TOTO
ベルギーの気鋭建築家ユニット「アーキテクテン・デ・ヴィルダー・ヴィンク・タユー(ADVVT)」を知る ~その独特な建築観と稀有な美的感覚~

TOTO出版では、9月よりTOTOギャラリー・間で開催予定の「アーキテクテン・デ・ヴィルダー・ヴィンク・タユー展 ヴァリエテ/アーキテクチャー/ディザイア」にあわせて作品集を制作しています。アーキテクテン・デ・ヴィルダー・ヴィンク・タユー(以降、ADVVT) は、第16回のヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展で若手の登竜門とも言われる銀獅子賞を受賞するなど、近年欧米を中心に急激に評価が高まっているベルギー、ゲントを拠点とする建築家ユニットです。「ADVVTを知る」と題したコラム(全2回を予定)では、彼らの人となり、その建築観、作品などをご紹介します。展覧会、書籍をご覧頂く視点もより明確になるはずです。

ベルギー在住の建築家有岡果奈氏が、ADVVTの人となり、拠点となるベルギーの建築事情などをご紹介します。
ベルギー在住の建築家有岡果奈氏が、ADVVTの作品「House CG」など5作品を詳しくご紹介します。各作品は、9月発行予定の「アーキテクテン・デ・ヴィルダー・ヴィンク・タユー建築作品集」にも収録予定です。
関連書籍