レバーハンドルががたつく(外れた)

印刷する

作業方法のご紹介後に各ページの内容のアンケートを設置しております。是非ともご協力ください。

ハンドルの固定ねじを調整します

キッチンの水栓金具の具体的な修理方法を紹介しています。
※知りたい修理方法がないときや上手くできなかったときは、お買い求めの販売店もしくは工事店、またはTOTOメンテナンスまでお問い合わせください。
レバーハンドルががたつくのはハンドルを固定するねじの緩みが考えられます。手順に沿って作業を実施してください。

作業に必要な工具

  • マイナスドライバー

    マイナス
    ドライバー

  • プラスドライバー

    プラス
    ドライバー

  • 六角棒レンチ

    六角棒
    レンチ

市販の六角棒レンチ(対辺3mm)をご使用ください。

ご使用のタイプを確認ください

固定ねじの調整のしかた

レバーの形(ねじの位置)によって、調整方法が違います。注意してご確認ください。

前面ねじ止め式の場合

1.インデックス(赤と青の表示)を精密マイナスドライバーなどで外してください。

  • インデックスを落下させて無くさないようご注意ください。
インデックス(赤と青の表示)を精密マイナスドライバーなどで外してください

2.レバーハンドルを上げた状態でハンドル内の固定ねじを六角棒レンチ(対辺3mm)を使用して時計回りに締め直してください。
(十字穴ねじタイプの場合は、プラスドライバーを使用)

  • レバーハンドルを上げた状態でないと、固定ねじを締め直すことができません。
レバーハンドルを上げた状態でハンドル内の固定ねじを六角棒レンチ(対辺3mm)を使用して時計回りに締め直してください

3.インデックスの向きを合わせて取り付けてください。(右図参照)

インデックスの向きを合わせて取り付けてください

上面ねじ止め式の場合

1.レバーハンドル上面のキャップをマイナスドライバー等で取り外してください。

レバーハンドル上面のキャップをマイナスドライバー等で取り外してください

2.レバーハンドル内の固定ねじをプラスドライバーを使用して時計回りに締め直してください。
(六角ねじタイプの場合は、対辺3mmの六角棒 レンチを使用)

3.キャップを取り付けてください。

レバーハンドル内の固定ねじをプラスドライバーを使用して時計回りに締め直してください キャップを取り付けてください

作業完了

これで修理・調整のステップは完了です。掲載内容はお役に立ちましたか?
みなさまのお役に立てるよう、ご意見をもとに改善してまいります。このページの掲載内容についてアンケートにご協力ください。

このような時は修理依頼もしくはお買い替えをお願いします

  • 水栓本体のガタツキがある

    水栓本体のガタツキがある

  • 配管まわりの水漏れ・キャビネットの底板が濡れている

    配管まわりの水漏れ・キャビネットの底板が濡れている

  • スパウトが固い

    スパウトが固い

最新の水栓の快適さをご覧ください

新製品のご購入やリフォームのご検討にお役に立つページをご紹介しています。

新製品のご購入やリフォームのご検討にお役に立つページをご紹介しています。

Share

CLOSE