理依頼もしくはお買い替えをお願いします

  • 水漏れしている・いつも製品に水滴がついている

    水漏れしている・いつも製品に水滴がついている

  • 便座の温度の調整ができない(異常に熱い)

    便座の温度の調整ができない(異常に熱い)

  • 便座や陶器に割れ、ひびが入っている

    便座や陶器に割れ、ひびが入っている

最新のトイレの快適さをご覧ください

新製品のご購入やリフォームのご検討にお役に立つページをご紹介しています。

新製品のご購入やリフォームのご検討にお役に立つページをご紹介しています。

Share

CLOSE