藤森照信の「現代住宅併走」

第31回

「白の家」
原設計/篠原一男

立柱という座標軸

文/藤森照信
写真/秋山亮二(篠原一男のポートレイト除く)

 篠原一男の住宅は、これまで見た例からいうと、「から傘の家」(1961/『TOTO通信』97年Vol3) のように意外と実用的なのもあれば、軽井沢の「谷川さんの住宅」(74/同2008年春号)のようにどう使ったものやら理解に苦しむのもあるが、いずれも、住みやすさとか性能とか普通の人が住まいに求めるものとは関係ないところで設計がなされ、その潔さに感心せざるをえなかった。そして、どういう人がどんな気持ちでそういう家を依頼するのか関心が湧いた。篠原住宅の施主論である。
 代表作のひとつ〈白の家〉の施主は児童書の福音館書店の今日を築いたことで知られる松居直である。さっそく、篠原との縁についてうかがうと、その昔、小田急デパートで開かれた桑沢洋子の企画になる「朝倉摂と篠原一男の二人展」だという。朝倉も篠原も桑沢学園で教えていたし、仕事柄、朝倉とは旧知であり、一緒に出かけた会場で初めて篠原と会った。
「話してみて、この人はおもしろい、と思いました。絵本を頼むときと同じで、相手の話と表情と気分で判断します。絵本の実績とかは関係ありません。その人がおもしろいかどうかだけです。篠原さんに絵本を頼むわけにはいかないから、その場で住宅を頼みました」
 同席した身紀子夫人によると、「住宅の衝動買いです」。
 施主として建築家に求めたのは、「住みやすいかどうかより、そこに住むことで何か新しいイメージが得られるような空間です」。 
 染色画家の夫人によると、実現した空間は、「この部屋だとイメージが湧いて、仕事がはかどります」。
 直・身紀子夫妻は子ども3人をこの家で育て、子どもたちは家の影響を明らかに受けて、その後を生きているとのこと。私の長い建築探偵稼業のなかで、こうした発言を聞く住宅は初。
 建物の具体的なことの前に、この名作の移設の事情について説明しておこう。当初の敷地はすぐ近くにあり、すでに中央道が計画されていた。いよいよ立ち退くことになり、篠原と相談したが、現在地に決まる前に篠原は亡くなってしまった。
 具体的な移築を手がけた建築家は白澤宏規さんと井上忠好さんで、もちろん篠原に学んでおり、「構造材はそのまま、建具もそのまま」を原則に移築している。当初の建物を見ているわけではないが、昔の写真と比べても、みごとな移築にちがいない。
 やや話は飛ぶが以前、取り上げた「から傘の家」の施主は、篠原とは東北大学数学科時代の同級生で、障子に穴ひとつ開けず物ひとつ動かさず、竣工時のままに住んでおられ、篠原とは久しぶりに会ったはずなのに、言葉は少なく、しかしお互いの表情は懐かしそうでうれしそうだった。「から傘の家」の特異な状況とふたりの様子を見て、私は“数学の人格化”を想った。


>> 「白の家」の図面を見る

  • 1/3
  • →
  • Drawing
  • Profile
  • Data