吐水量が少ない

印刷する

作業方法のご紹介後に各ページの内容のアンケートを設置しております。是非ともご協力ください。

止水栓を調節しましょう

洗面化粧台の水栓金具の具体的な修理方法を紹介しています。
※知りたい修理方法がないときや上手くできなかったときは、お買い求めの販売店もしくは工事店、またはTOTOメンテナンスまでお問い合わせください。
止水栓を調節することで、水の出る量を多く(少なく)できます。手順に沿って作業を実施してください。

作業に必要な工具

  • マイナスドライバー

    マイナス
    ドライバー

Step1 止水栓を調節します

1.マイナスドライバーを使って止水栓をまわしてください。
左(反時計回り)にまわすと、水の出る量が多くなります。

2.三角ハンドル式の止水栓の場合はハンドルをまわして調節してください。(右図参照)

マイナスドライバーを使って止水栓をまわしてください。左(反時計回り)にまわすと、水の出る量が多くなります。三角ハンドル式の止水栓の場合はハンドルをまわして調節してください。(右図参照)

作業完了

これで修理・調整のステップは完了です。掲載内容はお役に立ちましたか?
みなさまのお役に立てるよう、ご意見をもとに改善してまいります。このページの掲載内容についてアンケートにご協力ください。

このような時は修理依頼もしくはお買い替えをお願いします

  • 水栓本体のガタツキがある

    水栓本体のガタツキがある

  • 配管まわりの水漏れ・キャビネットの底板が濡れている

    配管まわりの水漏れ・キャビネットの底板が濡れている

  • スパウトが固い

    スパウトが固い

最新の水栓の快適さをご覧ください

新製品のご購入やリフォームのご検討にお役に立つページをご紹介しています。

新製品のご購入やリフォームのご検討にお役に立つページをご紹介しています。

Share

CLOSE