水栓の予備知識

印刷する

水栓の予備知識について紹介しています。

水栓の種類としくみ

水栓には大きく4つのタイプがあります。
お使いの水栓が「単水栓」か「2ハンドル混合栓」なら、ほとんどの修理がご自分でできます。「シングルレバー混合栓」や「サーモスタット混合栓」は構造が複雑なので、内部までは触らないようにしてください。修理はお買い求めの販売店もしくは工事店または、TOTOメンテナンスまでご依頼ください。

種類と特長

注意)水栓のイラストは簡略化しています。

単水栓 (イメージ:T200SNR13)

横水栓、立水栓、自在水栓などいろいろな種類があります。
水栓のしくみは、ハンドルを左(反時計まわり)へまわすとスピンドルが上がり、こまと本体の弁座にすき間ができて吐水(水を出す)するものです。また、ハ ンドルを右(時計まわり)へまわすとスピンドルが下がり、こまを弁座に押しつけて止水(水を止める)します。

横水栓、立水栓、自在水栓などいろいろな種類があります。水栓のしくみは、ハンドルを左(反時計まわり)へまわすとスピンドルが上がり、こまと本体の弁座にすき間ができて吐水(水を出す)するものです。また、ハ ンドルを右(時計まわり)へまわすとスピンドルが下がり、こまを弁座に押しつけて止水(水を止める)します。

2ハンドル混合栓 (イメージ:TKG20B)

湯と水の2つのハンドルで温度と流量を調節する湯水混合栓です。
水栓のしくみは、単水栓と同じです。

湯と水の2つのハンドルで温度と流量を調節する湯水混合栓です。水栓のしくみは、単水栓と同じです。

シングルレバー混合栓 (イメージ:TKHG30)

ひとつのハンドル操作で吐水・止水ができます。レバーハンドルと連動したバルブによって、湯水の通水路の開閉を加減し、吐水量や湯温を調節するしくみです。操作が簡単なので、操作回数や片手での作業が多い台所におすすめです。

ひとつのハンドル操作で吐水・止水ができます。レバーハンドルと連動したバル ブによって、湯水の通水路の開閉を加減し、吐水量や湯温を調節するしくみです。操作が簡単なので、操作回数や片手での作業が多い台所におすすめです。

サーモスタット混合栓 (イメージ:TMHG40C)

給湯温度や水圧が突然変わっても、吐水温度をほぼ一定に保つ、自動温度調節機能付の水栓です。左側のハンドルで温度を設定すると、湯温の変化に応じてSMAコイルが伸縮し、湯水のバルブを動かして湯と水の量を調節します。吐水・止水、スパウト・シャワーの切替は、右側のハンドルで操作します。

給湯温度や水圧が突然変わっても、吐水温度をほぼ一定に保つ、自動温度調節機 能付の水栓です。左側のハンドルで温度を設定すると、湯温の変化に応じてSMAコイルが伸縮し、湯水のバルブを動かして湯と水の量を調節します。吐水・止 水、スパウト・シャワーの切替は、右側のハンドルで操作します。

部品の名称

一口に水栓といっても、内部には意外にたくさんの部品が入っています。 実際の修理・調節を始める前に、まず各部品の名前を確認しておきましょう。

単水栓

2ハンドル混合栓

※ノンライジング式:ハンドルを開いたとき、ハンドルの高さが変化しないタイプ

止水栓、水道の元栓の閉め方

修理する前には必ず、器具についている止水栓か水道の元栓を閉めてください。 うっかり閉め忘れて、修理中に水があふれて大変!なんてことにならないよう、普段から止水栓の位置や閉め方を覚えておきましょう。

作業に必要な工具

  • マイナスドライバー

    マイナス
    ドライバー

止水栓の閉め方

水まわりの器具には、たいてい止水栓というバルブが付いています(単水栓や一部の2ハンドル混合栓には止水栓がありません)。
止水栓は、マイナスドライバーで、右(時計まわり)にまわすと閉まり、左にまわすと開きます。(ハンドル式もあります)
台付水栓(デッキ水栓)の止水栓は、洗面器やカウンター下にあります。

水まわりの器具には、たいてい止水栓というバルブが付いています(単水栓や一部の2ハンドル混合栓には止水栓がありません)。止水栓は、マイナスドライバーで、右(時計まわり)にまわすと閉まり、左にまわすと開きます。(ハンドル式もあります)台付水栓(デッキ水栓)の止水栓は、洗面器やカウンター下にあります。

壁付水栓の止水栓は、器具本体と壁の間にある脚部に付いています。

壁付水栓の止水栓は、器具本体と壁の間にある脚部に付いています。

器具についている止水栓の役割

役割その1 修理時の水あふれ防止に

修理時にはあらかじめ閉めておき、思わぬ水もれのトラブルを防ぎます。

役割その2 水が止まらないときの応急処置に

故障して水が止まらなくなったとき、その器具だけの水を止められます。また、水道の元栓でも止められますが、その場合は家屋全体の水が止まってしまいます。

役割その3 水の勢いの調節に

水圧は地域によって異なります。止水栓で、水はねしたりムダな水を使わないよう適正な水勢に調節できます。

元栓の閉め方

器具に止水栓が付いていない場合や位置が分からない場合は、家屋全体の水道の元栓で水を止めます。右(時計まわり)にまわすと閉まり、反対に左にまわすと開きます。水道メーター近くに付いていますが、場所や形は建物の種類や新旧によって異なりますのでご注意くださ い。

戸建住宅

宅地内の地面にあります。

戸建住宅宅地内の地面にあります。

集合住宅

玄関横のパイプシャフト内にあります。

集合住宅玄関横のパイプシャフト内にあります。

ワンポイントアドバイス

修理するときには排水口の栓をします。

修理の際は、ねじやパッキンなどのちいさな部品を排水口に落とさないよう、栓をしてから始めましょう。

修理するときには排水口の栓をします。修理の際は、ねじやパッキンなどのちいさな部品を排水口に落とさないよう、栓をしてから始めましょう。

水もれに要注意!

水道料金が突然増えたら、水もれしている可能性が。すべての水栓を閉めて水道メーターをのぞいてみてください。右端の赤い針1リットル指針が動いているか、赤いパイロットランプが点灯していたら、どこかで水もれしています。

このような時は修理依頼もしくはお買い替えをお願いします

  • 水栓本体のガタツキがある

    水栓本体のガタツキがある

  • 配管まわりの水漏れ・キャビネットの底板が濡れている

    配管まわりの水漏れ・キャビネットの底板が濡れている

  • スパウトが固い

    スパウトが固い

最新の水栓の快適さをご覧ください

新製品のご購入やリフォームのご検討にお役に立つページをご紹介しています。

新製品のご購入やリフォームのご検討にお役に立つページをご紹介しています。

Share

CLOSE