TOTO

TOTOギャラリー・間 北九州巡回展 「中山英之展 , and then」

展覧会について
TOTOギャラリー・間は、TOTOミュージアム(福岡県北九州市)にて巡回展を開催します。今回は、建築家・中山英之氏の展覧会「, and then」を開催いたします。

独自の繊細な作風で注目を集めている、中山氏の建築の魅力がどこから生まれてくるのか、建築模型や図面では伝えきれない研ぎ澄まされた感覚や思考、さらに作品がもつ魅力や質、完成後の時間の流れを映像で表現します。
本展覧会では会場全体が小さなシネマコンプレックス(シネコン)となり、中山氏ではない6人の監督が展覧会のために撮り下ろした短編映画6作品を上映します。ロビーに見立てたそれぞれの「島」には、映画のメイキングや、撮影された建築を紹介するためのドローイング、模型なども置かれる予定です。
建築は完成後、住まい手によってどのように使われ、どのような日常が繰り広げられているのか。中山氏は、建築家自身も知ることのできない「建築のそれから/, and then」が重要だと考えています。室内だけでなく、取り巻く周囲の環境も含めて、どのような時間が流れているのかを、これらの短編映画を通じて紹介します。
客観的な視点で自身の建築と向きあうユニークな視点に裏打ちされた、中山氏の「思想」と「実験」を提示します。
TOTOギャラリー・間

映像作品紹介
film 1. 弦と弧(2017年竣工) ©中山英之建築設計事務所
監督 八方椎太
film 2. mitosaya 薬草園蒸留所 (2018年竣工) ©Go Itami
カメラ 江口宏志  企画 川村真司
film 3. 岡田邸(2009年竣工) ©Eizo Okada
監督 岡田栄造、空間現代  音楽 空間現代
film 4. 家と道(2013年竣工) ©Sein Sakaguchi
監督 坂口セイン  音楽 坂口セイン、中山順子
film 5. 2004(2006年竣工) ©Mitsuo Okamoto
監督 YU SORA 音楽 庄子 渉
film 6. かみのいし(2019年) ©中山英之建築設計事務所
監督/音楽 梅原 徹
展覧会情報
展覧会名(日)
TOTOギャラリー・間 北九州巡回展
中山英之展 , and then
展覧会名(英)
TOTO GALLERY・MA Traveling Exhibition in Kitakyushu
Hideyuki Nakayama: , and then
会期
2020年12月1日(火)~2021年3月7日(日)
開館時間
10:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日
月曜日・年末年始
入場料
無料
会場
TOTOミュージアム
〒802-8601福岡県北九州市小倉北区中島2-1-1
【バス】小倉駅バスセンター1番のりばから[21][22][43]系統バスまたは2番のりばから[25]系統バスで約15分「貴船町」バス停下車、【北九州モノレール】香春口三萩野駅南口下車、国道3号線を到津側に徒歩約10分
TEL=093-951-2534 URL=https://jp.toto.com/museum
*新型コロナウイルス感染防止策については、TOTOミュージアムホームページをご参照ください。
主催
TOTOギャラリー・間/TOTOミュージアム
企画
TOTOギャラリー・間運営委員会(特別顧問=安藤忠雄、委員=千葉 学/塚本由晴/セン・クアン/田根 剛)
後援
一般社団法人 日本建築学会九州支部/公益社団法人 日本建築家協会九州支部/公益社団法人 福岡県建築士会/一般社団法人 福岡県建築士事務所協会
協力
砂山太一/studio arche/株式会社竹尾/株式会社ショウエイ
ニュースリリース
TOTO出版関連書籍