2019年 新春号

[特集]

アジアで設計するということ
Special Feature Japanese Architects on the Asian Scene

今、新しい世代の建築家たちが、
海外での活動に果敢に挑戦しています。
世界的に名の知れた建築家が
招かれて設計を行うのとは異なり、
現地に溶け込み、
切り開いていく方法です。
とくに、彼らが注目しているのはアジア。
言葉や文化、技術の隔たりを
まのあたりにしながらも、
なぜ海外での設計に
挑みつづけているのでしょうか。
彼らはみな、「アジアは近い」と
口を揃えて言います。
日本に拠点をもちながら、
軽やかにアジア各国で活躍する、
4組の建築家に、現地への
飛び込み方を語ってもらいました。

表紙写真/アジアで活躍する4組の建築家。
写真左上・川辺直哉、右上・岩元真明、左下・佐伯聡子+K.M.Tan、右下・佐藤研吾。
表紙撮影/写真左上・川辺明伸、右上・遠藤秀一、下2点・山内秀鬼。

  • 表紙写真/アジアで活躍する4組の建築家。
    写真左上・川辺直哉、右上・岩元真明、左下・佐伯聡子+K.M.Tan、右下・佐藤研吾。
    表紙撮影/写真左上・川辺明伸、右上・遠藤秀一、下2点・山内秀鬼。

購読のご案内はこちら