TOTO
Akihisa HIRATA Discovering New
 
Akihisa HIRATA Discovering New
平田晃久建築作品集
著者=平田晃久
発行年月=2018年5月
体裁=A4判変型(220×287mm)、上製、280頁、和英併記
ISBN=978-4-88706-373-0

ブックデザイン=藤田裕美

定価=本体4,300円+税
からまり、もつれ……
不可解な言葉の向こうに平田晃久の創造力がある。
言葉は一貫した論理となり、方法となって新しい境地に到る ――伊東豊雄
理論と実作、このふたつに優れた建築が日本に久しぶりに出現した ――藤森照信
現代を読み解く無数の思考の煌めき。ここから僕たちは未来を切り開く ――藤本壮介
初期作から最新作まで、23作品を収録!
TOTO出版は、『Akihisa HIRATA Discovering New――平田晃久建築作品集』を発行いたしました。

第31回村野藤吾賞を受賞した平田晃久氏。本書では平田氏の建築思想と初期から最新作までの主要23作品が一体となって紹介されています。

A4判と大きな判形を選び、写真・詳細図面ほかコンセプトを伝えるビジュアル資料も満載に、さまざまな視点から平田建築の魅力に迫っています。建築思想を純粋に伝えるプロジェクト作品も、実作と同レベルに扱い、詳細に作りこまれた模型を撮り下ろし紹介しています。

書き下ろしで3つのテキスト「Discovering New Form」「Discovering New Nature」「Discovering New Commitment」を収めています。これまで建築における新しい「かたち」や「自然」を追求してきた平田氏ですが、「太田市美術館・図書館」で市民とのワークショップを通して新しい「コミットメント」の在り方を新たに提示しました。テキストページには蝶が舞う写真やクラゲ、星雲の写真など、一見すると建築と関わりがあるようには思えないビジュアルが「ひだ」や「階層」、「履歴」といった12のキーワードを補完し、氏の思考をひも解いていきます。平田氏の作品が生み出される背景がわかる充実したテキストとなっています。

平田氏の今までとこれからを知ることのできる待望の作品集、若い学生や実務者まで、幅広く手に取っていただきたい一冊です。
立ち読み
プロフィール
平田晃久 Akihisa Hirata
1971年 大阪府生まれ
1994年 京都大学工学部建築学科卒業
1997年 京都大学大学院工学研究科修了後、伊東豊雄建築設計事務所勤務
2005年 平田晃久建築設計事務所を設立
2015年~京都大学准教授

[受賞歴]
2004年 SDレビュー2004 朝倉賞
2008年 第19回JIA新人賞
2012年 第13回ベネチアビエンナーレ国際建築展金獅子賞(日本館協働受賞)
2015年 日本建築設計学会賞
2018年 第31回村野藤吾賞

[著書]
2009年 『Animated(発想の視点)』グラフィック社
2009年 『20XX年の建築原理へ』共著/INAX出版
2010年 『建築家の読書術』共著/TOTO出版
2011年 『現代建築家コンセプト・シリーズ8 平田晃久 建築とは<からまりしろ>をつくることである』LIXIL出版
2013年 『ここに、建築は、可能か』共著/TOTO出版
目次

テキスト

Discovering New Form
  側|ひだ|ライン|階層
Discovering New Nature
  生の度合い|動物的|創発的|発酵・侵食
Discovering New Commitment
  汎ローカリティー|土|他者|履歴

作品

Taipei Complex|Foam Form|Coil|釜石市復興プロジェクト|Gallery S|Architecture Farm
Tree-ness House|Alp|イエノイエ|One-roof Apartment|東戸塚教会|House H|桝屋本店
Bloomberg Pavilion|Photosynthesis|Long House|9hours Project|富富話合|台南市美術館“丘谷之森”
Overlap House|Sarugaku|太田市美術館・図書館|宮島口客船ターミナル

誤記のお詫びと訂正のお知らせ

『Akihisa HIRATA Discovering New――平田晃久建築作品集』(2018年5月刊行 初版第1刷)におきまして、内容に誤りがありました。
謹んでお詫び申し上げますとともに、以下のとおり訂正させていただきます。


p.052 最下段:1F PLAN
正しい図面は以下のとおりです。(クリックすると拡大表示されます。)

関連書籍
建築家の読書術
著者=平田晃久、藤本壮介、中村拓志、吉村靖孝、中山英之、倉方俊輔
ここに、建築は、可能か
著者=伊東豊雄、乾久美子、藤本壮介、平田晃久、畠山直哉
関連展覧会
2018年5月24日―7月15日