TOTO
「パビリオン・トウキョウ2021」出展者インタビュー

オリンピック・パラリンピック東京大会に関連して開かれる「Tokyo Tokyo FESTIVAL スペシャル13」のイベントのひとつ、「パビリオン・トウキョウ2021」。世界で活躍する日本人建築家やアーティスト8名が、それぞれ独自のパビリオンを設計し、国内外からの観光客や住民に向けて日本文化の魅力を伝えます。ここでは、出展者へのインタビューをご紹介します。

※本インタビューは、新型コロナウイルス感染拡大による、開催延期決定前の2020年3月末に収録されました。

世界的に注目される建築家のひとり、藤本壮介さん。拠点を置く東京とパリを比較しながら、東京という街と、パビリオンとの関係性が語られています。
提供:公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京
※本インタビューは、新型コロナウイルス感染拡大による、開催延期決定前の2020年3月末に収録されました。

「雲」を、パビリオンのモチーフとした背景や、そこに込められた期待などが、語られています。