2019年 春号

[特集]

客を招く間取り
Designing Floor Plans for Visitors

家の間取りは多様化している。
特徴的な間取りが次々と現れ、人の生き方や暮らし方の多様さを反映しているかのようだ。
一方で住まいの歴史を振り返ると、間取りには基本形があり、とりわけ座敷や応接間などの接客のスペースは、住宅の要でもあった。
その接客のスペースが、あまり見られなくなってきている。
それが現代のライフスタイルの潮流だとしても、まだ絶えたわけではない。
これから先、家を開き、社会との接点を住宅に求めるならば、接客文化から得られるヒントもあるにちがいない。
では、接客のためには、どのような建築をつくればよいのか。
座敷や応接間などの基本形は大切だが、それだけではない。
新しい試みも含めて、客を招く間取りを特集する。

表紙写真/「あきるのシルバーハウス」の土間。
表紙撮影/桑田瑞穂

  • 表紙写真/「あきるのシルバーハウス」の土間。
    表紙撮影/桑田瑞穂

購読のご案内はこちら